2020年08月28日

ホテル湯西川@湯西川温泉@日光市に宿泊

 オーツは栃木県日光市の湯西川温泉にある「ホテル湯西川」に一人で泊まりました。
https://www.itoenhotel.com/yunishigawa/
 実は、4月に宿泊予定だったのですが、新型コロナの影響で宿からキャンセルされてしまいました。そのため、特別割引クーポン(宿泊費 1,000 円割引)が送られてきたのでした。せっかくなので、使わないのももったいないかなということで、一泊することにしました。
 ホテル内はマスク必着ということが入口に明示されています。客室内と大浴場は例外になります。
 客室は15畳の和室でした。チェックインしたときには、すでにひと組の布団が敷かれていました。

yunisigawa1.JPG

 バス・トイレ・洗面台付きの広々とした部屋でした。和室の他に小部屋があり、テーブルと座椅子が置いてありました。また、窓際にはテーブルとイスがおいてあるカーペット敷きのスペースがありました。

 夕食は、18:00-19:10 の時間指定があるバイキング形式でした。
 いろいろ料理が並んでいるものと思いますが、こういうのは、ちょっと早めに行くのが正解です。そこで、17:55 を目指して食事会場に行きました。ところが、すでにもう夕食が始まっていました。
 食事会場の入口で、チケットを渡すとともに、ここで手指を消毒した上で、薄い(ポリプロピレンの?)手袋をするようにいわれました。
 自席ではマスクを外してもいいのですが、料理を取るときは、マスクと手袋が必須ということです。なかなか大変です。テーブルから立ち上がって、他の料理を取りに行こうとすると、マスク+手袋が必要になるわけです。
 刺身などは、小皿に盛り合わされていました。オーツの感覚では1人前として量が少ないと思ったので、2皿もらうことにしました。その後、気がつくと、刺身コーナーの小皿がなくなってしまいましたが、再度追加されたようです。
 9マスに区切られたトレイを持って、いろいろ好きな料理を取りました。けっこうでした。

yunisigawa2.JPG

 後から考えてみると、あまり温かいものを食べなかった印象があります。季節も季節なので、温かいものが恋しいというわけでもありませんが、鮎の塩焼き(長い木串に刺さったもの)も温かくはなかったです。
 一番よかったのは、日本酒が飲み放題だったことです。近くにビールなども置いてありましたが、ビールを飲むと、おなかが膨れて、その分食べられなくなるので、今回は日本酒オンリーで行こうと思いました。日本酒は1升瓶が何本かおいてあり、氷水に浸かっていました。それを手に取って、自分でコップに適当量注ぎます。飲み放題とはうれしいです。もちろん、取りに行く回数を減らすために、コップになみなみと注ぐようにします。
 料理をいろいろ取って、テーブルに運び、マスクと手袋を外して、さあ食べようとすると、箸がないことに気がつきました。うっかり取り忘れてしまったのです。箸はどこかとウェイトレスに聞いたら、「お客さん、マスク、マスク」と言われて気がつきました。食べる直前に気付いたので、そのままイスから立ち上がってしまったのでした。こういう場合も再度マスクと手袋をする必要があります。
 追加して料理を取りに行くときにも、日本酒を注ぎに行くときにもマスクと手袋をする羽目になりますので、なかなかめんどうでした。
 バイキングではいろいろ食べられてよかったと思います。全部一通り食べたいと思いましたが、そこまで行きませんでした。個々の料理を少々取り過ぎたかもしれません。ごく一部ですが、食べ残しました。
 日本酒は3杯飲みました。3合はあるだろうと思います。ちょっと飲み過ぎましたかね。しかし、その晩は熟睡できてよかったと思います。
 食事時間ですが、70分で十分でした。60分くらいで食事会場を出たように思います。

 朝食もバイキング形式でした。7:30-9:00 と時間指定されていました。7:25 に行きましたが、すでに会場はオープンしていました。

yunisigawa3.JPG

 食べた中で抜群においしいと思ったのは「かに雑炊」です。ご飯が崩れる直前で提供され、出汁がよくきいて、身体が温まって、何とも絶品でした。あと、とろろのサービスもありました。オーツの好みのとろろで、けっこうでした。普通のご飯にかけて食べると、どんどん胃袋に入っていきます。
 失敗したのが味噌汁で、豆腐などの具が入っていたのですが、ちょっと離れたところになめこがおいてあり、ご飯にかけて食べるもののようでしたが、味噌汁に入れてみたのでした。すると、味噌汁がぬるくなってしまってイマイチになりました。
 朝食には1時間くらいかかりました。
 こんなにも飲み食いして、これで消費税込みで 6,930 円(入湯税 150 円は別なので、支払総額は 7,080 円)とは安すぎると思いました。
 オーツが泊まった一泊2食付きの宿では、最安値のように思います。
 このホテル、不満点は特にありません。宿泊費に応じた「質素な宿」ではありません。豪華とは言えないけれど、普通に泊まれる宿です。大浴場も立派です。部屋に付いているトイレや洗面台はきれいです。ただ宿泊費だけが安いのです。オーツの感覚では、飲み放題付きの夕食だけでこの金額であっても不思議ではありません。
 また泊まってもいいかなと思いました。
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする