2020年11月26日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(13回目)

 江古田南口にある「わさび」はオーツがよく利用する居酒屋です。
 前回書いた記事は以下のところにあります。
2020.6.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/475470788.html
 最近、また息子家族との会食でわさびに行きました。
 今回は、会計時に明細を書いたレシートをもらわなかったので、記憶で書いています。実際と金額が少し違うと思います。
 オーツが飲んだものは以下の通りです。生ビール(中)580 円、日本酒・獺祭純米吟醸 1,000 円、サービスの芋焼酎(ロック)2杯。
 生ビール(中)は十分大きいジョッキで出てきました。大 780 円ともなると、どんな大きさになるのでしょうか。今度頼んでみましょうか。
 息子が飲んだものは、ハイボール 430 円、サービスの芋焼酎(ソーダ割り)2杯でした。
 妻が飲んだものはジンジャーエール 300 円、嫁が飲んだものは梅酒(ロック)500 円でした。
 二人の子供はお冷やだけを飲みました。
 小学4年生の孫が(主として)食べたものは、カリッとチーズフライ 520 円、稲庭うどん 580 円、サービスのアイスクリーム2個でした。
 小学2年生の孫が(主として)食べたものは、ポテトフライ 480 円、焼き鳥・ネギ間(塩)2本 400 円でした。
 この他に、二人の孫が1貫ずつ食べるように、いくら 400 円とサーモン 240 円を注文しましたが、4年生のほうは食べたものの、2年生の方は途中で眠り込んでしまって結局食べられませんでした。
 サービスのアイスクリームも、子供用に2個出てきたのですが、眠ってしまった2年生の分も4年生が食べる形になりました。
 この他に、みんなで分け合って食べたものは、焼き鳥・ネギ間(塩)2本 400 円、ブリカマ塩焼き 850 円、刺身盛合せ3名様 2,980 円、上寿司 1,500 円×2、ガーリックピザ 680 円、季節のサラダ 680 円、タコ唐揚げ 450 円でした。
 他に、お通し(厚揚げとさつま揚げの煮物)300 円×4が出てきました。大人の分ですが、嫁の分は2年生の子どもが食べることになりました。
 今回、オーツが食べておいしいと思ったのは、刺身と寿司です。刺身は氷が入った容器に盛り付けられて出されましたが、中とろも入っており、一口食べたら、おいしさがズーンと響いてきました。また、寿司は2人前を注文したのですが、それをみんなで分けて食べたので、どれがどれというところまでは覚えていませんが、何貫か食べたところ、実においしく、これだったらそこら辺の寿司屋にも負けないと思われます。
 寿司屋だと、居酒屋と違ってメニューが限られてくるわけですが、居酒屋ならば魚介類以外にもさまざまな料理に対応してくれます。となると、おいしい寿司を出す「わさび」のような店があれば、寿司屋は要らないということになりそうです。(オーツがよく行く某寿司屋のことを想定しています。)
 以上の合計は 15,670 円で、消費税が上乗せされると 17,237 円になるはずです。
 実際は、17,140 請求されました。計算がちょっと合わないけれど、ま、いいことにしましょうか。オーツのメモ(の金額)が間違っているのだろうと思います。
 食事会は、18:00-20:00 でした。帰りがけには眠り込んだ2年生の孫を起こして、自転車を運転させながら息子家族4人で帰りました。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 05:20| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする