2020年09月21日

魚功@江古田南口で飲む(2回目)

 江古田南口にある魚功は、オーツの好みのタイプの居酒屋です。
 前回、行ったときの話をブログに書いたのは4年近くも前のことでした。
2016.12.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/444784082.html
 先日、ふと思い立って息子と飲みに行きました。小さな子供がいると、こういう大人向けの店には入りにくいものです。
 飲んだものは、オーツが生ビール(中)560 円、真澄 純米吟醸 辛口生一本(300ml) 1,490 円、あさ開 純米大辛口水神(300ml) 890 円でした。日本酒は息子も飲みましたが。
 息子は、それに加えて、生ビール(小)460 円、ハイボール(ブラックニッカ)450 円、麦焼酎 一番札(グラス)450 円を飲みました。
 二人で食べたものは、お通し(白身魚のあんかけ煮物)300 円×2、刺し盛り2人前 2,200 円、ミニエビフライ 580 円、するめいか串屋台焼(2本付き)580 円、キャベツ水菜かにサラダ 980 円でした。
 お通しからおいしくて、期待が高まります。
 刺し盛りを2人前注文しましたが、10点盛りで出てきました。見栄えがします。カメラを持参しなかったことが悔やまれます。大きめの皿に、それぞれの魚介類が全部2切れずつのっていました。切り身が大きく、食べ応えがあります。
 ミニエビフライは、メニューに「6個から7個付き」と書いてありましたが、実際は6個出てきました。揚げたてで、アツアツで、これが抜群においしかったと思います。ソースもフライに合っているような気がしました。
 するめいか串屋台焼は、スルメイカいっぱい分をそのまま焼いたもので、串に刺さっていました。2本出てきましたから、二人で1本ずつ食べました。しかし、これを噛み切るのが大変でした。
 キャベツ水菜かにサラダは量が多かったと思います。カニもたっぷり入っていました。二人で食べても多すぎかもしれません。食べ終わるまで時間がかかりました。
 他にも、いろいろな魚を焼いたり煮たりして提供してくれますので、おなかに余裕があれば、それも試してみたいと思っていましたが、そこまで行きませんでした。
 もうこれでおなかいっぱいということです。
 2時間ほどの滞在で、会計すると、合計 9,240 円に消費税10%が加算されて 10,164 円、端数カットで 10,160 円になりました。
 いい店です。ぜひまた来たい店です。
 ついでながら、魚功の「功」は、店主の名前であることがわかりました。

魚功居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


ラベル:江古田 魚功
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする