2021年03月02日

同じものを食べ続けることと新しいものを食べてみること

 先日、定期的に通う店と新しい店の開拓のことを考え、
2021.2.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/480200641.html
さらに飲食店のメニューから料理を選択する話を書きましたが、
2021.2.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/480249554.html
自分で食べるもの(自分で料理する場合も、スーパーで買ってきた惣菜を食べる中食の場合も)にも当てはまるように思います。
 毎日同じようなものばかりを食べ続けていても、特に気になるものでもありません。オーツ自身を振り返ってみると、ある時期にずうっと同じものを食べるようなことは今まで普通にありました。ちょうど何かにハマるような感じです。朝食でいえば、ご飯と味噌汁と納豆などを毎日食べていた時期もありました。ご飯を味噌汁に入れて溶き卵を加えて加熱した雑炊を好んでいた時期もありました。豆腐入り野菜スープばかり食べていた時期もありました。
 同じものを食べ続けるのは、低コストになるし、何を食べるか悩まなくていいし、気楽なものです。
 しかし、たまには違ったものを食べてみたいと思うときもあります。こうして好みがだんだん変わっていくわけです。年齢による好みの変化もあるかもしれません。
 だいたいは、同じようなものを食べ続けるけれども、たまには違ったものを食べる。そして気に入ったらそれを食べ続けるようになるということを繰り返して、その人の食の好み、食習慣ができあがっていくのではないでしょうか。
 飲食店の選択やメニューからの料理の選択と同じような話です。
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする