2020年09月26日

きねうち麺 十割そば

 オーツがアマゾンで見かけた蕎麦で「きねうち麺 十割そば」というのがあります。
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%AD%E3%81%86%E3%81%A1%E9%BA%BA-%E5%8D%81%E5%89%B2%E3%81%9D%E3%81%B0-150g-12%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9/dp/B07B9S1F2L/
 乾麺でない十割蕎麦というのは珍しいと思って、1回買ってみようと思いました。
 サンサスというメーカーが作っているもので、1袋 150g が12個入って 1,700 円です。1食あたり 142 円ほどになりますが、十割蕎麦であれば、こんなものでしょう。
 買ってみると、裏面に「なまそば」と書いてありましたが、これはゆで蕎麦です。生蕎麦(「きそば」ではなく「なまそば」)というと、蕎麦を打った後、包丁で切った状態のもの、つまり全然ゆでていないものを指すと思います。麺の周りにそば粉が付いていたりします。ゆでるとそういうのがゆで汁の中に出ますから、ゆで汁がどろっとしてきます。ゆで時間も5分以上かかるものだと思います。
 しかし、これは違います。蕎麦本体の周りに粉が付いていません。1食分が 150g とやや重めです。水分がたっぷり含まれているため重くなっています。袋に書いてあるゆで時間は2分30秒と短めです。ゆでてみると、ゆで汁があまりどろりとしてきません。どうみても一度(もしかすると短時間)ゆでてから袋詰めしてあると思われます。賞味期限が1ヶ月ほどあるのですが、それは一度ゆでて殺菌してあるからだと思われます。本当になまだと、賞味期限がとてもそんなに長くなりません。そういうのを「なまそば」と呼んでいいのでしょうか。オーツは納得できません。やはり「ゆでそば」と表示するべきではないでしょうか。
 ともあれ、何回か食べてみました。ゆで時間は2分半(袋に書いてある指定時間)だとちょっと長いようで、30秒ずつ短くしていきましたが、オーツの場合は1分半くらいがちょうどいいように感じます。1分も試してみました。これでも食べられますが、舌触りがイマイチの感じなので、1分半がオーツのゆで時間としてベストだと思います。
 オーツは普段乾麺の十割蕎麦を食べています。沢製麺の十割そばです。
2018.5.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/459612319.html
2018.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/459054215.html
2018.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/458701709.html
 それと比べると、味がイマイチの感じがします。
 なお、ゆで汁はそんなにどろりとしてきませんが、そのまま流しに捨てようとすると、排水口にセットしている紙パックが目詰まりを起こします。


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする