2008年07月17日

標準画質録画モード XP, SP, LP, EP

 デジタル放送では、すべてがハイビジョンであるわけではなく、中には標準画質(SD)の放送もあるので、それを録画する場合は、標準画質のモードを選ぶことになります。オーツが使っているブルーレイレコーダーには、これにも、XP, SP, LP, EP の四つのモードがあって、どれくらいの画質なのか、よくわかりません。
http://panasonic.jp/support/mpi/dvd/hlp/line_up/e75v/popup/hint002.html
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010628/npp10.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313711333
http://allabout.co.jp/gs/dvdrecorder/closeup/CU20061016A/index2.htm
などで、見てみると、SP くらいの録画ができれば十分のようです。
 もっとも、デジタルの SD 放送は、1時間あたりで 5.3GB の容量が必要だとのことで、SP だと 2.2GB ですから、やっぱりかなり画質が劣化するのかなと思います。
 SD 放送は、SP モードで安価な DVD に入れてはどうかと思いましたが、実際のところ、どうなんでしょうかね。DR モードで BD-R に入れておくべきでしょうか。
2014.1.22 追記
 VHS ビデオテープを BD-R にダビングするとき、どのモードにするか、検討しました。その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/385789835.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック