2020年06月30日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(12回目)

 江古田南口にある龍厨房は、安くておいしいので、子供連れの食事会のときは重宝します。
 このブログでは前回行ったときに記事を書いたが1年前になります。
2019.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/465665222.html
 最近、長男家族との食事会を行いました。大人は2組の夫婦で4人、それに子供が小学生の二人でした。
 最後にもらったレシートに沿って、飲み食いしたものをまとめて書いておきましょう。
 席料は 300 円×4でした。お通しとして中華風サラダが出されました。
 お疲れ様セットB 850 円×4、これに含まれているのは、ポテトフライ×2、揚げ春巻×2、もやしと豚肉炒め、マーボー豆腐、エビマヨ、ニラレバー炒めでした。また、飲み物として生ビール×2、紹興酒、ハイボールが含まれていました。
 追加して注文したのは、えびせんべい 300 円×2、焼き餃子 300 円、五目チャーハン 300 円、その他料理 200 円でした。レシートには「その他料理 200 円」と書いてありましたが、何のことか、オーツは思い出せませんでした。あとで妻に聞いてわかりました。マーボー豆腐と一緒に頼んだライスのことでした。
 追加した飲み物は、ハイボール 300 円と紹興酒5年グラス 300 円でした。
 6人でこれらを食べて、満腹でした。食べたもの、飲んだものともに全部おいしかったと思います。
 えびせんべいとポテトフライは二人の子供が一皿ずつ食べました。一皿を注文して、二人で分けて食べても十分だと思えますが、そうすると平等に分けられず、けんかになるようです。そうならないためには、はじめから2人前を注文すればいいわけです。ただし、一人はえびせんべいを食べ残し、最後にお店の人からポリ袋をもらって、それに詰めて持ち帰りました。
 オーツは昼にも別の食事会があって、若干飲んで帰ってきたので、夕方はあまり飲む気になれなかったし、長男も夕食後に孫の勉強を見る用事があって、ゆっくり飲むわけには行かず、あまり酒類の消費量が多くなりませんでした。
 ということで、今回は手早に飲み食いして、早めに切り上げることになりました。
 ここまでの合計が 6,600 円、それに消費税を加えて 7,260 円となりました。子供二人で大人1人分と考えれば、全部で5人です。7,260 円を5で割れば一人 1,450 円という計算になります。実に安上がりな食事会となりました。
 オーツたちは、18:00 に入って、19:17 には店を出ました。1時間半もかからない食事会となりました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


続きを読む
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

金敬哲(2019.11.20)『韓国 行き過ぎた資本主義』講談社現代新書

 オーツが読んだ本です。「「無限競争社会」の苦悩」という副題が付いています。
 韓国人の目で、現代に生きる韓国人を描いています。各章ごとにだいたい年代別に記述する方針のようで、それぞれの年代の人々がそれぞれに苦悩しているようすがひしひしと伝わってきます。

第1章 過酷な受験競争と大峙洞(テチドン)キッズ
 塾通いする子供たちを描いています。出費も大変でし、時間に追われます。富裕層は富裕層で大変な思いで塾通いをしています。中間層は、さらに経済的余裕がないわけですから、いっそう深刻になります。宿がたくさん集まる地区があるという話に至っては、「なんでそうなるの」と思わざるを得ませんでした。
第2章 厳しさを増す若者就職事情
 学校を終えて就職する若者に焦点を当てています。就職率は悪く、卒業猶予生という人たちが大量に存在します。競争は激しく、いろいろな資格を取ったりしますが、そういう努力もムダになることが多いようです。
第3章 職場でも家庭でも崖っぷちの中年世代
 中年男性はリストラされる可能性がある、いや、あるというよりも高いというべきでしょう。退職してからはもちろん大変な生活が待っています。自営業者もやっていけません。子供の教育のため、子供と妻を外国に送り出す人がたくさんいます。父親は雁パパ、鷲パパとなって、飛行機で外国に飛んでいくパパがいますし、飛べない(それだけの金がない)人はペンギンパパと呼ばれるそうですから、大変です。
第4章 いくつになっても引退できない老人たち
 老人になっても居場所がありません。公園をうろつく人も多いようです。今や韓国は「嫌老社会」になったかのようです。韓国老人は世界で一番働きます。しかし、貧困率が高く、幸せとはいえません。
第5章 分断を深める韓国社会
 文在寅政権の誕生で、韓国はいよいよ各種の分断状況が深まったかのようです。

 一読して、オーツは暗い気分になりました。
 韓国はなかなか大変な国のようです。こういう国に生まれ、暮らしている人々は、本当に幸せなのでしょうか。韓国は、世界的に見て、合計特殊出生率が極端に低いことで有名ですが、これは結局多くの人々が満足できない生活を送っていることを象徴しているように思えてきます。
 どうしたらいいのか。オーツには解決策も何もありません。韓国人が知恵を絞って国を再興させなければなりません。他者のせいにすることはできません。自分たちの政府をもち、自分たちで(選挙で)決め、自分たちで実行してきたのですから、その結果は自分たちで甘受するしかありません。
 いろいろな改革案が出されるようですが、実行してみると結局うまくいかないことが多そうです。困ったことです。
 それにしても、オーツの目には、現在の韓国が病んでいるようにしか見えませんでした。
 オーツには韓国人の知り合いもいろいろいますが、皆さん、どうやって生活しているのでしょうかねえ。

参考記事:
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58512
http://agora-web.jp/archives/2043146.html


ラベル:金敬哲 韓国
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

吉野家 環状7号線豊玉南店でアジフライ定食を食べる

 最近、吉野家は黒い看板の新店舗を展開しています。環状7号線豊玉南店は、その一つです。
https://stores.yoshinoya.com/ysn_041491
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13086201/
 黒い看板の吉野家は、従来の牛丼中心の店舗と違うコンセプトの店だという話です。
 この店には、アジフライ定食 602 円などの揚げ物メニューがあると聞き、さっそく食べに行くことにしました。
 環状7号線豊玉南店は、環七通りから入る駐車場があります。クルマで立ち寄りやすいところです。
 お店に入ると、先にレジで会計を済ませます。ドレッシングが胡麻か和風かと聞かれました。オーツは胡麻を選びました。
 呼出装置(リモコン)を手渡され、テーブルで待っていると、まもなく呼出装置がブルブル鳴りました。配膳口まで行くとアジフライ定食ができあがっていました。お盆にのっています。
 お盆ごとテーブルに運ぶと、おや、箸がついていません。見渡すと、店内の一角にドリンクコーナーがあったので、箸はそこにあるだろうと思い、行ってみると、やっぱりそこに置いてありました。ついでに氷入りのお冷やもセルフサービスで持ってきました。そこに、刻んだ紅生姜も置いてあったので、こちらもアジフライの皿にのせてもらってきました。
 さて、アジフライです。胡麻ドレッシングが小さなパックに入っていましたが、中濃ソースも小袋に入った形で提供されました。ソースをアジフライにかけて食べてみると、これがけっこうおいしかったです。意外な(失礼!)感じがしました。短時間で提供された割には、本格的な仕上がりです。しかもアジフライが2匹分あり、量的にも十分でした。アジフライを食べてから、胡麻ドレッシングを千切りキャベツにかけて食べました。ソースとドレッシングが混じって、やや強い味になりましたが、まあ食べられるのでいいでしょう。
 味噌汁は、いつもの吉野家のもので、イマイチの感じですが、普通に飲めます。
 何はともあれ、これを 602 円で提供できるというのはすごい話です。相当努力しないとこの価格では出せないでしょう。
 セルフサービスを大幅に取り入れるようにして、人手をかけないように工夫していることが見て取れました。今後はこういう形態が増えていくのでしょうかね。しかし、オーツは店員に運んでもらう方がいいように思います。(好みは人さまざまですが。)
 店を出たあとで、再度ここに来るだろうかと考えました。オーツは基本的に揚げ物は食べない主義です。それに反して今回はアジフライを食べてしまったわけですが、今後のことを考えると、やっぱり揚げ物は止めておこうと思いました。オーツは、以前と比べて、胃腸の消化力が落ちており、昼に揚げ物を食べると、夕方まで消化しきれないような気がします。若いころはこういうフライなどが大好物だったのですが、歳を重ねたら、さほどでもなくなりました。食べなくても全然困りません。
 というわけで、今回は黒い吉野家を経験しに行ったような形になりました。

吉野家 環状7号線豊玉南店牛丼 / 練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

アリーシャズキッチン@江古田北口でランチ(2回目)

 江古田北口にあるアリーシャズキッチンは、以前にも行ったことがあります。
2020.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474272830.html
 カレーが辛くておいしかったので、また行く気になりました。
 Bセットのネパールカレーが 650 円と手頃でいいと思います。
 前回は、「very very hot」にしましたが、ちょっと辛すぎたので、今回は「very hot」にしました。
 それにナンとマンゴーラッシーを注文しました。
 マンゴーラッシーはすぐに出てきました。濃度があって、おいしいです。
 やがて、カレーとナンと野菜サラダが銀のお盆にのって出てきました。さて、カレーはどうだったでしょうか。大正解でした。オーツには、very hot でちょうどいいと感じました。辛くておいしいです。辛さの中に野菜の味がそれぞれきちんと感じられ、とてもいい感じです。オーツにはぴったりです。
 ただし、ナンは、先日食べたインド料理店「ナン」の方がおいしいと感じました。
2020.6.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/475669029.html
 いや、インド料理店「ナン」のナンが特別おいしいのであって、アリーシャズキッチンのナンは、他の店と同レベルの普通のナンだというだけの話です。
 これで、江古田のインド式のカレーの店が決まりました。オーツは、この店が続く限り、Bセット(very hot)を食べ続けようと思います。辛くておいしくて安くて、いうことなしです。
 食べ終わって、会計しました。また50円引きのチラシをくれました。つまり、実質 600 円でカレーが食べられるということです。これは特に安いと感じます。
 オーツが店にいたのは 11:00-11:40 くらいだったですかね。でも、他の客はゼロでした。ちょっと心配です。この店の位置は日芸(日本大学芸術学部)のすぐそばですが、新型コロナウイルスの影響で、大学が休講なのでしょう。普通なら学生たちで満席になるところだろうに、……と思いました。

アリーシャズキッチンインド料理 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

軽井沢旅行(3)ホテルハーヴェスト旧軽井沢の食事

 夕食は、ホテル内のレストラン「Avant」で食べることにしました。
https://www.harvestclub.com/Un/Hotel/Kr/restaurant.html
https://www.resorthotels109.com/kyukaruizawa/restaurant.html
 事前に、会席料理『匠(たくみ)』を予約しておきました。料金は 9,900 円とのことです。
 夕食開始時刻は 19:00 としました。本当は 18:00 が希望だったのですが、電話した時点で 18:00 が満席ということでした。実際行ってみると、テーブル間の空間が広く取られており、新型コロナウイルス感染症を考慮して、食事場所が密にならないように配置が工夫されていました。それで早々と「満席」になったのでしょう。
 当日のメニューは、以下の通りです。

前 菜  サーモン ホワイトアスパラ 酢ゼリー
     水雲酢 落とし芋 生姜
     粽寿司
     百合根茶巾 梅肉 のし梅
     稚鮎東寺揚げ
     栗麩田楽
     玉子カステラ
お 椀  清汁仕立て
      蛤葛打 紅白真丈
       椎茸 蛇の目ズッキーニ
        木の芽
お造り  旬のお造り
       あしらい
煮 物  鰊東寺蒸し
      百合根 舞茸
       銀餡 山葵
焼 物  国産牛フィレ肉石焼
      季節の彩野菜 ちり酢
お食事  鶏と野菜の釜炊きご飯
      薄揚げ 人参
      赤出汁 香の物
デザート 苺のぱふぇ
      ブラックチアシード
       ヨーグルト チョコ
        彩り果実
     抹茶葛餅

 写真は、ハーヴェストクラブのサイトからお借りして以下に貼り付けておきましょう。
出典=https://www.harvestclub.com/cms/files/hvc/Kr/0295/ZjUSPzdj.jpg

takumi.jpg

 このコースの中で、オーツが特においしいと思ったのは、「鶏と野菜の釜炊きご飯」でした。

avant1.JPG

 この炊き込みご飯の味付けが絶妙でした。濃すぎず薄すぎず、ちょうどいい感じです。テーブルごとに釜で炊いているので、タイミング的にもピッタリで、アツアツの炊きたてが食べられます。係の人が御飯茶碗に盛り付けてくれましたが、オーツはお代わりして3杯も食べてしまいました。普通、こんなに食べることはないのですが、……。
 夕食の終わりころに、レストランの係の人がテーブルのところに来て「お食事はいかがでしたか」と聞いてきたので、オーツは正直に「鶏と野菜の釜炊きご飯」が一番おいしかったと伝えました。すると、妻が、そんなことを言うものでなく、ちゃんとした料理の中から選ぶべきだといいました。まあ、考え方によれば、オーツの言い方だと「料理はどれもあまりおいしくなく、主食たる御飯以下だ」と聞こえなくもないです。でも、オーツの考えでは、そういう配慮は不要で、自分の思ったことをそのまま伝えればいいと思ったのでした。
 見た目で言えば、前菜の盛り付けがきれいでしたね。

avant2.JPG

 食べる直前に、テーブルに置かれたものを普通の照明の下で素人が自席に座ったまま撮った写真ですから、イマイチ映えません。ホテルの写真の方がずっときれいです。

 食事に合わせて、オーツは日本酒「佐久の花」(純米酒)2合を飲みました。1,980 円でした。

avant3.JPG

 価格的にちょっと高めかと思いましたが、日本酒が出てきたら、花を飾った氷入りの容器にとっくりが冷やされて入っていました。こういう一手間かけた気遣いはうれしいものです。これなら、この価格は妥当なものでしょう。量的にも2合で十分でした。

 朝食は「彩」というレストランで食べることになりました。オーツも妻も和朝食を選びました。
 こちらもハーヴェストクラブのサイトから写真をお借りして以下に貼り付けておきましょう。
出典=https://www.harvestclub.com/cms/files/hvc/Kr/0295/hjJ80Kdm.jpg

wasyoku.jpg

 お浸し、出汁巻き玉子、納豆、明太子、煮物、小鉢、焼き魚、湯葉茶碗蒸し、ご飯、味噌汁、香の物、フルーツ入りヨーグルトがセットになっていました。テーブルには焼き海苔やふりかけなどが置いてありました。
 ジュース、コーヒー、ほうじ茶、緑茶など、飲み物も充実していました。

 朝が充実していると、元気が出ます。おいしい食事でけっこうでした。
posted by オーツ at 03:54| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

軽井沢旅行(2)ホテルハーヴェスト旧軽井沢に宿泊

 今回、軽井沢に行って泊まったのはホテルハーヴェスト旧軽井沢というところでした。
https://www.harvestclub.com/Un/Hotel/Kr/
https://www.resorthotels109.com/kyukaruizawa/
 ここは、東急ハーヴェストクラブが経営するホテルです。室内に置いてあったパンフレットによると、このハーヴェストクラブというのは、ホテルと別荘を兼ねたような仕組みです。入会しようとする人は会員権を購入します。旧軽井沢では会員権が 1045 万円だそうです。会員権は子供などに相続していけます。他人に売ることも可能です。これとは別に、年会費ということで 99,000 円を支払います。すると、1年間に30泊分のチケットがもらえるということになります。このチケットを利用すると、1泊 3,960 円、夕食 9,900 円(一例ですが)、朝食 2,420 円 合計 16,280 円で1泊2食付きということになります。チケット代が 3,300 円とすれば、ざっと2万円で泊まれることになります。こうして全国のハーヴェストクラブのホテルに泊まれるようになるわけですが、登録した本拠地を中心に宿泊するようになるような仕組みになっています。オーツは、同じところに何回も泊まるよりも、そのたびに別のところに泊まる方が目新しくていいと思う人間なので、こういう会員制クラブには入会するつもりがありません。
 今回は、妻の知り合いからの紹介ということで、宿泊チケットをもらったのでした。それを利用することで会員と同じ条件で宿泊できるということでした。
 ちなみに、今回の宿泊でかかった費用は、夕食を「匠」コースにして、1泊2食で 15,700 円でした。上記の計算よりちょっとだけ安く泊まれました。
 大浴場には露天風呂が併設され、そこに打たせ湯もありました。ゆっくりと楽しみました。湯上がり後には脱衣所に置いてあった無料のマッサージ機で10分ほどマッサージを経験しました。
 大浴場の脱衣所はプール用と兼用で、階段を下っていくと温水プールもありました。ここを使ってみてもよかったかなと思いました。
 翌朝には、中庭を散歩しました。晴れていたので大変快適な天候でした。そのまま敷地の周りの通路を散歩しました。ホテルの他に、同じ敷地内にマンションもありました。リゾートマンションということです。このホテルのロケーションは、大賀ホールにも近い位置にありますので、軽井沢の中では便利なところのように思いました。
posted by オーツ at 04:10| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

オーベルジュ ド プリマヴェーラ@軽井沢でランチ

 オーツは妻と軽井沢に行きました。ランチを食べたのが「オーベルジュ ド プリマヴェーラ」というフレンチの店でした。
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000157/
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/
 店員さんが何人かいましたが、物腰がすごく丁寧な感じでした。
 最初にドリンクメニューを持ってきました。何も飲まなくても(水だけで)十分とも思いましたが、レストランはこういうところで客単価を上げるものです。客としては協力してあげるのが自然でしょう。オーツはノンアルコール白ワイン 700 円を注文し、妻はリンゴジュース 600 円を注文しました。
 クルマを運転するためにノンアルコールにしたのですが、結果的にはあまりおいしくありませんでした。見た目は白ワインに似ていますが、味は(アルコールがないこともあり)相当に違う感じがします。
 ランチは2種類がプリフィックスとしてありました。オーツたちはAのコース 3,900 円を選びました。前菜、魚料理又は肉料理、デザート・コーヒーのセットです。オーツが肉(ソーセージ)、妻が魚を選びました。
 前菜はサラダだそうですが、+300 円で「高原野菜とオマール海老のテリーヌ」
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/img/top/slide2/2-1.jpg
に変更可能ということで、変更することにしました。
 最初に、アミューズブーシュが出てきました。トマトとアスパラガスの味がします。
 次にテリーヌです。縦横に編まれたマットのようなものに乗っていると思いましたが、何とこれがソースで、食べられるのでした。意外な感じで、おもしろかったです。
 次に温かいパンが三つ出てきました。(皿の上でなく)テーブルクロスの上に直接置かれました。
 やがて、炭入りのコンロがテーブルサイドにセットされ、店員さんがそこに網をのせて、その上でソーセージを焼きはじめました。

primavera1.JPG

これがお皿に盛り付けられて、提供されました。

primavera2.JPG

これが(松の実などが入った)ソーセージであり、この日の主菜なのですが、けっこう大きめで食べがいがありました。
 妻は魚のリゾットを食べていました。
 デザートもおいしく食べました。

primavera3.JPG

 この店で提供されるものは全般においしいと思います。軽井沢駅に比較的近いところにこういうフレンチレストランがあるとは知りませんでした。
 会計すると、消費税10%とサービス料10%が加算されて、2人で 11,737 円となりました。
 滞在時間は1時間ちょっとでした。
 オーツはまた来てもいいなと思いました。

オーベルジュ ド プリマヴェーラフレンチ / 軽井沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

軽井沢旅行(1)軽井沢レイクガーデンとエルツおもちゃ博物館軽井沢

 オーツは、軽井沢に行って、その中のどこに行こうかと思いました。天気予報では雨の予報が出ていました。そこで、雨でもよさそうな屋内の施設に行こうと思っていました。
 しかし、雨でも軽井沢レイクガーデンが楽しめそうだということで、まずはここに行きました。
https://www.karuizawa-lakegarden.jp/
 ちょうどバラの見頃でした。入場料は、ピーク料金(トップローズシーズン)ということで 1,500 円でした。
 オーツは園内で何枚も写真を撮りましたが、その中で一番気に入ったものを1枚だけ示します。

bara.JPG

 雨が少し降っていましたので、バラに水滴が付いています。そういうバラはいかにもみずみずしくて、色も映えるし、何ともいえない雰囲気がただよっています。園内にはローズガーデンが何ヵ所かにあり、こういうバラがたくさん咲き乱れていました。あちこちにバラの香りがただよい、その点からもいい雰囲気でした。雨が多少降っていても楽しめると思います。
 結果的に軽井沢レイクガーデンには1時間半くらいいました。

 エルツおもちゃ博物館軽井沢にも行きました。
http://museen.org/erz
 入場料は 750 円でした。
 いろいろなおもちゃが展示されていました。子供が直接触って遊べるようなものも一部にありましたが、展示の大半はどちらかというと大人向けでした。てっぺんに風車が付いていて、ローソクの上昇気流でさまざまな模型がクルクル回るおもちゃなどがありました。くるみ割り人形もたくさん置いてあり、その仕組みを解説しているところがおもしろかったです。ろくろを使ってドーナツ型に木を切り出し、それを薄く切ることで同形のおもちゃを大量生産するなどという工夫も興味深いことでした。
 ここには1時間くらいいました。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

ブログのデザインとアクセス制限

 このブログの読者の一人から連絡がありました。
 オーツの記事の一部に
http://o-tsu.seesaa.net/article/〜〜〜.html
という URL がある場合に、それをクリックすると、偽のサイトにアクセスしようとしていますというメッセージが出て、真っ赤な画面になるというのです。
 オーツがやってみると、まさにその通りで、これでは、自分のブログ記事から自分のブログ記事へのリンクが貼れないのと同じことです。実は、真っ赤な画面の下の方の(□に囲まれた)「詳細」をクリックして、「安全でないこのサイトにアクセスする」をクリックすればアクセスできるのですが、いちいちそういうことを説明するのも面倒です。そもそも「安全でないサイトにアクセス」と言われて、クリックできる人なんていないでしょう。相当に知識がある人でもクリックをためらうと思います。オーツのブログ記事にアクセスしようとすると、毎回、真っ赤っかな表示になるのも気持ち悪いものです。
 オーツのブログ記事には、安全でないコンテンツはいっさい含んでいませんから、これで問題はないのですが、それにしてもこの表示が気になります。
 真っ赤なエラーメッセージ画面の中に「年代別ブログ図鑑」に関係するメッセージが見えたので、どうもこれが悪さをしているようです。
 「年代別ブログ図鑑」は、各種のブログを執筆者の年代(年齢)別に登録して相互に参照できるようにしようという仕組みでした。オーツもそれに参加していたのですが、その後、このサイトがなくなってしまったように思います。ブログ記事の中にそれに関する表示が出なくなりました。しかし、オーツのブログでは、デザイン上、なくなったサイトへのリンクが残されたままになっていました。その結果、オーツのブログ記事の1本1本が存在しないサイトに対するリンクを含んでいることになり、「偽のサイトに〜〜〜」というメッセージが出ることになったようです。
 先日、seesaa のサイトにアクセスして、ブログのデザインを見直し、年代別ブログ図鑑へのリンクを切り離しました。削除したわけです。その結果、この問題は解決しました。もう真っ赤な画面が出ることはなくなりました。
 不快な思いをさせてしまったブログ読者の方々にお詫びします。
 もっと早くこのような処置をするべきでした。
posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

しゃぶ葉 豊玉北店で3家族食事会(3回目)

 しゃぶ葉は、定期的に3家族食事会で訪問する店になりました。
 前回は、半年以上前に行きました。
2019.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/470919617.html
 その後、3月に予定したのですが、新型コロナウイルスの影響で、6月に延期したのでした。
 5月初め、1ヶ月前の時点で電話して日曜日の 18:00- の予約をしました。しかし、お店の人からは、6月になるのでは、そのころの店の営業時間などがわからないから、仮予約とし、6月になってから再度電話してほしいと言われました。
 で、オーツが6月はじめに電話すると、「日曜日の予約は受け付けていない」というのです。仮予約も入っていないという話でした。
 だいぶ心外に思いました。みんなの日程を合わせるのがむずかしいために、1ヶ月前に予約しているのです。日が近づいてきてから予約できないとは何事かと思いました。その旨を電話口で言ったら、特例として日曜日の予約を受け付けてくれました。
 オーツたちは、大人6人(3組の夫婦)、小学生の子供3人、2歳児一人という10人組でした。
 当日、レシートに基づいて飲み食いしたものをメモしておきましょう。
 基本的に、全員が「<寿司付き>牛2種&三元豚食べ放題コース」
https://www.skylark.co.jp/syabuyo/menu/menu_detail.html?mid=3_76
を食べることにしました。日曜日なので、大人は6人が 2,419 円×6、小学生3人が 1,209 円×3、幼児(3歳以下)無料ということになりました。
 しゃぶしゃぶの鍋は二つで、一つは白だしと柚子塩だしにしました。もう一つは白だしと赤チゲ味噌だし(大辛)にしました。
 飲み物は、男性3人が飲み放題で 1,650 円×3、女性がドリンクバー 274 円×2、小学生がラッキードリンクバー 274 円×3を注文しました。ラッキードリンクバーというのはおもちゃ用のガチャコインが付いているものです。
 食べたものは、しゃぶしゃぶの肉が、牛肉×34、牛カルビ×8、豚バラ肉×9、鶏肉×1、つくね×1です。それから、寿司がつぶ貝×3、まぐろ×3、イカ×2、エビ×2、サーモン×6、しめさば×2でした。これらは全部食べ放題に含まれており、無料でした。こうやってみると、改めて、いろいろ食べたものだと思いました。
 次男の肉の食べ方は豪快でした。肉の皿1皿分を箸で一気にすくい取り、そのまま鍋にドボンと入れました。オーツが空いた皿を片づけると、次の皿をまた箸で一気にすくい取り、鍋に移していきます。こんな調子ですから、かなりたくさん食べることができました。
 オーツが驚いたのが、小学生の子供たちのソフトクリームでした。野菜をのせて運ぶ大きめの皿を利用して、ソフトクリームをたっぷりのせ、甘いトッピングなどもたっぷりまぶして自席に運んできました。一人がやると後の二人も同調します。3人ともソフトクリームをたっぷり食べました。
 オーツも、小さめなカップ1杯だけソフトクリームを食べました。
 こうして、小計 24,461 円で、これに対して、15%引きのクーポン持参で -3,001 円となり、総計 21,460 円となりました。クーポンは6人まで15%引きというもので、前回の経験でどうせ10人でも全部15%引きにしてもらえると思ったら、そうではなく、厳密に6人分だけの割引となったのでした。こんなことなら、自宅に置いてきたもう1枚のクーポンを持ってくるべきだったと思いましたが、後の祭りでした。オーツの失敗でした。
 レシートにはきちんと明細が書かれ、明朗会計でした。
 こんなことで 20:00 には会計を済ませ、店を出ました。オーツたちの滞在時間はぴったり2時間でした。
 2時間でも十分飲めました。冷蔵庫から自分で日本酒を取りだして飲むスタイルはとてもいいものです。お店の人が運ぶ形式だと、忘れられて時間がかかったりしますが、自分で次ぐやり方はそういうロスがありません。オーツは生ビールのジョッキ1杯と日本酒グラス3杯を飲み、いい気分でした。
 翌朝、体重を量ってみると、普段よりも 1kg ほど増えていました。
 食べ放題はどうしても食べ過ぎになると思います。定食があれば、それでもいいのでしょうかね。いや、どうせ若い人と一緒に食べるならば、食べ放題の方が結局安上がりになるように思います。

しゃぶ葉 豊玉北店しゃぶしゃぶ / 新江古田駅江古田駅桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

江古田〜東長崎〜落合南長崎の魚のランチの個人的ランキング

 オーツは、お昼に江古田近辺で魚(焼魚、煮魚、刺身)の定食が食べたいと考え、ちょっと東長崎〜落合南長崎まで足を伸ばして、いろいろな店に行ってみました。今回は、それぞれの店の定食の個人的ランキングを示そうと思います。あくまでオーツの個人的感想・印象に過ぎません。
 2018.1.1 以降で、オーツがブログに書いた記事を取り上げ、閉店した店を除外し、分類・整理します。
 定食を複数回食べた場合、それぞれで評価が異なる場合もあるので、食事の内容ごとに○△×を付けることにしました。お店のランキングというよりは、定食のランキングです。
 意味は、以下の通りです。
○=ぜひまた行きたい、何回でも食べたい
△=また行くほどのことはない
×=今後は絶対行かない

・もり太@落合南長崎
○厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食
  2020.5.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/475368240.html
○刺身盛り合せ定食
  2020.4.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/474753317.html
・居酒屋 てつ@落合南長崎
○焼ジャケとエビフライ定食
  2020.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/475079063.html
○サバ西京焼と鶏から揚げ定食
  2020.4.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/474718683.html
・さがら@東長崎南口
○メンチかつ カンパチ刺身定食
  2020.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/475182706.html
○マグロぶつ切り定食
  2020.4.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474681590.html
・銀座@新江古田
○シャケカマ定食
  2020.6.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/475438959.html
△生本マグロトロブツ定食
  2020.6.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/475606686.html
・居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口
○塩サバ焼定食
  2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
△刺身5点盛定食
  2020.5.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/474975484.html
・信濃路@江古田北口
△和風定食
  2020.5.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/475045189.html
△サンマ塩焼き定食
  2020.4.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/474841367.html
・漁師のあぶり家@江古田南口
△刺身大漁盛り定食
  2018.12.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/463159072.html
△金目鯛の煮付け定食
  2018.9.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/461421906.html
・大羊飯店@東長崎南口
△焼魚定食(さば)
  2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
・レストラン香港@落合南長崎
△洋風さしみ弁当
  2020.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/473444563.html
・七五三@新江古田
△焼き魚定食(サバ味噌)
  2019.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/470964850.html
・吉野家 江古田南口店
△鯖みそ定食
  2020.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/475268996.html
×塩鯖納豆定食
  2020.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/475268996.html
×焼魚牛小鉢定食(シャケ)
  2020.5.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/475011918.html
・大野屋@東長崎南口
×刺身盛合せ定食
  2020.4.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/474790868.html
・森の定食屋@江古田南口
×焼魚定食(うるめ丸干し)
  2020.2.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/473416478.html
・らんたん@江古田北口
×魚定食(サバ味噌)
  2018.12.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/463405124.html

 というわけで、今後ぜひまた行きたい、何回でも食べたいと思える店は東長崎〜落合南長崎〜新江古田の5店になると思います。いずれも居酒屋です。居酒屋のランチはおいしいということがわかります。
 そういえば、江古田でお昼に魚の定食を食べておいしいと思った店も居酒屋でした。お志ど里と八戸丸です。両者とも閉店してしまいました。それに匹敵する店は江古田にはなさそうです。ないからこそ、オーツはちょっと足を伸ばして江古田周辺の店をあちこち食べ歩いてきたわけです。

 このブログを読んでいる人で、江古田近辺に住んでいる人がいたら、それぞれの店に行って食べてみてください。オーツとは違った印象を持つでしょう。それが当然です。自分の好みは自分にしかわかりません。自分自身で食べてみることが大事であり、他人の意見よりも自分の舌に頼りましょう。
 自作ランキングを作ることは趣味と実益を兼ね備えています。いろいろな店に行くこと自体が楽しいし、再度行くべき店が決まったら、その後は(他の店には目もくれず)もっぱらその店に行けばいいということになります。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

朝の散歩の経験談

 オーツは毎朝自宅の周辺を散歩しています。30分から1時間くらいです。雨の日は省略しています。
 新型コロナウイルスによる外出自粛が続いていて運動不足になりがちだったので、妻のすすめもあって、散歩を始めました。いつから始めたのか、記録がないのですが、たぶん3月下旬からでしょうか。
 どこをどう歩くといいか。いろいろ考え方があるでしょうが、オーツは、なるべく、通ったことのない道を通ることにしました。そのために、まず地図のコピーを用意しました。昭文社の『街の達人 7000 東京23区便利情報地図』の見開き2ページ分です。そして散歩から帰ってくると、通ったルートを赤ボールペンで書き込むようにしました。長く散歩を続けていると、だんだん赤線がびっしり入ってきます。こうして、しばらく散歩を続けているうちに、たいていの道路をカバーするようになってきました。だいたい自宅から 1,300 メートルの範囲はカバーしたような気がします。この範囲内では、ある程度の長さの直線道路は全部歩きました。
 現在は、路地をねらって歩いている状況です。細かいルートを記憶しておくのがむずかしくなってきたので、最近は地図のコピーを持参して、現在歩いているところを直接その場で赤ボールペンで書き込むようにしました。
 あちこち歩いていると、それまで別のエリアだと意識していたものがだんだんつながって感じられるようになります。空間認知(地理意識)が変わっていくという意味では興味深い話です。
 散歩していて気がついたことなどもいろいろあり、その一部はブログ記事にしました。
2020.6.15 珍しい名字
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475606715.html
2020.5.30 江古田に旅館がある?
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475353069.html
2020.5.23 道路にはみ出した植木
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475234912.html
2020.5.21 区と City と Ward
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475201275.html
2020.5.19 郵便ポストが並んで設置されている
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475165977.html
2020.5.15 バス停の屋根の穴
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475097524.html
2020.5.11 前向き駐車
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475028055.html
2020.5.1 新江古田駅前の隣のバス停
   http://o-tsu.seesaa.net/article/474857952.html
2020.4.29 新江古田駅前バス停の不思議(2)
   http://o-tsu.seesaa.net/article/474825198.html
2020.4.28 新江古田駅前バス停の不思議(1)
   http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html

 散歩の途中で気がついた飲食店もありました。
2020.6.18 ナン@千川でAランチセットを食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475669029.html
2020.6.4 銀座@新江古田でシャケカマ定食を食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475438959.html
2020.5.18 味源亭@東長崎北口で日替ランチを食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475148251.html
2020.5.16 がってん寿司 新宿西落合店で日替わり満腹1.5人前握りランチを食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475114781.html

 飲食店のテイクアウトに気がついた例もありました。
2020.5.22 漁師のあぶり家@江古田南口で晩酌盛りをテイクアウト
   http://o-tsu.seesaa.net/article/475217435.html

 というわけで、散歩はなかなかいい経験になりました。夏になるまでしばらく続けようと思います。オーツの密かな楽しみです。
ラベル:散歩 地図
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

ナン@千川でAランチセットを食べる

 オーツが自宅からの散歩で千川駅の近くまで歩いていったときのことです。「ナン」という名前のインド料理店がありました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13059843/
所在地を地名で言うと、板橋区向原ということになります。
 店頭に立てて置いてあった看板に「ランチセット 690 円より」と書いてあったので、まあまあ安い店かなと思いました。オーツとしては、それよりも「激辛」のカレーがあるという記載の方が気になりました。
 どんなカレーが食べられるのでしょうか。
 数日後に実際訪問して食べてみることにしました。
 11:10 くらいに店に入りました。お店では3人の男性(おそらくインドの方でしょう)が働いていました。
 オーツは一人だったので、カウンターに座ろうとすると、店の人がテーブルをすすめてくれました。お言葉に甘えて4人掛けのテーブルを使わせてもらうことになりました。
 で、テーブルの上にあったメニューをながめてみると、一番安いのがAランチセットで、カレー1種類、ナン(またはライス)、ドリンク、サラダのセットです。Bはカレー2種類、Cはカレー3種類ということだったので、野菜カレーを食べることにして、Aセットで行こうと決めました。しかし、メニューではAランチセットが 720 円となっていました。おや、690 円と店頭に書いてありましたが、……最近値上げがあったのでしょうか。
 オーツはメニューを丁寧に見ていましたが、注文が決まってからも、お店の人が水を持ってくるでもなく、別のことをしていました。ちょっと注文を取りにくるのが遅いでしょう。
 ややあって、お冷やと紙のおしぼりを持ってきたので、注文しました。ドリンクはマンゴーラッシーにしました。この店はカレーの辛さが選べます。甘口−普通−辛口−激辛の4段階です。オーツは当然激辛を選びました。
 テーブルの上には、ラミネート加工された飲み物などの別のメニューが置いてありました。それらを順次ながめたりしていました。しかし、それらのメニュー、どうもベトベトする感じです。気のせいか、テーブルの表面もべたついている感じでした。
 氷が入っていたコップの水ですが、氷を入れて、そこにぬるい水を注いだもののようで、あっという間に氷が溶けてしまいました。
 まずサラダが出てきました。インド料理店でよく見かけるオレンジ色のドレッシングがたっぷりかかっていました。それを食べて待っていると、金属製のお盆にのった野菜カレーとナンが出てきました。「ドリンクは何でしたか」と聞かれてしまいました。マンゴーラッシーと伝えました。
 野菜カレーはおいしく食べられました。しかし、「激辛」のはずですが、そこまで辛くありません。まあ、この店の「激辛」はこういうものなのでしょう。あとで店の人が辛さは十分かと聞いてきたので、オーツがそんなでもないと答えると、テーブルの上にあった辛み調味料の小瓶をオーツの野菜カレーに振りかけながら、これでOKというしぐさをしました。オーツはさらに振りかけました。これで辛さ的にはちょうどいい感じになりました。
 ナンは、けっこう熱くて、手でちぎると手がやけどしそうなくらいでした。周辺部がちょっと厚みがあります。このナンを食べてみると、他のインドカレーの店よりも甘くておいしいように感じます。カリカリではなく(カリカリした部分がなく)、その反対でモチモチくらいの感じでしょうか。
 オーツはナンをお替わりして2枚食べました。この店はナンもライスもお替わり自由なのです。
 それなりにおいしく食べて、30分ほどで店を出ることにしました。オーツがレジで千円札を出すと、「280 円のおつりです」といいながらお店の人がコインを手渡してくれました。手のひらで受け取り、そのまま出口のドアのところで数えてみると、実は 180 円しかないことに気がつきました。レジのところに戻ってコインを見せて苦情を言うと、100 円玉を手渡してくれました。こんな間違いをするものでしょうか。「280 円」といいながら 180 円しかないなんて、めったに経験しないことです。うっかりそのまま小銭入れの中に入れてしまったら、もうお釣りの金額の確認しようがなくなってしまうところです。
 レジではポイントカードをくれました。12回食べるとAセットが無料になるというものです。1回分のハンコを押してくれました。
 しかし、オーツはこの店に行かないと思います。江古田にはもっと辛くておいしい店があるからです。遠いこの店までわざわざ行く理由がありません。この店は10年以上営業しているようですが、この付近にはあまり食堂・レストランの類がないので、やっていけるのではないかと想像します。
 今回、オーツが気付いたのは、ほんのちょっとしたマイナス点なのですが、そういうのがいくつか重なると、それなりに気になってきます。

インディアンダイニング&バー ナンインド料理 / 千川駅小竹向原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

串と糸でテキ屋のおじさんにやられた話

 ふと思い出したことがあるので、書いておきましょう。
 オーツが子供のころの話です。小学校低学年くらいだったように思います。60年前の話です。
 そのころに住んでいた自宅の近くの神社でお祭りがありました。参道にはいろいろなお店が建ち並び、小銭を握りしめた子供たちもうろうろしていました。
 オーツが歩いていると、一人のテキ屋のおじさんが串と糸で子供たちの相手をしていました。おじさんの手には3本の串があります。そのうちの1本には根元に糸が付いていて、下に5円玉が重りとして縛り付けられていました。3本の串の中から糸の付いた串をあてれば、景品としてプラモデルがもらえるというものでした。景品がなかなか立派なプラモデルでしたので、オーツは気になったのでした。おじさんは、「一人1回だよ〜。チャレンジする子はいないかな〜」などと言っていました。
 チャレンジ料は覚えていませんが、1回10円だったか50円だったかでしょうか。感覚的には子供でもがんばれば出せる金額でした。景品のプラモデルはチャレンジ料から考えれば相当に高そうなものでした。
 単純に計算すれば、3回に1回は当たりそうなので、これはチャレンジしてみてもいいと思いました。
 ちょっと見ていると、周りの子供がチャレンジしても当たらないのです。そんなことはあるまいと考えて、オーツは一度自宅まで戻って、小遣いとしてもらっていた小銭を持ってくることにしました。
 ちょっと待ち行列に並んで、オーツの番になりました。
 オーツはおじさんの手元に注意しながらじっと見ていました。
 おじさんは、3本の串を見せ、当たりが1本あることを確認させ、次に、それらの串をまとめて持って、両手でごちゃごちゃと混ぜ合わせました。さあ、どれが当たりの串か、わからなくなってしまいました。おじさんは3本の串が横に広がるような形にしました。串の根元はまとめて持って、見えないようにしていました。
 そのときです。おじさんの手が緩んで、1本の串に糸が付いているのがチラリと見えてしまいました。しめしめ。それが当たり串です。オーツは、それを選んで引っ張りました。結果は……はずれでした。
 そこまで経験して、はたと理解しました。
 おじさんは、3本の串をごちゃごちゃさせているときに、当たり串の根元に付いている糸を他の串の下の部分にくるりと巻き付けるようにしたのです。そしてそれをわざと子供に見せるようにしたのです。こうすれば百発百中、子供ははずれ串を引くようになるものです。そして、「一人1回だけ」というのも、この仕組みに気がついても2回目のチャレンジはナシということにして、秘密を守るようにしていたのでした。
 この串と糸の正しいチャレンジ法は以下の通りです。おじさんの手元を見て、チラリと見えた糸が付いている串を除外して、それ以外の2本のうちの1本を引きます。これで1/2の確率で「当たり」になります。たぶん、当たり串は見えた串の隣である可能性が高いと思われます。
 オーツは子供心によほど悔しい思いをしたのでしょう。先日、風呂に入っているときにこの話を思い出しました。
 この串と糸のくじはよくできた仕組みです。こうやってテキ屋のおじさんは生活していたのですね。これで儲けていくためには、目の前の子供に気付かれないように他の串の根元に糸をくるりと巻き付けるワザを習得しなければなりません。それなりに練習を積んで習得したのでしょうね。
 大人としては、そんなネタバラシをして子供にプラモデルをあてさせては、おじさんに対する営業妨害になってしまいます。大した金額でもないので、子供が気付くのを待って、失敗したら笑っていればいいわけです。
ラベル: テキ屋
posted by オーツ at 04:12| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

木曽路 環七小竹町店で鰻ひつまぶしを食べる

 あるとき、妻がウナギを食べたいと言い出しました。
 最近、妻の勤務先では出社禁止が続き、在宅勤務をせざるを得ません。オーツも同様です。たまには二人でランチを食べるのもいいことだと思いました。
 しかし、江古田近辺でランチにウナギが食べられるところというと(普段オーツがウナギを食べないこともあって)店が思い当たりません。
 検索してみると、以下の3軒が見つかりました。

・鳥忠
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13034791/
・鰻 なかや
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13086004/
・木曽路 環七小竹町店
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13028514/

 ちなみに、東長崎にも1軒ありますが、遠そうです。
・鰻家
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13012445/

 鳥忠は、ランチ営業をやっていないので選択肢から外れます。
 そういえば、吉野家でも鰻重があることに気付きましたが、夫婦で吉野家に行って鰻重を食べるのもムードがないように感じます。妻を大事にしていないかのようです。
 結局、木曽路 環七小竹町店に行くことにしました。
 ここは、以前にも行ったことがあります。
2018.10.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/462324381.html
 メニューに「鰻ひつまぶし」があるのです。
https://www.kisoji.co.jp/kisoji/event/203.html
https://www.kisoji.co.jp/kisoji/navi/shop_menu.asp?ShopNo=256&GenreCode1=02
によれば、【国産】鰻ひつまぶしは、4/1〜8/31 の提供だそうです。

 お店による鰻ひつまぶしの写真も以下に貼り付けておきましょう。
出典=https://www.kisoji.co.jp/kisoji/photo_event/m203_2.jpg

kisozi2.jpg

 デザートは、何種類かから選べますが、ピーチのシャーベットを二つ頼むことにしました。
 国産鰻ひつまぶしが 2,300 円(税込み 2,530 円)とデザート 200 円(税込み 220 円)ということになります。
 オーツたちは、和服を着た女性店員に案内されて、一つのテーブルに座りました。
 ほうじ茶が出され、注文後少し経って鰻ひつまぶしが運ばれてきました。
 鰻ひつまぶしの他に、小鉢、汁椀、薬味、急須に入った出汁、それに香の物がセットになっていました。
 お盆の上に小さな紙が乗っていて、それにひつまぶしの食べ方が書かれていました。以下の通りです。
 国産鰻ひつまぶし 三通りのおいしいお召し上がり方
 一杯目、まずはそのまま。
 御飯をざっくり混ぜて、まずはそのまま味わってください。
 二杯目、薬味を添えて。
 お好みの薬味を添えてお召し上がりください。一杯目とは違った味わいになります。
 三杯目、お茶漬けにして。
 薬味と出汁をかけ、お茶漬けにしてお楽しみください。

 せっかくなので、この食べ方で3種類を味わうことにしました。
 一杯目、まずはおひつに入ったひつまぶしを1/3ほど御飯茶碗に入れ、そのまま食べてみました。なかなかおいしいです。
 二杯目は、薬味を添えて食べてみました。薬味は、わさび、刻み海苔、ワケギの小口切りの3種が添えられていました。それぞれ半分くらい入れました。驚いたのは刻み海苔の細さです。幅は 0.2mm くらいでしょうか。本当に細くて、よくこんな細さに切れるなあと感心しました。自宅では、どんなにがんばっても 1mm くらいまでしか細くできませんが、そんなのよりさらに細くて、まるで糸か髪の毛みたいに見えました。
 三杯目は、お茶漬けにしました。ひつまぶしを全部、薬味を全部茶碗に入れて、急須から出汁をかけて食べました。オーツは妻からわさびをもらって追加したので、ちょっとわさびが効きすぎました。あやうくむせるところでした。
 そんなわけで3種類の食べ方をしましたが、オーツの主観的なおいしさでいうと、一杯目と三杯目がいいと思います。二杯目は中途半端な感じがします。
 食べ終わった後に気がつきました。山椒の入った小さな竹筒が(二人で1個ですが)出されていたのでした。小さな失敗でした。
 全部食べ終わったら、お盆が下げられ、デザートが出てきました。煎茶も出されました。
 いろいろ話をしながらゆっくり食べました。
 けっこう満足しました。
 会計して、あとでレシートを見たら、デザートの分が1人分しか請求されていませんでした。お店がサービスしてくれたのでしょうか。

木曽路 環七小竹町店しゃぶしゃぶ / 新桜台駅小竹向原駅江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

珍しい名字

 オーツが自宅周辺を散歩していると、いろいろなことに気がつきます。
 それぞれの家が表札を出していますが、中には変わったものもあります。
 先日見かけたものでは「住宅」というのがありました。一戸建て住宅の門扉の脇に掲示されており、最初見かけたときには、中古住宅の売り出しか何かかと思いました。でも変です。誰がどう見ても「住宅」に違いないのですから、わざわざ「住宅」と書くこともないと思いました。
 そこに近づいていくと、漢字の下にローマ字が書いてありました。「SUMITAKU」とあります。何と、名字だったのです。これはけっこう珍しい名字だと思います。

 もう一軒、「阮」という表札もありました。オーツは読めませんでした。あとで辞典を見ると、ガンあるいはゲンと読むようです。こんな名字も珍しいものです。もしかして中国かベトナムあたりの外国籍の方かもしれません。
https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E9%98%AE

 表札ではないけれど、オーツが不思議な気分になった集合住宅の名前もありました。「フツト江原町」というものです。

hututo.JPG

「フツト」では意味をなさないので、「フット」の誤記かなと思いました。しかし、それにしても変な名前をつけるものだと思いました。「フ」がやや小さいのも気になりました。近づいてよく見ると、黒い文字の一部が剥げ落ちていたのでした。
 もともと「フラット」とあったのに、「フ」が落ちて、さらに「ラ」の上の横棒部分が落ちたのです。
 偶然「フツト」と読めてしまうようになったのですね。神様のいたずらというべきでしょうか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

銀座@新江古田で生本マグロトロブツ定食を食べる

 新江古田〜沼袋にある居酒屋「銀座」は先日行ったばかりです。
2020.6.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/475438959.html
しかし、前回行ったときにおすすめメニュー「生本マグロトロブツ定食」があると聞いたので、これを食べてみようと思いました。
 お店に入るとお冷やを出してくれました。今回も氷なしでしたが、前回と違って冷たくてけっこうでした。
 注文してまもなく、生本マグロトロブツが出てきました。一口食べてみると、これがなかなか「ウマ〜イ」ものでした。ぶつ切りはお皿にけっこうな量がのっていました。最初見たときはさほど多くないと思いましたが、食べていくうちに、それなりの量があることがわかってきました。
 わさびの量はやや少な目でしたかね。しかし、普通に食べられました。
 たっぷり入った味噌汁がおいしいし、ぬか漬け(ダイコン、ナス、ニンジン)もおいしいし、いうことなしです。小鉢もおいしくいただきました。
 ということで、この 1,000 円は、十分その価値があると思います。
 と書きながら、東長崎にある「さがら」のことを思い出しました。ここでもマグロぶつ切り定食を食べたのでした。
2020.4.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474681590.html
 どちらもおいしいと思います。しかし、さがらのほうは 850 円で食べられます。となると、その差 150 円を上回るおいしさの差なりメリットなりがあるかという問題になります。微妙ですが、オーツはさがらのほうがいいような気がします。
 もう一つ、お店の位置がオーツの自宅から遠いということも影響しそうです。さがらの方がぐっと近くにあります。
 オーツは「銀座」まで自転車で行きましたが、自転車をたくさんこいで、おなかをすかせるつもりでお店に行くのがよさそうです。
 自転車で行くことを考えると、オーツが夜行くことはなさそうですが、こういう店なら夜は夜でおいしいのでしょうねえ、たぶん。

喫茶 銀座喫茶店 / 沼袋駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

西武線の車両内の路線図が見つからない

 オーツが西武池袋線の下り方向の各駅停車の電車に乗っていたときのことです。大泉学園駅まで行くつもりでした。
 練馬駅まで来たときに、車内放送があり、「石神井公園から先にお急ぎのお客さまは隣のホームの準急にお乗り換えください」とか何とか言っていました。
 オーツは各駅停車に乗っていたわけですが、もしかすると準急に乗り換えた方が早いかもしれないと思いました。ところが、あいにく西武線のこのあたりの駅の位置関係がよくわからないのです。石神井公園駅と大泉学園駅のどちらが手前でどちらが奥か瞬時にわかりませんでした。普段乗らない路線ではそんなものでしょう。
 そこで、車両内を見渡して、西武線の路線図を探しました。それで駅の位置関係を把握すれば、乗り換えるか否か、判断できると思ったのでした。ところが、路線図が見つからなかったのです。
 「えっ!」と思いましたが、まさかホームに降りて探すわけにもいかず、財布の中に入っている紙の路線図は地下鉄用で、西武線用ではないし、……というようなことをしていたら、準急のドアが閉まり、発車してしまいました。
 オーツは各駅停車で大泉学園まで行くことにしました。いや、結果的にそうせざるを得なかっただけです。
 各駅停車の電車が練馬駅を発車してから、車内をよく見れば、ドアの上のところに路線図が貼り出してあるではありませんか。あわてているときは、それが目に入らなかったのでした。
 いや、路線図が貼り出されている角度が微妙で、この路線図は、オーツが座っている座席からかなり見にくい位置にありました。
 しかし、少し遠いドアのところには、大きめの路線図が貼ってあり、角度の心配もなく、これなら(少し近づいていけば)十分見ることができたはずです。しかし、オーツはアナウンスの直前まで、大泉学園駅まで行くには各駅停車にずっと乗っていくものと思っていたわけで、アナウンスで別の可能性があると知らされると、その場で情報を探し、さっと決断しなければなりません。そういうときは大きな路線図が目に入らないのですね。
 わからないときは、あわてず、各駅停車でいく(なぜならば、多めに時間がかかっても、必ず目的地に着けるから)主義ですので、まあ、失敗にはなりませんでした。
posted by オーツ at 04:30| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

中国料理 鳴春@東長崎北口でニラ入り玉子炒めを食べる

 東長崎北口にある「中国料理 鳴春」には、前にもランチを食べに行きました。
2020.3.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474116273.html
 久しぶりに2回目のランチ訪問となりました。
 この店は、11:30 開店のはずですが、オーツが店に入った 11:40 の時点で店内の照明が消されていました。オーツが「開いていますよね?」といいながら薄暗い店内に入ると、お店の人が照明をつけ、「どうぞ、どうぞ」と言いました。
 今回は、650 円の定食として「ニラ入り玉子炒め」があり、あと2品は 750 円でした。この 100 円差は大きいと思います。そこで、ニラ入り玉子炒めを注文することにしました。
 少し待っていると、定食が運ばれてきました。
 ワカメ入りの中華スープが熱くておいしいです。漬物もいい感じです。主菜はちょっと単調な感じがしましたが、たっぷりしていました。杏仁豆腐も量が多めでいいと思います。
 650 円でこれが食べられれば、オーツとしては満足です。
 とはいえ、ここは東長崎の北口です。すぐそばに 560 円の定食を出す「普天河」
2020.6.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/475505206.html
がありますし、550 円の定食を出す「味源亭」
2020.5.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/475148251.html
も近いところにあります。それらと比べると、鳴春は約 100 円高いことになります。100 円相当の差があるかと考えてみると、そこまでの差はないように思われます。
 ということで、オーツとしては、普天河か味源亭に通うことにして、鳴春には行かないことにしましょう。決して悪い店ではないのですが。
 今回、オーツがお店に滞在していた時間は30分ほどでしたが、その時間内に他の客が誰も来ませんでした。新型コロナの影響で外出自粛があり、客足が落ちているならばいいのですが、そうでないとすれば、これは変です。オーツがお店にいた 11:40-12:10 といえば、ランチのピーク時間でしょう。その時間にこういうことでは、お店としても厳しいのではないでしょうか。

中国料理 鳴春上海料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

練48-1 のバスに乗る

 オーツは新江古田駅から週1本だけ出る路線バスがあることを知りました。
2020.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html
 そういうバスがあれば、ぜひ乗ってみようと思いました。緊急事態宣言も解除になったことだし、こういうバス旅行をしてもいいでしょう。
 いったいこんな不便な路線に乗る人がいるのでしょうか。もしかして始発から終点まで乗客ゼロなどということがあるかもしれません。
 日曜日の朝、大泉学園駅の北口に行き、ちょっと離れた3番乗り場で西武バスを待ちました。路線番号は、「練48」というのは不正確で、「練48-1」というのが正確な番号です。練48は、大泉学園駅〜練馬駅の間の路線番号で、大泉学園駅〜練馬駅〜新江古田駅は練48-1 と呼んでいます。
 やがて、バス停に大型バスがやってきました。普通のサイズの路線バスです。大泉学園駅ではオーツの他にもう一人の乗客がありました。
 バスは大泉学園駅を 8:08 に出発して、ほぼダイヤ通りに走っていきます。ダイヤは以下の通りです。
https://www.navitime.co.jp/stoplist/?TCode=08620000&SCode=00016892&RCode=00007594&Year=2020&Month=06&Day=07&Hour=08&Min=41&type=4
 途中のバス停から乗り込んでくる客はおらず、バスは次々とバス停をスキップしていきます。こういう走り方だとダイヤよりも早くなってしまいます。そのため、途中のいくつかのバス停では、乗客がいないのにバスを停車させて、ドアを開けたりしていました。30秒〜1分くらいするとまた走り出します。
 全行程の半分くらい過ぎたところで、谷原二丁目バス停から乗り込んでくる乗客が一人いました。これで、オーツを入れて乗客3人になりました。と思ったら、すぐ先のバス停「真宗会館前」で大泉学園駅から乗ってきた人が降りてしまいました。乗客数がまた二人に戻って、練馬駅前(降車専用)まで来たら、一人の乗客が降りてしまいました。
 練馬駅では、時間調整の意味もあるのでしょうか、8:39 までバス停で出発を待っていました。
 練馬駅から新江古田駅まではオーツ一人という形になってしまいました。そうして 8:44 には新江古田駅前の降車専用のバス停に着きました。
2020.4.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/474825198.html

 オーツは、新江古田駅の上にある交差点「江原2丁目」を渡って、新江古田駅の(練48-1 が発車する)バス停に向かいました。少し待っていると、先ほどのバスが住宅地の1ブロックをぐるりと一周して、「江原3丁目西」交差点から目白通りを進んでくるのが見えました。
 バスは、8:58 に新江古田駅を出発して、ほぼ来た道をたどる形で大泉学園駅に向かいます。
https://www.navitime.co.jp/stoplist/?TCode=88620000&SCode=00016544&RCode=00007594&Year=2020&Month=06&Day=07&Hour=08&Min=58&type=4
練馬駅まではオーツ以外の乗客はいませんでした。今回は、練馬駅で4分ほどの待ち時間になりました。
 練馬駅では2人の乗客がありました。一人は、途中の稲荷前バス停で降りていきました。もう一人は、終点の大泉学園駅まで行きました。これは、実は不思議な乗り方です。練馬駅から大泉学園駅まで移動する場合は、バスに乗るよりも西武線の電車に乗る方が圧倒的に早く、しかも料金も安いのです。この客がなぜバスを使うことにしたのか、理由はわかりません。特に足が悪いようにも見えませんでした。

 そんなわけで練48-1 のバス路線は、不便であるが故か、利用客はほとんどおらず(新型コロナのせいではないでしょう、たぶん)、まさに空気を運ぶバスになっていました。
 こういうダイヤですから、新江古田駅〜練馬駅の間は乗客ゼロと予想しましたが、実際、オーツ以外はゼロでした。1回だけの経験ではわかりませんが、普段から利用者はほぼいないと思われます。利用されないバス路線は廃止されるように思います。むしろ、なぜ現状で運行しているのか、不思議なくらいです。
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

吉野家 江古田南口店でカルビスパイシーカレーを食べる

 吉野家は牛丼の店ですが、最近、牛丼以外のメニューを増やしているようなので、ちょっと試してみたいと思いました。そこで、カルビスパイシーカレーを食べてみました。
 カレーといえば、日本では国民食で、いつでもどこでも食べられて、それなりにおいしいものです。
 オーツは、CoCo壱番屋のカレーが好きで、このブログでも何回か記事にしました。他に、ステーキガストやしゃぶ葉といったすかいらーく系列のレストランでも(副食として補助的に)カレーを食べたことがあります。それなりにおいしくて満足しました。
 吉野家のカレーはどんな味か、興味がありました。飛びきりおいしいなんてことはないとしても、そこそこ普通に食べられるものか、どんなでしょうか。特に、名前に「スパイシー」がついていて、ちょっと辛そうなことも期待を高めました。
 食べた結果は、……やや残念でした。
 まず、全然辛い感じがしません。オーツは辛いものが好きですから、カレーといえば、まず何より辛くなくてはいけません。「スパイシー」とうたう以上は、それなりの辛さを期待しますが、食べた限りでは、これは辛さとほど遠いものです。やはり、辛口と甘口とがあるような店の辛口でないと、十分な辛さにはならないということがわかります。1種類の提供ということになると、誰でも食べられるように、そんなに辛くはできないものなのでしょう。だったら「スパイシー」などと名乗らなければいいのにと思います。
 次に、カレーのルーがかなりサラサラした感じになっており、スープカレーとまではいかないけれど、どろっとした感じではありません。この食感がオーツはあまり好きではありません。
 一緒に乗ってきたトッピング「カルビ」はおいしかったと思います。やはり吉野家は「牛肉」が得意なのでしょうかね。しかし、これも、十分に切れていないところがあり、金属製でない赤いスプーンでは切ることもできず、ちょっと食べにくいところがありました。
 オーツは、10分ほどで食べ終わり、616 円を払って店を出ました。レシートを見ると、スパイシーカレー・並 328 円、TP(たぶんトッピングのことでしょう)カルビ 232 円と分けて書いてありました。メニューでは、カルビスパイシーカレー 560 円となっていたのですが。
 総じてイマイチでしょうか。オーツは今後吉野家でカレー類を食べる意欲はなくなりました。この金額に見合う価値はないと思います。吉野家では、カレー以外のメニューを試してみることにしましょう。

 ここまで書いてきて気になったのですが、オーツが「スパイシー」の意味をとり違えている可能性もあります。
https://macaro-ni.jp/36547
スパイシーとは「辛い」というのとちょっと違うようです。

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

関東バス「高70」に乗る

 オーツが江古田近辺を散歩中に気付いた不思議なことがあります。1日1本しか通らないバス停があるのです。オーツが直接気付いたのは、江古田4丁目のバス停です。
 バス停の標識が立っていましたが、そこにあった時刻表を見ると、6:18 の1本しか通らないのです。平日も、土曜も、休日も1本だけです。しかも、この時間帯ですから利用する人も少なそうです。この路線は、関東バスが運航しており、路線番号は「高70」、丸山営業所発高円寺駅北口行きでした。
 道路を渡って反対方向行き(高円寺北口発丸山営業所行き)の江古田4丁目バス停に行き、バス時刻表をみると、こちらも 6:40 発の1本しかありません。
 navitime のサイトで調べると、詳細がわかります。
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00020327/00016391/0/
 ダイヤによれば、6:17 丸山営業所発→6:30 高円寺駅北口着 ということです。また、6:33 高円寺駅北口発→6:42 丸山営業所着があります。高円寺駅で到着と出発の間に3分の余裕があるということは、同じ1台のバスが往復していると思われます。
 これは乗ってみる必要があると思いました。

kou70-1.JPG

 オーツは丸山営業所の前にあるバス停で出発時刻になるのを待ちました。
 6:17 出発時刻になると、丸山営業所からバスが出てきて、オーツのいるバス停のところに止まりました。

kou70-2.JPG

 オーツは、バスに乗って、高円寺駅に向かいました。バスは新青梅街道から環七通りを走ります。こういうバス路線は、高円寺駅から新宿や都心に通勤する人向けだろうと想像できます。
 実際見ていると、緑野小学校、野方消防署、野方駅北口(3人)、野方駅入口、八幡前、大場通りで乗り込んでくる乗客があり、6:28 にはバスが終点の高円寺駅北口に着き、乗客8人全員がここで降りました。
 高円寺駅北口では、バスが折り返します。オーツはいったんバスを降り、また同じバスに乗り込みました。
 このバス路線が高円寺駅までの客を拾って高円寺駅で降ろす路線だとすると、帰りの丸山営業所行きの便は利用客がいなくなるはずです。しかし実際は(オーツ以外に)2人が高円寺駅で乗り込みました。また、バス停「高円寺中学」でも一人が乗ってきました。3人が下車したバス停は、それぞれ野方消防署、緑野小学校、江古田四丁目でした。
 こうしてバスは丸山営業所に 6:43 ほぼ定刻通りに着きました。オーツは、営業所内に入ったところでバスを降りました。

 ところで、帰りの便で、乗客の乗車区間を見ていて、オーツはとても不思議な気分になりました。
 第1に、この路線が野方あたりから客を集めて高円寺駅で降ろす路線だとすると、帰り道で乗り込んでくる人がいないはずなのに、そうではなくちゃんと乗客がいるのです。
 第2に、この路線(の帰り道)が 6:33→6:42 というかなり早い時間帯のバス路線であるにもかかわらず、乗客がいるという事実です。もしも、乗客たちが通勤などに使っているなら、1日1本の路線ですから、遅刻などは厳禁です。こんなマイナーな路線をよく使う気になるなあというのがオーツの感想です。朝の出勤時はいいけれど、夕方の退勤時はどうするのでしょう。別の路線のバス停まで歩いていってそちらに乗るのでしょうか。
 数人程度の乗客があるならば、もう少し本数を増やして通勤時間帯とか日中とか走らせてもよさそうなのに、6時台の1本しか走っていないというのも不思議といえば不思議ですが、まあこれは関東バスの方針ですので、周りがとやかく言うものではないでしょう。
 6時台ですから、環七通りの内回りの一部の道路で混雑していましたが、バス路線の大半は混雑なしで、バスはけっこうなスピードで走ります。特に丸山営業所に向かうときは、途中のバス停から乗り込んでくる乗客もいないことが大半ですから、バスはたいていのバス停をスキップして、ビュンビュン走ります。ちょっと開いた窓からは涼しい風が入ってきます。大変快適なバスの旅になりました。

 帰宅してからネットを調べると、高70の路線に関して、いろいろなことがわかりました。
https://ajiwai.web.fc2.com/rosen/kou70.html
 くわしい説明です。なるほどと思います。
 この記事では、高70は出入庫路線だとしています。出入庫路線というのは、頻繁に往復するバス路線にバスを投入するために、営業所(車庫)から出て始発のところまで(あるいは終点から営業所に)向かう路線のことだと思います。しかし、現実は、わざわざこの路線のためにバス1台が往復しています。ということは、出入庫路線ということでは説明できないのではないかと思います。

https://forbus.wiki.fc2.com/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E3%83%90%E3%82%B9
 この記事には「丸山営業所を出て西進する唯一の路線。早朝の野方→高円寺の輸送を確保する役割がある。」とあります。後半の一文は、はじめはオーツもそうだろうと思っていましたが、実際に乗車した経験からは納得できません。この一文にあてはまらない利用者が現にいたからです。
 1日1本のバス便ということで不思議に思いましたが、実際乗ってみると、さらに謎が深まったように感じました。よくまあこんな路線があるものだということで、やっぱり江古田の七不思議に入れてもいいかもしれません。
posted by オーツ at 04:23| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

普天河@東長崎北口で鶏肉のピーリ辛炒め定食を食べる

 東長崎北口にある普天河は、オーツの場合、1回行っただけでファンになりました。
2020.2.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/473595928.html
 だいぶ間隔があいたので、久しぶりに普天河に行ってみました。お昼時でした。
 日替わりランチが3種類ありましたが、今回は、その中からB「鶏肉のピーリ辛炒め定食」560 円を注文しました。お店の外の黒板にも、お店の中の(テーブルの上の)メニューにも「ピリ辛」でなくて「ピーリ辛」という書き方がされていましたので、これが正しい言い方だと思われているようです。
 注文してまもなく、お盆にのった定食が出てきました。主菜とご飯の他に、味噌汁と漬物が出てきました。
 味噌汁! そうなのです。オーツの好みは中華スープなのですが、今回は味噌汁でした。白いお椀に入っており、レンゲが付いていました。味噌汁をレンゲで食べるのはどうも違和感があります。
 漬物は赤いダイコンで、酢漬けでしょうか。あまり中華料理らしくないと感じました。
 主菜はけっこうでした。炒めた赤唐辛子が何本か入っており、これが「ピーリ辛」の正体です。玉ねぎやピーマン、ニンジンなど、いろいろな野菜が一緒に炒められており、こちらはおいしく食べられました。
 というわけで、560 円という価格はとてもリーズナブルなのですが、味的にはイマイチの感じ(漬物と味噌汁の場合)がしました。
 江古田〜東長崎あたりでは、この価格のランチはなかなか食べられませんから、普天河でもう2〜3回は食べてみようと思いますが、味噌汁や漬物が付いてくるようであれば、よく行く店のリストからはずそうと思います。
 さて、次回はどうなっているでしょうか。期待半分、不安半分です。

普天河中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


ラベル:普天河 東長崎
posted by オーツ at 05:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

明星 チャルメラ 宮崎辛麺

 先日、サミット江原町店に買い物に行ったとき、「明星 チャルメラ 宮崎辛麺」というのを5食パックの形で売っていました。
https://www.nissin.com/jp/news/8439
 「辛麺」は「からめん」とルビが振ってあります。
 袋の表には「激辛しょうゆ味」と書いてあります。「激辛」と聞くと、試してみたくなります。オーツは辛いものが好きなのです。
 袋には、「辛さレベル」が5段階のうちの「4」と書いてありました。そして、注意書きとして「辛みが強いので注意してお召しあがりください。」とも書いてありました。
 近くの棚に1食ずつのばら売りの袋麺が並んでいましたが、「明星 チャルメラ 宮崎辛麺」は1食のばら売りがありません。しかたがないので、5食まとめて買ってしまいました。
 3月16日発売ということで、新しい味のラーメンです。
 さて、食べてみた結果、どうだったか。
 残念ながらオーツの口に合いませんでした。
 1食目は、袋の表面に「卵で仕上げてふんわりおいしい」と書いてあるので、火を止める直前に溶き卵を入れる作り方をしました。2食目は卵なしで作りました。溶き卵を入れると味がまろやかになります。2食目は1食目より辛くなりました。しかし、いずれにせよ、ピリ辛レベルです。スープだけを飲むと辛口レベルでしょうかね。オーツは普通に全部飲み干しましたが、スープはそこそこ辛いと思いました。しかし、これで「激辛」と称するのは問題なのではないでしょうか。
 ラーメンは、辛さに加えて、旨味が感じられるようでなければなりません。この点からも「明星 チャルメラ 宮崎辛麺」はイマイチの感じでした。
 オーツは、過去に辛いラーメンを何種類か食べてみたことがあります。ブログに書いたものを拾い出すと、以下のようになります。

2020.2.19 寿がきやの「台湾ラーメン」を食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/473642414.html
2019.5.19 寿がきやの「台湾ラーメン 辛さの頂」を食べる
   http://o-tsu.seesaa.net/article/465774165.html
2016.8.11 辛ラーメン(韓国向け)
   http://o-tsu.seesaa.net/article/440936262.html
2012.2.21 チゲラーメンと辛ラーメン
   http://o-tsu.seesaa.net/article/253333635.html

 オーツの経験では、寿がきやの「台湾ラーメン 辛さの頂」が何といっても一番辛かったと思います。本当の意味で「激辛」です。寿がきやの「台湾ラーメン」が「辛口」ということでそれに次ぎます。チゲラーメンと辛ラーメンは「ピリ辛」でしょうね。
 これらと比べると、宮崎辛麺は「ピリ辛〜辛口」といったところでしょうか。何年も隔てて味を比較するのは無謀ですが、とりあえず辛さを中心にすれば比べられそうです。
 さて、辛麺ですが、残りがあと3食もあり、がんばって食べるしかありません。好みの味でないものを努力して食べるというのはちょっとつらいものがありますが、捨てるのはもったいないし、資源のムダ使いです。
 試食するなら1食ごとのばら売りがいいですね。


posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(12回目)

 江古田南口にある「さかなのおいしい味せ わさび」は、オーツがしばしば行く店です。江古田近辺では割とお気に入りの店です。
 前回は、息子と二人で飲みに行きました。
2020.5.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/475303637.html
 今回は、2人の息子の家族を含めて、全部で10人による夕食会となりました。店の一番奥の小部屋に通されました。テーブルの中に囲炉裏が組み込んであり、天井から自在鉤がぶら下がっており、もしかするとここで鍋料理などができるのかもしれません。
 アルコールを飲んだのはオーツと長男で、次男も飲めるのですが、自宅でのオンライン飲み会の後で、すでに酔っ払っていましたから、お店では少し飲んだだけでした。
 大人は3組の夫婦6人でした。それに子供が4人いて、全部で10人でした。
 食べたものは、お通し(コンニャク玉の煮物)300 円×6、マルゲリータピザ 950 円×2、ブリカマ塩焼 800 円、パリパリサラダ 680 円、とりの唐揚 500 円×2、お刺身2名盛 1,980 円×2、自家製ざる豆腐 580 円×2、おにぎり(2個)550 円×4(鮭6個、すじこ、梅)、ホッケ焼 480 円、お新香盛り合せ 550 円、コロッケ 700 円×2でした。子供たちは、ピザ、とりの唐揚、おにぎり、コロッケあたりを中心に食べていました。それぞれ満足したようです。
 オーツが飲んだものは、生ビール・中・スーパードライ 580 円、日本酒・黒龍 640 円でした。
 長男が黒ホッピーセット 430 円、ホッピー中 250 円×2を飲みました。
 次男がハイボール 430 円を飲みました。
 あとは、子供と女性陣がグレープフルーツジュース 300 円×2、ウーロン茶 300 円×2、ジンジャエール 300 円を飲みました。
 食べたものでは、刺身がおいしかったですね。今回は下に敷く氷なしでお皿に盛り合わせてあったし、しかもわさびがたっぷり付いていて、オーツの好みに合いました。こういうのを食べながら日本酒を飲むと「幸せ」を感じます。
 何種類かの焼き魚もよかったと思います。
 お店には約2時間いました。4人の子供たちがにぎやかに飲んだり食べたりしていたことが印象に残りました。成長しています。女性陣3人もおしゃべりが弾んでいました。自粛がしばらく続いたので、そのうっぷんを晴らした面もあったのでしょうね。
 なお、この他にクーポン持参で、大人用の焼酎を5杯、子供用のアイスクリームを4個もらいました。焼酎はオーツが3杯と長男が2杯飲みました。
 会計すると、小計 20,010 円に消費税が付いて 22,010 円になりました。子供2人で大人1人分と計算すると(次男は除外して)、7人分ということになりますから、一人3千円ちょっとということになります。安いものです。でも満足しました。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

トイレットペーパーの消費量

 3月ころでしたか、トイレットペーパーがスーパーの店頭からなくなり、困った事態になりました。
 そのとき、トイレットペーパーの消費量が週あたり1人あたりで1ロールという話があって、オーツの実感とだいぶ違うので、驚いたことがありました。
 トイレットペーパーの消費量をネットで調べてみると、毎週1ロールくらいという話が出てきます。

https://daiichi-jyusetu.co.jp/column/archives/4789
日本トイレ協会の発表によると、トイレットペーパーの1回平均使用量は80cmであるそう。【中略】男女別の1日量の平均だと女性は12.5m・男性は3.5mとされており、やはり小便でもトイレットペーパーを使用する女性の方がたくさんの紙を使用していると考えられます。1日の男女平均使用量では8mほどなので、1人の人間が約7.5日間で1ロール(60m)程度の量を使用している計算になりますね。

https://news.livedoor.com/article/detail/18112522/
「年間1人当たりが使用するトイレットペーパーの数」(国別)
第4位 日本 59個

https://bitiku.com/report/toiletpaper.php
「第2回トイレットペーパーに関する意識調査」
Q1. 1ヶ月にご自宅で使用するトイレットペーパーは何ロール?
平均3.3ロール/人 平均10.2ロール/世帯
意識調査なので正確に測定された数字ではなく、「大まかな数値」つまり感覚値のようですが、それだと1人平均3.3ロール。

https://www.ryutsuu.biz/government/m030337.html
1人当たり一週間程度で1ロールを使用

https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/0804/09/news086.html
2001年に実施した日本製紙連合会の調査によると、1人当たりのトイレットペーパーの使用量は月平均で4ロールだったが、トイレ用品を販売するクリーンネットサービスによると、平均3.3ロールに減少していることが分かった。

https://j-toilet.com/2020/03/05/paper/
A1か月のトイレットペーパー平均使用量は、4人家族で16ロール程度

https://matome.naver.jp/odai/2141739905610185401
【いろいろな記事のまとめ】

 しかし、こういう話は実はかなり問題があります。
 トイレにウォシュレットがあるかどうかの違いが大きいし、男性と女性ではずいぶん違うわけです。都道府県ごとの違いもありそうですから、全国平均を求めてもほとんど意味がありません。国による違いも大きいものがあります。(日本はウォシュレットが普及しているので世界の傾向と異なるはずです。)
 大事なのは、自分が自宅の環境でどれくらいトイレットペーパーを使うかということです。
 こういうデータは自分で集めてみるしかありません。
 実は、ここのところの新型コロナウイルス騒動は、トイレットペーパーの消費量の計測にはもってこいの状況です。オーツの場合、通常だと、平日の昼間は勤務先に行っていて、そちらのトイレを使いますので、トイレットペーパーの正確な消費量の算出ができません。しかし、コロナ騒動以降、オーツが外出するのは朝の散歩(ほぼ毎日)と、昼の外食(1日おき)、午後の買物(週2回)くらいであって、排便はほぼ自宅のトイレに限られます。
 排便回数も個人差が大きいものです。このブログでも、過去にオーツの排便回数を数えて記事にしたことがあります。
2009.1.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/112770085.html
2009.1.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/112724057.html
2009.1.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/112676384.html
 オーツの自宅のトイレの使い方も、消費量と関係します。オーツは妻と二人で住んでいますが、オーツが1階のトイレ、妻が2階のトイレを使う場合がほとんどです。そこで、1階のトイレのトイレットペーパーの消費量を算出すれば、オーツの個人の消費量がわかります。
 1階のトイレのトイレットペーパーのロールを交換するときに、日付をメモするという方法で計算しました。不満点は、何回もデータを集めるのに時間がかかるという点です。思い立った時点から調査するわけにも行かず、まず一つのロールが終わるまで待って、そこから記録を始めます。
 結果は、ロール交換日が、4月13日、5月1日、5月16日、6月2日でした。
 1ロールを使い切るのに、18日、15日、17日かかったことになります。データの個数が十分ではありませんが、オーツ個人の場合、1個のトイレットペーパーがざっと2週間以上持つことがわかりました。
 これはウォシュレット付きのトイレで、シングルロールのトイレットペーパーを使った場合の一例ということになります。
 こういうデータは、「平均」などよりもずっと有用であると思います。何しろオーツ自身のデータなのだから、今後似たような状況があれば、この調子でオーツはトイレットペーパーを消費していくことがわかるわけです。
 結論からいえば、トイレットペーパーの買いだめなどは不要です。トイレ内のストック場所にトイレットペーパーが数個入っている状態ならば、2ヶ月とか持つことが予想できます。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

銀座@新江古田でシャケカマ定食を食べる

 オーツが自宅の周りを散歩していたときのことです。このときはちょっと足を伸ばして、沼袋駅方向に歩いていきました。すると、道端に1軒の店を見つけました。「銀座」という名前です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13205765/
江古田あたりで「銀座」と名乗るのも珍しいと思います。しかし、お昼には定食類も食べられるということなので、数日後に訪問してみようと思いました。
 このあたりは住宅街で、お店がほとんどありません。駅としては沼袋と新江古田が同じくらいの距離です。いずれにしても徒歩で行くには不便です。
 オーツは、実際に行く前に、食べログで検索して、お店に電話して営業時間を確認してみました。食べログには営業時間・定休日が記入されていなかったためです。すると、営業時間は朝 7:00 からという話でした。こんなに朝早くから営業なんですね。定休日は決めておらず、不定休だという話でした。ほぼ無休ということでしょう。
 とある日、オーツが 11:00 ころにお店に着くと、すでに先客が2人ほどいました。店内は思いのほか広く、けっこうな数のテーブルなどがありました。店内に酒類の瓶が置いてあり、夜は飲み屋になるようです。
 オーツはカウンターに座りました。女性が紙のおしぼりとお冷やを持ってきてくれました。お冷やには氷が入っていませんでした。ちょっと残念です。それから、女性が消毒液を持ってきて、オーツの手に吹きかけました。まあ、今の時期、どこでも見られる光景です。
 オーツがランチを食べたい旨をいうと、ランチメニューを出してくれました。(お昼でも飲む人がいるので、メニューを分けているようです。)生本マグロトロブツ定食 1,000 円がおすすめということで、オーツも触手が伸びそうになりましたが、焼き魚定食 600 円というのもあるので、魚の種類を聞いてみました。シャケかサバだそうです。それに +100 円で、シャケカマもあるということでした。なんとなくシャケカマがよさそうな気がしたので、これを注文しました。
 テレビを見ながら待つことしばし。お盆にのってシャケカマ定食(お店の人がそう言っていました)が出てきました。
 シャケカマの他に、やや多めのご飯とこれまたたっぷりの味噌汁、そして、お新香と小鉢が二つです。
 シャケカマがおいしかったですねえ。温かくて、香りが引き立ちます。そして、味噌汁もおいしく思いました。具として豆腐、油揚、ワカメ、ネギが入っていました。味噌汁がおいしいと定食全体が好印象を与えます。
 一食分として満足しました。
 こうして食べ終わってから、お店の人に聞いてみました。「朝 7:00 からやっているというのは新型コロナの影響ですか、それとも普段からいつも 7:00 なのですか。」「普段から 7:00 開店です。新型コロナの影響で、現在は 5:00 からやっています。」ひえーっ。「5:00 にお客さんが来るのですか。」「はい、そういうお客さんもいらっしゃいます。」何ということでしょう。5:00 からやっている店というのは珍しいと思います。24時間営業の店でなければ、そんな時間に開いているとは思わないでしょう。
 オーツは 700 円を払ってお店を出ました。これで 700 円というのはおトクです。シャケもサバも食べてみたいと思いました。

喫茶 銀座喫茶店 / 沼袋駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

マルちゃん 昔ながらの中華そば(半なま)

 オーツは袋入りのインスタントラーメンでは東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの中華そばシリーズ」が好きです。
2008.9.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/105984951.html
https://www.maruchan.co.jp/products/search/mukashinagaranochukasoba.html
https://www.maruchan.co.jp/products/search/mukashinagaranomisoramen.html
 しかし、普段行くようなスーパーでは扱っていないので、買うのがなかなか大変です。
 そんな中で、ふと気がつくと、インスタントラーメンではなく、「半なま」の「マルちゃん 昔ながらの中華そば」が売られていることに気がつきました。
https://www.maruchan.co.jp/products/search/303153.html
 こちらは「要冷蔵」で、1人前入りで、確か 130 円くらいで買ったように思います。賞味期限までは2ヶ月ほどです。インスタントラーメンの6ヶ月よりはだいぶ短いです。
 さっそく食べてみたところ、袋入りのインスタントラーメンと同じような味で、おいしく食べられました。
 非常時などにそなえてストックしておく食料としては、長期保存ができない点で向いていませんが、普段、ちょっと食べる場合にはけっこういけるのではないかと思いました。
 日持ちしないということでは、5食パックとかいう形で売られることもなく、こまめに(1食ずつ)買ってこなければならないという点もやや不便です。普段いくスーパーに置いてないので、遠くのスーパーまで自転車で買いに行かなければなりません。わざわざラーメン1食のためにそんなことをするでしょうか。
 オーツは、今後ともこれをあまり食べないように思います。


posted by オーツ at 04:21| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

江古田近辺のファミリーレストラン

 江古田のファミリーレストランについて、3年前にブログ記事で書いたことがありました。
2017.6.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/450442827.html
この記事で示したように、オーツなりのファミリーレストランの定義として、キッズメニューがあることと、駐車場があってクルマで行けることの二つの条件を考えておきます。
 江古田近辺でそれに該当するものをリストアップすると、以下のようになると思います。3年前のブログ記事の改訂版です。
 それぞれの店のキッズメニューと、オーツのブログ記事を示しておきます。オーツのブログ記事が示されていない店は、オーツが(小さい子供、つまりオーツの孫と)その店に入ったことがないことを意味します。

・バーミヤン 練馬豊玉店
https://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/menu_category.html?cid=109
2020.2.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473475716.html
・ステーキガスト 落合南長崎店
https://www.skylark.co.jp/steak_gusto/menu/menu_category.html?cid=120
2018.10.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/462117619.html
・ジョナサン 豊玉店
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_category.html?cid=115
2019.10.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/471032301.html
・ガスト 中野江古田店
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_category.html?cid=107
2020.3.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/474306759.html
・藍屋 落合南長崎店
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_category.html?cid=113
2020.4.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/474586138.html
・デニーズ 小茂根店
https://www.dennys.jp/menu/kids/
・びっくりドンキー 板橋こもね店
https://www.bikkuri-donkey.com/menu/1049/children/
2017.5.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/450320700.html
・しゃぶしゃぶどん亭 江古田店
http://www.don-tei.jp/fmenu_list.html?fmenu_categ_id=6
2019.12.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/472187593.html
・サイゼリヤ 西落合店
http://www.saizeriya.co.jp/menu/kids.html
・ロイヤルホスト 江古田店
http://www.royalhost.jp/menu/kids/
2019.9.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/470121115.html
・木曽路 環七小竹町店
http://www.kisoji.co.jp/kisoji/navi/shop_menu.asp?ShopNo=256
2018.10.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/462324381.html
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

八幡和郎(2019.11.10)『ありがとう、「反日国家」韓国』ワニブックス

 オーツが読んだ本です。「文在寅は日本にとって最高の大統領≠ナある! 」という副題が付いています。
 タイトルに引かれて本書を読んでみる気になりましたが、このタイトルはちょっとミスリーディングかもしれません。(おそらく編集者が付けたのでしょうが。)別に韓国に感謝している内容ではありません。皮肉を言っているわけなのですが、タイトルだけ見て内容を誤解する人がいるかもしれません。まあタイトル中に「反日国家」と書いてあれば、常識的には誤解しないものですが、……。
 本書は、日韓関係をどうとらえればいいか、歴史を踏まえつつくわしく論じたものです。各章の大まかな内容は以下に示すとおりです。

第1章 文在寅大統領には感謝したい
 文在寅大統領を中心とした韓国の考え方・ものの見方を解説しています。オーツの目には、ここはかなり常識的な内容のように感じました。
第2章 韓国と絶縁しても何も困らない
 観光を中心に日韓関係の現状を述べます。韓国の現状はいろいろと問題山積のようです。
第3章 反日? 親日? 韓国人の不思議
 韓国が反日的であることでいろいろな矛盾が生じていることを指摘しています。なぜこんなことになるかというと、やはり韓国人の歴史認識の問題が大きいようです。
第4章 なぜ韓国に媚びたい日本人がいるのか
 媚韓発言をする日本人がけっこう多いわけですが、そういう人にはきちんと反論しなければなりません。
第5章 1時間で読める日韓関係の2000年
 神功皇后からの朝鮮半島の長い歴史をコンパクトにまとめています。日韓関係がいろいろな紆余曲折を経てきたことがわかります。
第6章 日韓基本条約を否定したらどうなる
 日韓基本条約の締結に至るまでの歩みを説明します。さまざまな記録文書を示しながらの記述です。オーツは、今まであまり知識がなかったこともあって、大変興味深く読みました。条約締結前のさまざまな議論を知ることはとても大切なことです。こういう流れを知ると、日韓基本条約を否定するなんていかに無謀なことかがわかります。

 全体として、今までとこれからの日韓関係に興味がある人は一読する価値があると思います。


posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする