2020年09月03日

とある飲食店の営業時間の表示

 オーツがとある飲食店(居酒屋)の前を通りかかったとき、以下のような営業時間が紙に書かれてガラス窓に貼ってありました。
  平日 14:00〜10:00
  日曜 9:00〜10:00
 これを見て、オーツはどう読んだらいいか、わからなくなりました。
 まず「14:00」と書いてありますから、この掲示は24時間制で書いてあります。10:00 は 22:00 ではなく、朝10時ということです。
 すると、午後2時に開店して、翌日の朝10時までずっと営業しているということになります。小さな店なので、店主一人で営業しているのではないかと思うのですが、だとすると、20時間の営業時間というのは非常にきつい話になります。4時間しか休憩時間がなく、睡眠時間が十分取れません。祝日は営業しないようなので、そのときに「寝だめ」するのでしょうか。
 土曜日については、特に何も書いてありません。仮に平日に含まれるとすれば、土曜日も午後2時に開店して、日曜日の朝10時までずっと営業しているということになります。となると、わざわざ「日曜 9:00〜10:00」と書くことは変なことになります。土曜日について特に何も書かれていないというのは、お休みということではないかと思います。すると、金曜日午後2時から開店して、土曜日の朝10時まで営業し、閉店したあと、日曜日の朝 9:00-10:00 だけ営業し、次は、月曜日の午後2時からの営業になるのでしょう。
 日曜日は、たった1時間だけの営業です。しかし、このたった1時間だけの営業時間というのは不思議です。その前24時間営業しておらず、そのあと28時間営業していない状態で、たった1時間だけ開店するわけです。そのために仕込みなり何なりをするのでしょうか。では、この1時間に提供されるのはどんなものなのでしょうか。オーツは、不思議に思ったので、日曜日の9時ころにこの店に入ってみたいと思いました。どんなものが注文できるのでしょうか。
 なぜこんな営業時間にするのか、店主に聞いてみたいと思いました。
 この営業時間は、新型コロナの影響かと思います。通常とは違っていると思われます。
続きを読む
ラベル:営業時間 飲食店
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする