2021年02月20日

アンテナの工事とケーブルテレビの解約

 オーツの自宅では、ずっとケーブルテレビ会社と契約してきました。
 自宅を新築するときは、BSやCSを含めいくつか見たいチャンネルがあるように思ったし、ネット接続もできるしということで、便利そうに思えました。
 しかし、実際BSやCSが見られる契約をしてみると、CSの多チャンネルは大したことない(見たいものがさほどない)ことに加えて、BSの WOWOW は(ケーブルテレビ用の)セットトップボックス経由だと録画がうまくできないことがわかりました。そこでBSはアンテナで見ることにしました。また、ネットはその後光ケーブルを導入することになりました。その結果、ケーブルテレビの回線は地上波テレビ専用になりました。
 ということで、地アナ時代から地デジまでケーブルテレビ経由で見る形をずっと続けてきました。これだと、月額 525 円だけの負担で済みます。
 しかし、これでも1年間で 6,300 円がかかります。アンテナを設置すれば、この分が無料になります。であれば、この 6,300 円をカットしようと思いました。
 そこで、BSのアンテナをBS−4K対応の新しいものに変更するときに、地デジ用のアンテナも設置することにしました。地デジのアンテナからケーブルテレビの入口に接続すると、我が家の全体にアンテナからの信号が流れる形になります。
 かかった費用は、以下の通りです。地デジ用アンテナ設置 20,000 円、BS-4K 用アンテナ設置 15,000 円、ブースター設置 15,000 円、取り付け金具 10,000 円、配線引き回し工事 5,000 円、(旧BSの)アンテナ撤去費用 5,000、アンテナ処分費用 3,000 円、合計 73,000 円+消費税10%で 80,300 円となりました。
 けっこうかかるものです。
 作業日には、かなりの雨が降っていました。工事担当者が一人で来て、ベランダに出たり入ったりして工事をしました。カッパみたいなものを着て作業していましたが、寒い時期に濡れながら外の作業をするのは大変だったと思います。仕事ですから、しかたがないのですが。
 工事担当者の出入りがあったので、ちょっと自宅の室内も雨のしずくで濡れてしまいました。まあ、ぞうきんでふいておいて終わりですが。
 ケーブルテレビは、解約時に 4,800 円がかかりました。接続を切るためだけですが、まあ、しかたがないのかなと思います。
posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする