2020年05月31日

もり太@落合南長崎で厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食を食べる

 落合南長崎にある居酒屋「もり太」では、以前にも刺身盛り合せ定食を食べたことがあります。
2020.4.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/474753317.html
 なかなかよかったので、また行ってみました。店の前には立て看板があって、5種類の定食がメニューとして横書きで書いてありました。そのうち3種類が(二つの主菜の一つとして)刺身が提供されていました。オーツは、その中から、厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食 800 円を食べることにしました。
 店に入って、黒板の(縦書きの)メニューを見ると、一番右側にこれが書いてあるのですが、読み上げるのが(長くて)面倒なので、店の人には「一番右側」と言って注文しました。安易な注文法です。
 後から入ってきた人たちの注文を聞いていると、一品だけ簡略の料理名をいうスタイルが普通でした。この店はこういう注文のしかたになっているのでしょう。
 注文して待つことしばし。
 お盆にのって定食が出てきました。メインのお皿が2枚、それにご飯と味噌汁、漬物、青菜のおひたし、海苔の佃煮、メロン一切れです。800 円でこんなにいろいろ出てくるというのはうれしいものです。
 生姜焼きは確かに厚めの肉でした。2枚焼いてありましたが、けっこうな量がありました。しっかりした味付けでご飯が進みます。
 ぶりの刺身は5切れのっていました。大きめの切り身が3切れと小さいのが2切れでした。量的には十分です。普通、刺身というと全部の切り身のサイズをそろえることが多いと思いますが、なぜ2種類のサイズに切られているのか、不思議に思いました。また、オーツ的にはちょっとわさびが少な目に感じました。別途わさびをもらった方がいいかもしれません。
 味噌汁は熱くておいしかったです。具はワカメと豆腐でした。豆腐は小さなさいの目に切ってありましたが、出てきてすぐに食べたら、そんなに熱くないところがありました。お椀の中にワカメと豆腐を入れておき、あとから味噌汁をざあっと入れて客に出していることがわかります。具の量を客全員に公平に(同じくらいに)しようとすると、このやり方しかないのですが、それだと、食べ始めるときに少しだけ違和感がある場合があるのです。
 オーツの直後に入ってきた客が、すぐ右側のテーブルに座り、豚角煮とかつお刺身定食を注文して食べていました。こちらも見た目でおいしそうでした。
 この店のランチには満足できます。
 また来ようと思います。

もり太和食(その他) / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

江古田に旅館がある?

 オーツが江古田駅の北口を散歩していて、気がついたことがあります。浅間神社の周りに石柱が並んでいます。一つ一つに名前などが彫られています。おそらくそれなりの額の寄付をした人たちでしょう。
 それらをなんとなく見ていると、「旅館 金富久」というのを見つけました。さらには「旅館 湖美家」というのもありました。こういう寄進をするならば、浅間神社に近いところにあるに違いありません。江古田に旅館があるのでしょうか。いや、古い話だから、今はなくなっている(廃業した)かもしれません。
 ちょっと名前をメモしておいて、自宅に帰ってからネットで検索してみました。
 すると、cat さんのサイトがヒットしました。
http://www.ekoda.org/ekoda/donors/donor.html
石柱に書かれている名前を全部文字化しているではありませんか。恐れ入りました。
 その中に、「旅館 金富久」も「旅館 湖美家」も含まれています。さらに「江古田旅館」というのも見つけました。「江古田旅館…現「島津産婦人科病院」 東京都練馬区栄町32-12・北口・浅間通り沿い・居酒屋「若みや」向かい いわゆる「商人宿」だったそうです。」ということです。
 オーツは「あきんどやど」というのを知りませんでしたが、http://akindoyado.com/ には、以下のような説明が書いてあります。
商人宿の歴史は、江戸時代以前にまで遡ります。
通常の宿は宿泊のみの利用となりますが、商人宿は軒先で商売ができる宿となります。 商人はそこで稼いだお金を宿代にし、生計を立てていました。そんな商人が次から次へと宿を転々とできる宿が商人宿です。

 そんな仕組みがあったことすら知りませんでしたし、そういう宿の一つが江古田にあったことも知りませんでした。
 ネットで調べた限りでは、「旅館 金富久」も「旅館 湖美家」も、現在どういう状態か、わかりませんでした。おそらく営業していないものと思われます。営業していれば、ネットで検索すると何かがヒットしてくるものです。
 ちなみに、オーツが知っている江古田近辺のホテルは「フレックステイイン江古田」
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/20579/20579.html
https://www.jalan.net/yad378405/
https://travel.aumo.jp/hotels/6651
だけです。泊まったことがないので、どんなところかまったくわかりません。
 なお、江古田にはもう1件ホテルがあります。「末広ホテル」という名前で、新江古田駅から徒歩9分の位置にありますが、所在地としては新宿区西落合4丁目24-12になります。ただし、ここはファッションホテルというか、ラブホテルです。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

魚がし鮨@江古田南口で5人でランチ

 オーツは、妻と嫁と二人の孫と連れ立って、江古田南口にある魚がし鮨でランチに寿司を食べました。
 二人の孫は小学生ですが、学校にいけない日々が続いていて、遠隔授業の合間の昼休みを使って外食しようという話でした。
 オーツは、魚がし鮨に何回もいったことがあります。
 夜、飲みに行くのも安くておいしくてけっこう満足しています。
2019.2.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/464032459.html
2016.3.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/434635711.html
2013.11.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/379734452.html
2012.9.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/291791146.html
2009.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/133403762.html
 昼、ランチを食べたこともありますが、それはそれで安くておいしくてけっこうなことです。
2013.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/378823460.html
 今回は、にぎりランチ(680 円)を頼んだ人が3人、ちらしランチ(780 円)が1人、そしてオーツはにぎりランチ 1.5 人前(880 円)を頼みました。それぞれに味噌汁と温泉玉子が付いていました。これだけで十分といった内容です。
 普通に食べられます。
 この価格ですから、飛びきりおいしいというわけにはいきませんが、普通の寿司屋で普通に出てくるようなものが食べられます。それでいてこの価格ですから、大変おトクです。
 オーツは、二人の孫がどれくらい食べられるか、ちょっと心配でした。1人前というのは大人向けの1人前です。2年生の孫は、にぎりランチでしたが、温泉玉子だけ残しました。大人1人前が普通に食べられた他に、大人から玉子焼きとカッパ巻き1個(ワサビ付き)をもらって食べました。4年生の孫は、ちらしランチでしたが、ドンブリの上にのっているネタをもっぱら食べ、ご飯はかなり残しました。でんぶも残していました。
 こういうことで、小さいと思っていた子供が寿司がいろいろ食べられるようになったのだなあと感慨を覚えました。子供たちを回転寿司に連れていくと、けっこう偏ったものしか食べなかったりするのですが、セットものの寿司でも(サビ抜きにすれば)食べられるということを知りました。
 オーツの場合、魚がし鮨にいくときは夜が多くなっています。居酒屋代わりに利用する感じです。ランチにセットものの寿司を食べてもいいのですが、それを食べるよりは回転寿司にいって好きなネタを食べるほうがいいように思います。
 江古田で寿司を食べるなら、この店くらいしか選択肢がないように感じています。

魚がし鮨 江古田店寿司 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:48| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

峯村健司(2019.9.30)『潜入中国』(朝日新書)朝日新聞出版

 オーツが読んだ本です。「厳戒現場に迫った特派員の2000日」という副題がついています。
 著者は朝日新聞国際報道部の記者です。中国の特派員として長年活動してきました。中国語が達者なようで、本書で扱われる話題も大半が中国です。中国の中でも特に中国軍の話がメインになっています。本書のタイトルは「潜入中国」ですが、「潜入中国軍」でもよかったかもしれません。
 記者といえど、軍隊の中を探るのは容易ではありません。スパイと見なされれば、すぐに逮捕され、場合によっては懲役刑、さらには死刑になるかもしれません。そういう危ない橋を渡りながら、中国軍の真実を追い求めています。ジャーナリストとして意義のある活動だと思います。しかし、やはり「取材」を通してしか中国軍の中はのぞけないわけで、その意味では限界があるのも事実です。
 本書の最後には、「最後の中国特派員になるかもしれない」とあります。つまり、これからはこのような取材はできず、中国の中がだんだん見えにくくなっていることを述べています。軍隊の場合は全部をガラス張りにはできないのもわかりますが、そういう何だかわからない軍隊が日本のそばにあるということは、日本人にとっては不安の種です。中国軍は、中国という国の軍隊ではなく、共産党の軍隊ですから、共産党支配が終わらない限り、中国軍がずっと残ることになりそうです。
 本書を読んで、中国軍の実態の一部が垣間見えたような気がしました。
 本書の目次は以下のようなものです。

序 章 異形の超大国は何を目指しているのか〜現場から見た急速な近代化の足元
第1章 中国軍の強さともろさ〜新型ステルス戦闘機の実力
第2章 サイバー空間を占拠せよ〜戦力と戦略の実態
第3章 宇宙開発への野望
第4章 世界最大規模のスパイ活動
第5章 中国、海軍大国への胎動〜ルポ「空母建造」の現場潜入
第6章 国境から見た北朝鮮〜「血の同盟」の実態
第7章 組織で見る中国軍の実像
終 章 最後の中国特派員になるかもしれない〜縦横無尽に取材のできた時代

参考記事:
https://diamond.jp/articles/-/219207


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(11回目)

 江古田南口にある「さかなのおいしい味せ わさび」はオーツのお気に入りの店です。
 前回、ブログ記事に書いたのは去年のことでした。
2019.10.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/471093022.html
 最近、息子が電話してきて、ちょっと飲みたいというので、わさびに行くことにしました。
 18:10 くらいに店に入りました。
 店を出るときに、領収書と一緒に明細書をくれたので、それを見ながら、当日飲み食いしたものを書いておきましょう。明細書の記載とメニューの記載が違っているところがありますが、メニューを優先して書きます。
 食べたものは、お通し(フジッリ)300 円×2、新玉ねぎスライス塩ドレ(オニオンスライス)480 円、穴子白焼 700 円、タコ唐揚 550 円、ネギマ串焼き(2本)塩 400 円、刺身2名盛 1,980 円、あら煮 450 円、宮崎EMO牛コロッケ 700 円、セロリお新香 480 円でした。
 オーツがおいしいと思ったものは、あら煮です。魚のあらがたっぷり出てきました。2人で食べて大満足の量でした。ネギマも焼き立てでおいしかったですね。
 刺身は、たっぷり出てきて、これまたおいしかったのですが、時間が経つと下に入っている氷が溶けてきて、容器が水浸しになってきます。刺身が水に浸るようになるとイマイチになります。さっさと食べればいいのですが、ちょっとせかされるような気分です。いろいろつまみを食べているので、刺身だけに集中するわけにもいきませんでした。
 オーツが飲んだものは、日本酒ばかりで、獺祭(純米吟醸)1,000 円、田酒(特別純米)850 円、浦霞(純米)640 円でした。
 息子が飲んだものは、生ビール中(スーパードライ)580 円、生レモンサワー 450 円、ハイボール(ブラックニッカ)430 円、ハイボール(ジャックダニエル)550 円×4でした。けっこう飲むものですが、若くて体力があるからこれくらい平気なのでしょう。
 それにクーポンを持参したので、焼酎を各1杯無料でもらいました。
 ここまでの小計 12,490 円に消費税10%がのって、13,730 円でした。
 明細書が付いてきたので、明朗会計です。以前は明細書がなかったように思いますが、この点は改善されたというべきでしょうね。
 店を出たときには、20:40 になっていました。2時間半いたことになります。平日ということとコロナ自粛の影響で、店内はあまり混んでいませんでした。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


続きを読む
posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

万歩計を付ける場所

 オーツは、万歩計を付けて日常生活を送っていますが、万歩計の歩数の表示がおかしいという問題がありました。
2019.11.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/471703514.html
このときは、パンツの種類によって万歩計の表示が異なるのだという結論に達しました。
 その後、しばらく万歩計を使っていたのですが、最近、やっぱり万歩計の表示がおかしいということになってきました。
 妻に新たに万歩計を2個買ってきてもらいました。腰に付けるタイプは、加速度の検出精度を変えられるタイプです。ポケットに入れるタイプは、加速度の検出方向が3次元で、つまり万歩計がどういう向きをしていても加速度が検出できるというスグレモノです。これで万歩計が合計3個あります。それらを同時に身につけて、200歩くらい歩いて、表示がどう変わるかを調べたりしました。その結果、万歩計を腰に付けるとき、どの位置に付けるかで結果が変わってくることがわかりました。万歩計の表示は、パンツのヒモのきつさの問題だけではなかったのです。
 時計を用いて腰での位置を示すことにしましょう。前(へそのあたり)を12時とします。背中が6時です。右の脇腹が3時、左の脇腹が9時です。(こういうのを「クロックポジション」というようですね。オーツは Wikipedia で知りました。)
 今まで、オーツは万歩計をだいたい2時くらいの位置に付けていました。歩数を確認するのにも楽ですし、前面に位置しますから、意識しやすく、間違って万歩計を落とす危険も少ないように思います。
 ところが、このくらいの位置だと、ちょっと突き出た腹の影響で、万歩計が垂直の位置にセットできず、やや斜めに傾いてしまいます。これが歩数の計測に悪影響を与えます。万歩計は、自分に加わった加速度をセンサーで感知する仕組みになっています。万歩計が斜めに付けられると、上下方向の加速度が小さくなり、結果的に歩数が小さめに出るというわけです。
 いろいろ試した結果、4時くらいの位置がよいということになりました。だいたい横腹よりも少し背中側がいいということです。3時くらいの位置でもいいのですが、和室でごろりと横になってテレビを見るとき、万歩計が腰にちょっと当たって、不都合です。痛いほどではないですが、万歩計に体重がかかる形はよくないと思います。
 こうして、一時はポケットに入れる万歩計と脇腹に付ける万歩計の両方を使っていた時期もありました。両者がだいたい同じ歩数を示すことも確認して、これがほぼ正しい歩数だろうと思いました。両方を使っていると、ポケットに入れるタイプは若干じゃまな感じがします。それよりも脇腹に付けるタイプのほうがいいということになりました。
 最終的には、万歩計1個だけを脇腹(4時の位置)に付けて生活しています。
ラベル: 万歩計
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

吉野家 江古田南口店でサバを食べる

 前回、江古田南口にある吉野家に行ったとき、焼魚としてシャケを食べて、イマイチだと感じました。
2020.5.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/475011918.html
 吉野家ではサバも提供しています。そこで、サバはどうだろうと思って、試しに食べてみました。
 「あったか朝定メニュー」の一つに「塩鯖納豆定食」458 円
https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/shiosaba-natto-tei/
というのがありました。これでも十分な一食です。
 ついでに、味噌汁をとん汁に変更してもらいました。追加料金 121 円です。
 まもなく、塩鯖納豆定食が出てきました。塩鯖は、焼いたものではなく、これまた湯煎でしょう。一応は食べられますが、イマイチの感じがしました。大根おろしも付いてきましたが、完全にすりおろしておらず、一部大根の粒が残ったままでした。シャケと同様サバも今後食べるのは遠慮しようと思います。
 期待値よりもずっとおいしかったのがとん汁です。豚肉の他に、ゴボウ、ニンジン、サトイモ、ダイコン、コンニャクなど、具材がたっぷり入っており、とん汁特有のまろやかな旨味が感じられて、これはおいしいと思いました。
 前回もらった30円引きのクーポンが使えましたので、458+121-30+税54=603 円になりました。
 まあまあといったところです。
 焼き魚は2回試してそれぞれイマイチだったわけですが、メニューに「鯖みそ定食」598 円というのがあることに気がつきました。同じサバでも、焼き魚と煮魚では違うし、仮に湯煎で温めていたとしても、鯖みそ煮であれば、特に問題はないと思えます。
 ということで、もう一度吉野家に行き、鯖みそ定食を食べてみました。
https://www.yoshinoya.com/menu/set/sabamiso_tei/
 こちらは正解でした。煮物ですから、再度温めても、まったく問題ありません。おいしくいただきました。漬物もたっぷりで満足しました。味噌汁は味がイマイチだったでしょうか。全体として、657 円というのはそんなものでしょう。
 では、これを継続的に食べるかということを考えてみると、それはないように思います。
 オーツが江古田近辺でランチをいろいろ食べ歩いた経験によれば、このくらい出せばおいしいランチが食べられるものです。
 たとえば、東長崎の「居酒屋 秀ちゃん」の塩サバ焼定食なら、600 円で食べられます。
2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
それと比べると、吉野家の鯖みそ定食は「?」です。わざわざここで食べるほどではありません。
 最近の吉野家は、牛丼以外のメニューがいろいろあるようですから、順次他のメニューも試してみたいと思います。
 吉野家では、Tポイントが使えて、貯まるのですね。以前からそうだったのですかね。よく覚えていませんが。

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

八幡和郎(2020.3.1)『歴史の定説100の嘘と誤解』(扶桑社新書)扶桑社

 オーツが読んだ本です。「世界と日本の常識に挑む」という副題が付いています。
 100項目の定説というか常識に対して、それは間違いだと述べるスタイルで書かれています。1項目2ページという分量が厳密に守られているので、区切りがはっきりしていて、トイレに置いておいて、用足ししながら読むのにピッタリでした。
 とはいえ、オーツは世界史も日本史もよく知らないので、定説の方さえも知らないことが多く、それを批判する見方は、いよいよ珍しいもの、まったく知らない新学説としかいえませんでした。
 書き方として「嘘と誤解」が何であるかを明示する書き方の方がいいように思いました。たとえば、31「江戸300藩の大名は愛知県出身者が過半数」という項を例に挙げましょう。著者の主張は「大名は愛知県出身者が過半数」ということですが、では、定説として広まっている嘘(誤解)は何でしょうか。関東出身が多いということでしょうか、全国バラバラだということでしょうか。本書中には明示されていません。
 おそらく、本のタイトルが後から付けられたのでしょう。だから、著者が各項を書き進めるときは「こんな意外なことがある」とかいうことで、おもしろコラムを2ページで書いたと思われます。最後に編集者か誰かがこういうタイトルにしたことで、ちょっと誤解しやすいことになってしまいました。
 著者の博識には驚くばかりです。その意味ではおもしろい本だということになります。
 目次は以下の通りです。
 第1章 日本古代史―古代史に謎などない―1-10
 第2章 日本中世史―愛と欲望に生きた中世人―11-20
 第3章 日本戦国史―信長・家康より秀吉―21-30
 第4章 日本江戸時代―江戸時代礼賛論の死角―31-41
 第5章 韓国史―韓国は日本の兄という嘘―42-49
 第6章 中国史―中華思想史観の虚構―50-60
 第7章 西洋史T(古代・中世)―誤解だらけの西洋史―61-71
 第8章 西洋史U(近世)―米国独立と仏革命の裏側―72-80
 第9章 世界と日本の近代史―明治日本の世界史的偉業―81-89
 第10章 世界と日本の現代史―平成日本の危機と世界史―90-100


posted by オーツ at 06:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

道路にはみ出した植木

 オーツが自宅の周りを散歩していたときのことです。
 「勝手に木を切るな 野方警察署に話し済 持主」という掲示を見つけました。

ki1.JPG

このメッセージが板に書かれて、フェンスに縛り付けられていました。そばを見ると、自宅内の敷地に植えられた木の枝や葉が道路の方に伸びており、道路を歩く人にわずかにじゃまになっているようです。
 そんなこといえば、写真で見えるように交通標識の柱も歩行者にとってじゃまではありますが、まあこちらは正式に許可を取っているでしょうから、問題にはなりません。(鉄でできているから簡単には切れません。)
 おそらく、この道路にはみ出している植木を(通行にじゃまだからということで)切ってしまった人がいるのでしょう。持ち主はそれに対して怒っているものと思われます。

ki2.JPG

 ところが、周辺を見ると、実は(隣の敷地ですが)もっと大きな木があって、道路にもっとはみ出しているのですね。こちらは背が高い木ですが、道路側に2メートルくらい出っ張っています。背が高いからクルマの通行にもあまりじゃまになっていないように思いますが、台風のときなど、電線を傷つけるようなことがありそうです。
 他人が勝手に植木を切るのはまずいですが、こんなふうに伸ばし放題なのも気になります。

 しばらく前の話ですが、オーツの近所で、4メートル道路に向かって2メートルくらい枝を伸ばしていた植木(というか草でしょうか)がありました。雨で濡れると雨の重さで枝が下がってきます。道路を歩くのにもじゃまだし、クルマで通るたびに葉っぱがフロントガラスにぶつかり、気になっていました。まあ「枝」といってもそんなに固いものではなく、「草」レベルの長い茎が伸びているだけだったんですが、20本くらいあり、ゆらゆら動くので、ちょっと近寄りがたい感じでした。
 オーツは、写真を撮って、持ち主に苦情を言おうかと思っていたら、あるときその邪魔物がバッサリと切られていて、楽に通行できるようになってしまいました。
 近所迷惑にならないように、植木の持ち主は常に注意しておかなければならないものですね。
ラベル:道路 植木
posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

漁師のあぶり家@江古田南口で晩酌盛りをテイクアウト

 オーツは、オンライン飲み会に参加しました。zoom でつながりながら、それぞれの居場所で飲み物・食べ物を用意して、おしゃべりを楽しもうという趣旨です。
 オーツは自宅からの参加でしたから、飲み物は普段から飲んでいるものを冷蔵庫から出して、そのままパソコンの前まで移動させるだけです。いつも通りです。
 問題は食べ物です。台所で用意したものをパソコンの前まで運ぶ手もありましたが、時間と手間がかかる問題があることに加え、パソコンがのっている机が狭く、そんなにあれこれ置くことができないという問題もあります。
 そこではたと思いついたのが、自宅周辺の散歩の途中で気付いた「漁師のあぶり家」のテイクアウトです。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13208200/
 オーツは何回かここでランチを食べたりしましたが、最近は新型コロナの影響でテイクアウトもやっています。
 オーツが店の前を通りかかったのは朝の時間帯でしたが、店の前の道路に面したところにテーブルが出されており、それに貼り紙がしてあって、晩酌盛り 980 円と書いてありました。料理10品が入り、ご飯がないということで、まさに晩酌向けです。アルコールを添えれば、そのままで飲み会の食べ物になります。ご飯を添えれば弁当です。
 飲み会が予定されていた日のお昼に店に電話して、6時ころ取りに行くということで予約しておきました。
 夕方、ちょっと霧雨のようなものが降っていましたが、オーツは自転車で店まで往復して1個を買ってきました。

aburiya.JPG

 晩酌盛りは、いろいろな料理が詰め合わせになっていて、それぞれが少量ずつです。まさに晩酌向けにピッタリです。
https://picbabun.com/media/2310846539301568119
 また、全体が一つの容器(テイクアウト用の弁当箱)に入っているので、パソコンの隣にポンと置いておいてもじゃまにならず、食べた後に片づけるのも楽です。
 飲み会の当日は、時間の関係もあって、とても全部は食べきれませんでした。残ったものは翌日食べました。刺身とかが含まれていなかったので、翌日でも全然問題はありませんでした。
 このセットは、いろいろ入っていますから、2人で食べてもいいくらいに感じました。自宅で食べるなら妻と食べることになりますが。
 今回オーツが食べたものの中では、ローストビーフがおいしかったと思います。3切れが入っていました。
 漁師のあぶり家は、基本的に居酒屋です。飲んべえの心意気がわかっています。だからこんなテイクアウトを用意してくれたのでしょう。980 円はおトク価格だと思います。

 このブログでは「弁当マイナスご飯」がほしいと書いたことがあります。

2013.4.15 「弁当マイナスご飯」は売っていないものか
    http://o-tsu.seesaa.net/article/355456412.html
2015.7.24 「弁当マイナスご飯」を売っている!
    http://o-tsu.seesaa.net/article/422899474.html

 2013.4.15 の記事は列車に乗るときの話ですが、オンライン飲み会という全然別の状況にも当てはまる話です。
 2015.7.24 の記事は下高井戸のスーパーの話でした。江古田ではそういうものを見かけませんでしたが、漁師のあぶり家のテイクアウトは「弁当マイナスご飯」に相当すると思います。

 新型コロナウイルス感染症による営業自粛の件が終息したら、このテイクアウトもなくなるのでしょう。ちょっと残念ではあります。

江古田 漁師のあぶり家居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

区と City と Ward

 オーツが自宅の周りを散歩しているときに気がついたことです。
 道路(の上)に出ている練馬区の看板(区の境界線上にあり、ここから練馬区だということを示している)を見たら Nerima City と書いてありました。おもしろいのは「City」の部分が新たに書き直されていたことです。何かから City に書き換えられたわけです。
 オーツがその昔英語での住所表記を習ったとき、「区」は Ward とするように言われましたが、今は違うのでしょうか。
 気になって、散歩しながらあれこれの看板類を見てみると、中野区も Nakano City、新宿区も Shinjuku City、豊島区も Toshima City という書き方がされています。
 いつの間に変わったのだろうと思い、ネットで検索してみると、「区」は City か Ward かという問題を論じた記事がいろいろ見つかりました。

https://backnumber.dailyportalz.jp/koneta04/08/20/02/
https://www.toishi.info/email/address.html
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q146162959
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1689104.html

 東京の場合は、今や、Ward よりも City が普通になったようです。オーツの常識はすでに古くなってしまいました。
 それにしても、考えてみるとおかしな話のように思いました。
 東京のように「東京市」がなく、区の上は「東京都」になってしまう場合と、「横浜市」や「広島市」のように区の上に「市」がある場合では、「区」を表す英語が違ってくるのでしょうか。その場合、日本語では同じ「区」なのに、英語で表記する場合に違ってくるなんて、いかにも不統一だと思います。
 ちなみに、オーツが住所を英語で書く場合は、○○-ku と書くようにしています。日本語のローマ字表記が最も間違いが少ないと思うからです。
ラベル:東京 city Ward
posted by オーツ at 05:48| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

さがら@東長崎南口で日替わりランチを食べる

 東長崎南口にあるさがらには、以前にも行ったことがあります。
2020.4.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474681590.html
オーツは1回行っただけでファンになりました。そこで、また行ってみようと思いました。
 何か、刺身の類を食べようと思っていました。前回食べられなかった「肉じゃがとマグロ刺身定食」でもいいかなと胸の中で思っていました。
 11:30 にお店に入って、カウンターの上のボードを見ると、今日のランチとして「メンチかつ カンパチ刺身」と書いてありました。なるほど、日替わりランチの一品として刺身類になることもあるわけです。であれば、今日は日替わりランチにしようということになりました。
 出てきたメンチカツは、かなり大きめで、半分にカットされていました。カラシもたっぷり添えられています。お皿には、キャベツの千切りとマカロニサラダ、トマトが付け合わせになっていました。テーブルの上にあるソースをかけて食べてみると、これが「うまーい」ものでした。揚げたてのメンチカツってこんなにおいしいのかと思うくらいです。そういえば、オーツはしばらくメンチカツを食べていないように思います。(揚げ物は食べることが少なくなっていますし、……。)それも影響していると思いますが、実に絶品です。
 カンパチの刺身は4切れ出てきました。けっこう厚めの切り方です。食べた結果では4切れで十分でした。ワサビもたっぷりついてきて、よほどのワサビ好きでも残すレベルでしょう。
 味噌汁がまたおいしかったです。味噌汁が熱くて、ダシがきいていると、食べた実感があります。具としては、油揚とタマネギがメインで豆腐はわずかかと思いましたが、汁を飲んでいくと最後に豆腐がたくさん現れました。お椀の底に沈んでいたのですね。ソコまでは気がつきませんでした。
 こんなことでおいしい昼食を楽しむことができました。
 これで 700 円ですから、大変おトクです。
 これからも何回かさがらに来ようと思いました。日替わりランチの一品が魚であれば、それを頼み、そうでなければ、メニューから適当な定食を頼むという方針がいいように思いました。

さがら定食・食堂 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

郵便ポストが並んで設置されている

 オーツが自宅周辺を散歩して、不思議なものを見つけました。江古田の七不思議の第3弾です。
 それは郵便ポストです。

post1.JPG

 このポストは、中野区江原町1-13-15 にあります。ポスト番号は 1-16 です。何が不思議かって、二つのポストが並んでいることです。差し出し口は違う方向を向いていますが、互いの距離は数十センチといったところでしょうか。それぞれ足が地面に固定されています。
 オーツはこんなふうに並んで設置してある郵便ポストを初めて見ました。二つとも現役の郵便ポストとして使われています。
 二つのポストは何が違うのでしょうか。
 一つは、やや旧型です。

post2.JPG

 左右の差し出し口の大きさが同じで、昔はこんなポストが普通でしたが、最近は見かけることが少なくなってきました。
 もう一つは新型です。

post3.JPG

 これは、今あちこちで普通に見かけるタイプです。左側の手紙やハガキを入れる穴が小さくなっています。
 なぜ、こんな近い距離に二つのポストを並べて設置したのでしょうか。普通、ポストというものは一定程度の距離をあけて設置するものです。二つを並べるというのは珍しいと思います。
 旧型のポストを新型のポストに交換する場合は、当然同じ場所に一つだけ設置するものです。
https://www.excite.co.jp/news/article/B_chive_neta-post-installationbasis/
 この記事によれば、ポストを新たに設置するときは 400 メートルとか、住宅地は 250 メートルとかの範囲に他のポストがないことを基準の一つにしているようです。
 というわけで、こんなふうに二つのポストが並んでいるのは珍しいということになるわけです。
 このポストは住宅街の一角にあり、クレディセゾンユビキタスのビルがそばにありますが、このポストでそんなにたくさんの郵便物を発送するとも思えません。もしも、この会社がポストに入りきれないほどの大量の郵便物を出す場合なら、ポストに押し込むよりも郵便局に持っていくでしょう。区の境界を越えますが、豊島南長崎六郵便局(豊島区南長崎6-9-12)が徒歩5分のところにあります。
 ネットで検索すると、次のような記事がありました。
https://www.postmap.org/map/57113
 2007.9.28 にはすでに二つのポストが並んでいたことがわかります。二つのポストには 1-16 と 1-17 という番号が振られていることもわかります。

 なぜ二つのポストがこうなっているのか、オーツには想像すらできませんでした。そこで、オーツは中野北郵便局に電話して聞いてみました。すると、集配課の方から次のようなことをうかがいました。以前、クレディセゾンが大量に郵便物を差し出していた時期があり、そのため、クレディセゾンの敷地内に郵便ポストが増設されたという経緯だそうです。(今は、郵便局でない別の業者に発注しているようです。)そして、そのうちポストの一つが撤去される予定だそうです。せっかくの珍しいものが消えてしまうようです。

 なお、オーツの考える江古田の七不思議の二つについては、以下のブログ記事を参照してください。
2020.5.15 バス停の屋根の穴
    http://o-tsu.seesaa.net/article/475097524.html
2020.4.28 新江古田駅前バス停の不思議(1)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html
posted by オーツ at 04:24| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

味源亭@東長崎北口で日替ランチを食べる

 オーツは東長崎駅の周辺の中華の食堂のうち、行きたいところにはだいたい行ったと思っていました。そこで、「東長崎の中華のランチ」というブログ記事も書いてしまいました。
2020.3.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/474133717.html
 しかし、自宅周辺の散歩を続けているうち、東長崎の駅前に「味源亭」という店があることに気がつきました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13213969/
 もともとは「佰億」という店だったところです。オーツはうっかりしていました。
 先日、ランチを食べに行ってみました。この店は東長崎駅の北口の広場の端っこのあたりの2階にあります。店先の路上に黒板のメニューが出ており、3種類の日替ランチが 550 円で提供されることがわかります。

migentei1.JPG

 どれでもよさそうだけれど、オーツはBランチ「長葱と豚肉の炒め」を食べることにしました。
 店に入って、小さなテーブルに着き、お店の人が冷水のポットを持ってくるタイミングで注文しました。
 テーブルの上には 680 円の定食類のメニュー1枚が置いてありました。いろいろおいしそうな料理が並んでいます。これでも十分安いと思いますが、日替ランチはさらに 130 円も安いわけで、これには頭が下がります。
 注文してから数分後にはお盆にのって日替ランチが出てきました。実に手早です。

migentei2.JPG

 主菜の他に、ご飯、中華スープ、ザーサイ、杏仁豆腐がセットになっています。
 中華スープが味噌汁のお椀に入って出てきたのはちょっと興ざめです。しかし、レンゲが付いていて食べやすくなっています。まずスープからアタックしました。いざ、食べてみると、これがおいしい。玉子と豆腐が入り、とろみが付いているスープで、しかもかなり熱くて、オーツの好みにピッタリです。味噌汁のお椀に入って出てきたマイナス面をカバーしています。
 主菜もたっぷりしていました。長葱と豚肉以外に、キクラゲ、タマネギなども一緒に炒められていました。味付けがまたよくて、これは中国人の料理人が作る中国風の中華料理です。
 ご飯もアツアツでおいしかったです。けっこう大きな丼で提供されましたから、普通の意味で「大盛り」レベルだと思います。
 しかも、ご飯とスープはお替わりできるとのことなので、オーツはお替わりを頼みました。ご飯のお替わりは少な目にしてもらいました。さすがに大盛り2杯は無理です。
 スープの2杯目は、どういうわけか、あまりおいしく感じませんでした。1杯目と同じスープなのに、こんなことがあるのですね。お替わりを頼まず、1杯目だけで終わりにしておけば、好印象だけが残ったのに、残念でした。おそらくオーツがいろいろ食べていたので、舌の感覚が微妙に変わっていたのだろうと思います。
 ザーサイと杏仁豆腐は普通でした。(それぞれおいしく食べました。)
 一通り食べ終わって、お店の人に聞いてみると、コーヒーが1杯無料とのことです。コーヒーマシンからのセルフサービスですが、ICE と HOT が選べるということで、オーツの好みで ICE を選びました。コーヒーカップは両者兼用です。近くのアイスペールから氷を2個カップに入れ、コーヒーの出口のところに置きました。
 表示上は ICE とありましたが、カップを自席まで運ぶと、氷がすぐに溶けてしまい、オーツが飲もうとすると、アイスコーヒーがぬるいものになっていました。そこで、氷をさらに2個カップに入れ、ストローでかき回しました。今度は冷たくてよかったのですが、コーヒーの味が薄くなってしまいました。どうも、この店はアイスコーヒーよりもホットコーヒーの方がよさそうです。
 まあ、それにしても、550 円でこんな食事ができるわけですから、コーヒーがイマイチだったとしても文句は言えません。コーヒーなしで考えても大変なコストパフォーマンスだと思います。
 オーツは、普天河の 560 円のランチが東長崎の最安値かと思っていましたが、そうではなく、味源亭の 550 円が最安値だというわけです。
 いい店に出会いました。オーツが散歩で通りかからなければ気付かずじまいだったかもしれません。朝の散歩はこんな意味でも有意義なものです。

味源亭中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

LEAN BODY の広告

 オーツがいろいろなネット内の記事を読んでいると、各種の広告が表示されます。
 たいていは無視しているのですが、中には、思わず目を引くものがあります。
 最近気になるものが LEAN BODY の広告です。
出典=https://tpc.googlesyndication.com/simgad/12021427306102357390

LEANBODY.png

 この広告で何が目を引くかといえば、二つです。
 一つは、左から2人目の女性が若くてかわいらしく、にっこり微笑んでいることです。若い女性の笑顔はいつでも目を引きつけるものです。
 もう一つは、写真に写っている6人の「違い」です。特に、左から2人目の女性と、中央の黒人の男性でしょう。男性の腕の太さと女性の腕の細さの違いはすごいものになります。ウエストの太さは、男性のシャツで隠されていますが、男性が太く、女性が細く見えます。ずいぶん違います。
 二人の足を見れば、男性の方が手前で、女性が奥ですから、カメラとの距離の違いで手前の男性が大きく写っているともいえます。身長を見ても、男性が高く、女性が低いのは明らかです。しかし、二人の顔の大きさがあまり違わないので、二人の前後の位置関係はそんなに違っておらず、カメラからほぼ同じくらいの距離にいるのではないでしょうか。写真における身長の違いは、元々の人物の身長の違いなのではないでしょうか。
 というわけで、おそらくこの二人は腕の太さ、ウエストの太さが実際こんなに違っているものと思えるのですが、こんなにも太さが違うのだなあと感心してしまうのです。
 オーツの目の錯覚であればいいのですが、……。
 もしかして、写真を撮るときの技術で前後の間隔を小さく見せるように撮影したとか、撮影後に人物の大きさを調整したとかいうことがあるのでしょうか。
ラベル:写真 広告 LEAN BODY
posted by オーツ at 03:32| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

がってん寿司 新宿西落合店で日替わり満腹1.5人前握りランチを食べる

 江古田にはあまり寿司屋がありません。オーツがよく行くのは魚がし鮨で、2番目は……、いやありません。ちょっと離れた銚子丸、スシロー、かっぱ寿司あたりの回転寿司にクルマで行くのが普通です。
 あるとき、自宅の周りを散歩していたら、がってん寿司 新宿西落合店まで行ってしまいました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13041554/
店の脇に大きなポスターが貼ってあって、おいしそうな寿司の写真が含まれており、1.5人前の握りランチが 920 円(税別)、日替わり握りランチが 850 円(税別)と書いてあります。このくらい安ければ気楽に食べられるなあなどと思ったのでした。
 そこで、あるとき、11:30 の開店時刻をねらって店に行ってみました。
 お店は2階にあります。階段を登ってドアを開け、店員に案内されて奥のカウンターに向かいました。ところが、途中で水が床にこぼれていて、オーツの靴がそこで滑り、あやうく転びそうになりました。こんなことで店に悪い印象を持ってしまいました(本質的なことではありませんが)。
 さて、カウンターに座ってメニューを見ると、日替わり満腹1.5人前握りランチがあります。
https://www.gatten.co.jp/contents/images/news/246_%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%93%E5%AF%BF%E5%8F%B8%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E6%98%A5%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%B9%B3%E6%97%A5%EF%BC%89_%E6%A0%A1%E4%BA%86%E5%8A%A0%E5%B7%A5.jpg
中身は、12巻+1本だそうで、まぐろ、いか、サーモン、本日の白身2品、甘えび、えんがわ、本日の巻物、本日の貝類、げそ、本日の光物、赤えび、厚焼き玉子と書いてありました。タブレット端末を使ってこれを注文しました。
 最近は、回転寿司でもタブレットを使う店が多くなり、回転レーンに寿司が流れなくなっています。時代が変わってきたことを感じます。この店でも回転レーンには寿司がほとんど流れておらず、客はみんなタブレット端末で注文していました。
 席に案内してくれた店員さんによると、この店はランチのとき味噌汁が無料で付くという話です。セルフサービスです。コーナーに寸胴鍋が置いてあるので、オーツはさっそくお椀に1杯盛ってきました。ランチセットが出てくるまでに、味噌汁を飲み始めました。しかし、残念ながら熱くありません。むしろぬるいといったほうがいいでしょう。オーツは熱い味噌汁をフウフウいいながら食べるのが好きです。これは残念でした。
 味噌汁のコーナーには寸胴鍋が二つ置いてありました。オーツが取ったほうだけがぬるくて、他方は熱いかもしれないと思い、お替わりでもう一方も試してみましたが、温度は同じでした。
 こういう味噌汁と一緒に寿司を食べることになると、テンションが下がります。
 まもなく、寿司が大きな四角い皿にのって手渡されました。大皿の迫力に圧倒されます。
 オーツは、ワサビがほしかったので、板前さんに申し出ると、小皿にかなりたっぷりとのせてくれました。
 味噌汁が期待していたほどでなかったので、オーツは、粉茶と熱いお湯を湯飲み茶碗に入れてかき混ぜて、お茶を飲みながら寿司を食べることにしました。
 寿司の方はおいしくいただきました。赤えびが特においしいと思いました。量もそれなりにあって、けっこうおなかにたまります。
 普通に食べられる寿司だと思います。1,012 円というのはそんなものでしょう。
 オーツは12時ころに店を出ました。この時間になると店内はけっこう混んでいました。このあたりには寿司屋はこのがってん寿司しかなさそうで、競合店がないだけにこの店が繁盛するということでしょう。
 オーツの再訪はなさそうです。この店で食べるくらいなら、銚子丸の方がいいと思います。

がってん寿司 新宿西落合店回転寿司 / 落合南長崎駅東長崎駅新井薬師前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:22| Comment(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

バス停の屋根の穴

 オーツが江古田近辺を散歩していて気がついた江古田の七不思議の2番目の話をしましょう。
 1番目については、先日のブログ記事で書きました。
2020.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html
 目白通りを歩いていたら、中12系統の「江原中野通り」というバス停がありました。中野駅行きのバスが発着します。つまり、東方向行きであり、バス停は目白通りの北側に位置します。
https://busmap.info/busstop/78452/
 なお、この記事では「江原町中野通り」と書いてありますが、バス停の標識には「江原中野通り」と書いてありました。都営バスでは、今話題にしているバス停と交差点をはさんで点対称の位置に「江原町中野通り」という名前のバス停がありますが、関東バスでは「江原中野通り」と「町」がない名前を使っています。
 さて、このバス停、屋根付きの立派なバス停なのですが、その屋根を見て驚きました。大きな穴が2箇所空いているのです。

basutei3.JPG

 これはバス停の東側から撮った写真です。カメラを西の方向に向けて撮影しました。

basutei4.JPG

 こちらはバス停の西側から東を向いて撮影しました。やや見上げる方向にカメラを向けました。
 いずれの写真でも、二つの四角い大きな穴が見えます。きれいに開いているので、何かがぶつかったわけではなく、設置時点で工事担当者が切り取ったものでしょう、たぶん。
 なぜこんな大きな穴が空いているのでしょうか。これがわからないので、オーツは江古田の七不思議の2番目として考えたいわけです。
 屋根の目的を考えると、一般には雨が降っても人にかからないようにするためでしょう。また、夏などは、強い日射しを避ける意味もあるかもしれません。であれば、屋根に穴を空けるというのは本来の屋根の機能を損なうことであり、おかしい話だといえます。
 もちろん、植木があるために屋根に穴を空けるほうがいいという場合もあるかもしれません。たとえば、以下のような場合です。
https://twitter.com/chiba_akihito/status/1180746724463136768/photo/1
 「江原中野通り」のバス停の近くには、目白通りに沿って植木もあるので、もしかしてずっと昔はこのバス停の穴の位置に植木があったのでしょうか。その後植木が撤去されて屋根の穴だけが残ったということが考えられます。植木を撤去すれば、穴を塞ぐのが常識ですが、もともと屋根に穴が空いていたわけですから、わざわざそれを塞ぐような「修理」をする必要はなく、元のままにしたのでしょう。お役所的感覚でいえば、最初から穴があるような設計であれば、あとで(お金をかけて)わざわざそれを塞ぐようなことはしないものでしょう。でも、それでは使い勝手が少し悪くなるものです。
 このバス停、昔はどうだったのでしょうね。特定の場所の何年か(あるいは何十年か)前の写真なんて、今見られるわけがありません。(将来は、もしかすると Google ストリートビューが、時間軸を変えて、見ることができるようになるかもしれませんが。)今は、屋根の下に当たる歩道部分のレンガなどを見ても植木があったような跡はまったく残っていません。ご近所に長年住んでいる人がいれば、話を聞きたいところですが、まあそんなことをするのも手間です。
 この二つの屋根の穴は謎として残ったままです。
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

居酒屋 てつ@落合南長崎でランチ(2回目)

 落合南長崎にある居酒屋「てつ」には、以前にもランチを食べに行き、オーツは大いに気に入りました。
2020.4.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/474718683.html
 しばらく時間があいたので、再度行ってみる気になりました。
 今回は、店先の看板で「焼ジャケとエビフライ定食」というのがありました。
 カウンターに座ってこれを注文すると、まもなく大根の漬物とレバの煮物が出てきました。しばらくして、大きな皿に焼きジャケとエビフライ2本がのって出てきました。ご飯が出てきて、最後に味噌汁も付いてきました。
 味噌汁の具はジャガイモとタマネギでした。熱くておいしかったです。
 焼きジャケもおいしかったです。最近、オーツは吉野家で焼きジャケを食べましたが、
2020.5.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/475011918.html
それよりもずっとおいしかったです。それでいて 700 円ですから、これはコストパフォーマンスがいいということになります。
 エビフライも揚げたてで温かくていい香りでした。
 小鉢に入ったレバもなかなかいけます。
 このセットで 700 円というのは安いです。魚の定食を食べる店として、オーツは何回か通うことにします。
 この店は居酒屋ですが、オーツの自宅からかなり遠いので、夜、飲みに行くことはなさそうです。行くときは自転車で行きますが、飲んだあと自転車で帰るのがちょっと大変そうです。
 ランチでこの味ですから、きっと夜もおいしくて繁盛しているでしょうね。

居酒屋てつ居酒屋 / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

ヘッドセット

 新型コロナウイルスの影響で、ほとんど外出しない生活が続いています。外出するのは、毎朝の散歩とスーパーでの買い物くらいです。
 そんな生活の中で増えてきたのが遠隔会議です。オーツの周りでは Zoom がよく使われています。
 オーツが使っているサブノートパソコンは、ウェブカメラがついているので、そのまま Zoom 会議でも使えます。それで十分かと思いましたが、一部の人からヘッドセットを使う方が音質がクリアになるから望ましいという話を聞きました。
 そこで、ヘッドセットを買うことにしました。楽天市場で一番安いものを探しました。会話ができれば十分であって、高品質の音楽を聴くわけでもありませんから、安いもので十分です。
 オーツが買ったものは、「BAFFALO マルチメディアヘッドセット 型番 BSHSH14BK」
https://item.rakuten.co.jp/r-kojima/4152190/
というもので、何と 414 円でした。ただし、送料 550 円がかかります。
 このヘッドセットは「φ3.5ミニ」による接続です。今は無線接続とかいろいろあるようですが、オーツのような昔人間には有線接続方式が安心できるものです。
 ヘッドセットが自宅に届いてから、ノートパソコンにつなごうとして気がつきました。
 オーツが使っているメインマシンはウェブカメラがついていないのですが、こちらはヘッドホンジャックとマイクジャックがついており、購入したヘッドセットがそのまま使えます。
 ところが、ウェブカメラ付きのサブマシンのほうは、ヘッドセットを接続する端子がヘッドセット用の一つのミニジャック(マイクとヘッドホンが一体化したもの)が付いていたのです。だから、こちらではヘッドセットが使えないことになります。こんな問題があろうとは思いませんでした。
 そこで、ヘッドホンとマイクのジャックとパソコンを接続するアダプタを購入することになりました。これからのことを考えると、USB 端子に差し込めるようなアダプタが便利かなと思いました。何でも USB 接続になる時代ですし。
 そんなわけで、こちらも楽天市場で探して、「USB 外付けサウンドカード USB⇔オーディオ変換アダプタ 3.5mmミニジャック ヘッドホン出力/マイク入力対応 小型軽量 5.1ch/3Dサラウンド対応 オーディオインターフェイス LP-PFUOS15015」(書いていて長くてイヤになるほどですが、これが正式名称のようです)
https://item.rakuten.co.jp/lifepower/lp02893/
を買いました。こちらは送料無料ですが、税込み 798円です。何と、ヘッドセット本体よりもこちらのアダプタの方が高いというわけです。いやはや、いやはや。
 ここまでいろいろなことをやって、やっとヘッドセットが使えるようになりました。
 その後、USB 接続のアダプタを使っていて、不便さを感じました。USB に差し込むオスの部分で本体の横幅がちょっと大きいのです。パソコンの USB 接続のメスの部分が何個か並んでいても、このアダプタを使っていると、隣の USB のメスの部分が使えなくなります。意外な盲点がありました。ちょっとだけ後悔しています。
 そのため、さらに USB ハブを追加購入しました。
https://item.rakuten.co.jp/akariya3/u3hc-a414bbk/
 1,100 円でした。
 ヘッドセット一つを買う予定だったのに、追加で2品も買うことになるとは予想外の出来事でした。ネット通販だから、買い物としては楽なのですが。









posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

信濃路@江古田北口で和風定食を食べる

 江古田北口にある信濃路は、最近も行ったばかりです。
2020.4.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/474841367.html
 そのとき、和風定食(刺身付き)800 円があると知ったので、今回はこれを食べに行ってみました。
 店先のメニューにも、テーブルの上のメニューにも、書いてはありましたが、今は「和風定食【刺身】」となっており、値段も 900 円になっています。100 円の値上げで、少し(というか、だいぶ)魅力が減りました。
 オーツは、開店直後の 11:08 ころにお店に入りました。テレビがかかっており、画面の左上の表示で現在時刻を知りました。
 オーツが和風定食を注文したところ、おばさんが言うには、これからご飯を炊くのでちょっと遅くなるがそれでもいいかとのことです。20分くらいで炊けるという話です。まあ、これくらいなら特に問題はないと考えて、オーツが持参した本などを読みながら待つことにしました。
 11:28 ころに、お盆にのって和風定食が出てきました。ホントに20分でした。刺身はマグロが5切れとホタルイカが2匹でした。ホタルイカはやや大きめで食べがいがありました。マグロもけっこうでした。
 小鉢に入った煮物と漬物もついてきました。
 そしておいしかったのがエビの頭が入った味噌汁です。ダシがきいていて、絶品です。
 ご飯は確かに炊きたてでした。ちょっと熱くて、水分が多めですが、そんなにべちゃべちゃしているわけではなく、おいしく食べられます。しかし、オーツはご飯に関しては炊きたてよりもやや時間が経ったものの方が好きです。
 オーツとしては、これは刺身定食といってもいいと思います。こういうのが江古田で食べられるというのは貴重な存在です。江古田の店としては、おすすめの店になりそうです。
 では、オーツの再訪があるか。う〜ん、それはちょっとむずかしいかもしれません。江古田からやや遠くなりますが、東長崎など他にいろいろな店があるからです。
 営業時間内に来た客に対して「これからご飯を炊く」ということでいいのでしょうかね。お店の趣旨としては、すべての客に炊きたてのご飯を提供しようということなのかもしれません。しかし、オーツ的にはやや不満でした。たかが20分、されど20分です。さっさとランチを済ませて帰りたい人にとっては20分は長いと思います。ビールとかを飲もうという人にはちょうどいいかもしれませんが、そうでない人間にとってはちょっと気になる長さです。そういえば、前回この店に来たときも、食事の提供まで若干時間がかかっていたことを思い出しました。店の方針とオーツの好みがズレているということなのでしょう。

信濃路居酒屋 / 江古田駅新桜台駅小竹向原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:54| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

前向き駐車

 オーツが散歩していて、とあるコンビニの前を歩いて通りかかったときのことです。コンビニの駐車場に「前向き駐車」と書いてありました。駐車場の向こう側は壁になっていました。その壁に大きな字のポスター(というか掲示板)が貼ってあったわけです。
 オーツはこのことばに違和感を感じました。まず思ったのは「前向き」とはどちら向きかということです。
 その駐車場のクルマを見ると、フロントから入れているクルマとバックから入れているクルマの両方がありました。駐車している人だって意味がわかっていないわけです。
 帰宅後にネットで検索してみると、簡略なアンケート調査の結果がありました。
https://car-moby.jp/article/car-life/useful-information/meaning-of-forward-parking/
 ツイッターで全184人が投票したアンケートの結果ですが、6:4 で票が分かれたとのことです。やはり、全員が一致して理解しているわけではなさそうです。
 この問題を考えてみると、そもそも「前向き」という命名がまずいと思います。「前」とは、人間を基準にする場合、身体を軸に考えて、顔(目や鼻先)が向いている方向を表します。クルマの場合でいえば、ヘッドライトやフロントガラスがついている方向が「前」です。ということは、クルマがどこにどんな状態でどちらを向いて駐車しても、ドライバーが座席に座ればいつでも前を向いているのであって、その点からはすべてのクルマは前向きに駐車していると言ってもいいと思われます。
 正解は「壁に向かって駐車する」ですが、「前向き駐車」という言い方はそのまま簡単に理解できるものではありません。
https://hasumame.com/car/tips/park-backward/
 この記事を読むと「「前向きに進んで駐車する」と読み替えればわかりやすい」と書いてあります。その通りです。しかし、それを短くして「前向き駐車」としてしまうと、その意味が失われてしまいます。
https://with.sonysonpo.co.jp/wisdom/drive/detail_236173.html
 この記事では、「前向き駐車は英語では「head in parking」となり、クルマの前方から駐車スペースに入れるのが正解です。」と書いてあります。head in という英語は誤解がなくわかりやすいですね。
 日本語で何というべきか、代案をいくつか考えてみました。Yahoo! で WWW を検索した結果の件数も合わせて示します。

・前入り駐車 42 件
・前入れ駐車 197 件
・前から駐車 25,500 件
・前進駐車  8,840 件
・壁向き駐車 24 件
・外向き駐車 なし

 ただし、「前から駐車」は複合名詞ではなく、「前から駐車している〜〜」のような言い方が大半を占めます。
 ちなみに「前向き駐車」は 160,000 件です。かなり確立した言い方なんですね。
 こう並べてみると「前進駐車」が誤解がなくてわかりやすくていいように思います。
 「前向き駐車」の勢いが強いですが、みんなで「前進駐車」を推進すれば、こちらが定着するかもしれません。
 「前向き駐車」という日本語は変だから使わないようにしよう、という話でした。
posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

吉野家 江古田南口店で焼魚牛小鉢定食を食べる

 最近、江古田〜東長崎の飲食店でランチに魚が食べられる店をあちこち食べ歩いています。
 そんな中で、ふと思い当たったのが吉野家です。江古田駅の南側に江古田南口店があります。
https://stores.yoshinoya.com/ysn_041417
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13086100/
 オーツの場合、吉野家はたまに行く程度なのですが、このブログでは何回か記事を書きました。
2019.6.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/466652809.html
2016.11.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/444013911.html
2016.6.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/439152366.html
2015.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/430419380.html
2015.11.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/430240705.html
2015.10.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/428180904.html
2015.8.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/424293295.html
2014.3.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/391217449.html
 これとは別に、オーツが記録している昼の食事記録を見ると、過去7年間で15回吉野家に行っています。これは、江古田南口店だけでなく、下高井戸店を含めての回数です。このことから平均年2回のペースで吉野家に行っていることがわかります。
 さて、吉野家には、牛丼の他に定食メニューなどもあります。
https://www.yoshinoya.com/menu/
 その中に「あったか朝定メニュー」
https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/
というのがありました。開店時刻(江古田南口店では 8:00)から 11:00 まで食べられるメニューです。
 その一つに「焼魚牛小鉢定食」
https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/sakana-gyu-tei/
というのがありました。こんなもので十分な一食になりそうです。これを注文することにしました。
 ご飯は大盛りもできるということなので、大盛りにしました。
 注文してから出てくるまでが早いのは、さすがに吉野家です。1〜2分でしょうか。
 テーブルの上の容器から紅ショウガを若干取って、シャケの皿の上に置きました。
 味噌汁は熱くてけっこうでした。
 オーツが食べた感じではシャケがイマイチでした。切り身が薄くて、ちょっと驚くレベルですし、しかもところどころに小骨が残っていて、食べている途中で骨を出さなければなりませんでした。
 いや、それよりも、このシャケの温め方がオーツは好きになれません。網か何かで焼くと適当な焦げ目が付くものですが、この焼き方はそれとは違います。確かに魚の皮には焼き焦げが付いていますが、これは、今焼いて付けたものではないと思います。どうも、先に焦げ目を付けておいて、何かで(もしかして湯煎で?)温めて客に提供しているのではないでしょうか。「焼魚」といいながら、本当の意味では焼いていないと思われます。
 税込み 602 円の定食ですから、あまりあれこれ注文を付けても無理ですが、次回もこれを食べようという意欲はわきませんでした。他に選択の余地がない場合にはしかたがありませんが、可能なら他のメニューなり他の店なりを選ぶでしょう。
 帰りがけに会計を済ませると、6月まで使える2種類のクーポンをくれました。
 一つは、超特盛サイズを注文する場合、味噌汁と漬物のセットが無料になるというものですが、オーツが超特盛を食べるということはないと思われますので、これは無意味です。
 もう一つは、サイドメニューいずれか1品が30円引きになるというもので、こちらは使う可能性があります。

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


続きを読む
posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

集近閉

 新型コロナウイルスの感染に備えて、避けるべきは「3密」(密閉・密集・密接)だと言われています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%AF%86
 しかし、SNS などでは「集近閉」を避けるようにという言い方が広がっているようです。習近平に引っかけた言い方であり、マスコミで出てくることはあり得ませんが、地下では相当にはやっているようです。
 Yahoo! で検索すると 133,000 件見つかります。
 オーツは、こちらの方がわかりやすくてピッタリだと感じました。
 「3密」という言い方では、「密」が付く三つは何だっけということで、もう一段階「想起」のプロセスが必要ですが、「集近閉」であれば、三つの漢字が使われているので、避けるべきものが直接表されています。しかも、この言い方であれば、一度聞いたら簡単に忘れないでしょう。
 こんな言い方を最初に考えた人はすごいですね。
posted by オーツ at 04:13| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口で刺身5点盛定食を食べる

 東長崎南口にある居酒屋 秀ちゃんでは、以前、塩サバ焼定食 600 円を食べたことがあります。
2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
 そのとき、メニューを見て、刺身5点盛定食 1,000 円があることを知りました。
 というわけで、先日再度訪問し、これを食べてみたのでした。
 合わせて、とろろ 100 円を注文し、ご飯を大盛りにしてもらいました。(大盛りは無料です。)
 待つことしばし。刺身5点盛定食が出てきました。

syuutyan2.JPG

 ご飯はさすがに大盛りだけあってたっぷりです。それに味噌汁が出てきました。おや、メニューには漬物も付くと書いてありますが、出てきませんでした。オーツは食べている途中で気がつきましたが、そんなことをお店の人にわざわざいうのも気が引けたので、特にいいませんでした。
 さて、刺身です。2切れずつがサーモンとハマチ、あと何でしたかね。甘海老とタコが1切れずつでした。1切れはやや厚めで、食べ応えがありましたが、ちょっと分量的に少ないような気がしました。あくまで気分の問題です。
 ご飯を大盛りにしたのに、漬物がなくて、ややご飯が持て余し気味になってしまいました。
 あと、オーツはサーモンの刺身があまり好きではないので、この点もイマイチの気がしました。この店の刺身のネタは適宜変わっていくとは思いますが。
 というわけで、1,000 円という価格を考慮すると、もう一度食べる気はあまりしません。前回の塩サバ焼定食のほうが自分に合っていると思いました。
 オーツがお店に入るとき、入口のところにサンマ開きがあるという紙が貼ってありました。メニューにはないのですが、こういう臨時の食材が提供されることもあるわけです。
 この店の魚の定食は、種類が少ないですが、この店ではいつも塩サバ焼定食を食べることにしても、順次いろいろな店を回るようにすれば、全体として飽きることはないので、これでいいのではないでしょうか。

居酒屋 秀ちゃん居酒屋 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

移動平均

 最近、オーツにとってちょっと気になることがありました。「移動平均」とは何か、どうグラフ化するのかということです。
 オーツが違和感を覚えたのは朝日新聞の記事でした。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14466691.html
「自粛解除、大阪が独自基準 府知事、15日にも判断」
(2020年5月6日 5時00分)
 この記事の中に、以下のような言い方が出てきます。
 吉村洋文知事は会議後、記者団に「具体的な基準を示さず、単に延長するのは無責任だ。困っているのは大阪だけじゃない。(政府は)具体的な指標を全国に示してもらいたい」と指摘。基準は、(1)感染経路が不明な新規感染者が10人未満(2)検査を受けた人に占める陽性者の割合(陽性率)が7%未満(3)重症病床の使用率6割未満――の3点。これを「警戒信号の消灯基準」とした。(1)と(2)の数値は日々の変動が大きいため、過去7日間の平均(移動平均)をみる。

 さて、ここで「移動平均」というのが出てきますが、これは「過去7日間の平均」と定義されています。オーツはここに引っかかったのです。
 仮に、5月7日を基準日として考えたときに、5月1日から7日までの7日間(過去7日間といえばこれしかあり得ないと思います)の平均を求め、それを7日の値とするというように読めます。
 これは正しいのでしょうか。
 ネット内を検索すると、wikipedia でも同様の説明が出てきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%BB%E5%8B%95%E5%B9%B3%E5%9D%87
単純移動平均(移動平均といえば普通はこのことです)のところに「例えば、10日間の終値の単純移動平均とは、直近の10日間の終値の平均である。」とあります。数式を見ても同じことで、ある日を基準にした10日間の移動平均とは、基準日から9日前から基準日までの10日間の合計を10で割って、それを基準日の値とするわけです。
 一方、ネットでは、これと異なる説明をしている記事も見つかります。

https://toukeigaku-jouhou.info/2015/08/23/moving-average/
「移動平均の意味や目的、求め方、注意点」
(最終変更 2018/12/17)
3日間の移動平均の求め方としては、
1日目、2日目、3日目のデータの平均を、2日目のところに当てはめる
2日目、3日目、4日目のデータの平均を、3日目のところに当てはめる
3日目、4日目、5日目のデータの平均を、4日目のところに当てはめる

 朝日新聞や wikipedia の説明と違っています。
 朝日新聞や wikipedia の説明によれば、「1日目、2日目、3日目のデータの平均を、3日目のところに当てはめる」ことになるのに対し、ここでは「2日目」に当てはめています。朝日新聞や wikipedia の説明では、「過去○日間」の平均となるのに対して、こちらは「前後○日間」となります。

 もう一つ、以下の記事も同じように説明しています。
https://bellcurve.jp/statistics/blog/15528.html
「移動平均の計算方法」
(2017/12/13)
https://bellcurve.jp/statistics/course/12933.html
「32-3. 移動平均」
これら二つの記事は同じサイト内の記事ですので、同じ内容になるのは当然です。Social Survey Research Information Co. による記事です。

 さて、移動平均に関してこのように異なる2種類の説明がなされています。
 オーツは困りました。どちらが正しいのでしょうか。
 どちらが「正しい」かをチェックするためには、専門家による記述に頼るしかないと考えます。
○竹内啓(編)(1989.12.4)『統計学事典』東洋経済新報社
○芝祐順・渡部洋・石塚智一(編)(1984.5.15)『統計用語辞典』新曜社
の2冊の記述を読んでみました。特に前者はオーツが一番信頼している統計学の事典です。分厚くて充実した説明が載っています。それによれば、「過去○日間の平均」でなく「前後○日間の平均」という説明がありました。(書いてある文言はこの通りではありませんが、趣旨をくみ取ればこう読めます。)2冊とも同じでした。
 というわけで、朝日新聞や wikipedia の記述は間違っているということになります。
 オーツが朝日新聞の記事を読んだときに違和感を覚えたのは、まさにこの点でした。
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

マスクを付けるべきか否か

 今回の新型コロナウイルス感染症に関して、オーツが感じる違和感の一つが、マスクをしている人がとても多いことです。街中を歩いたり、スーパーに買い物に行ったりすると、マスクをしている人が7割〜8割くらいいます。テレビで見る国会(委員会)中継などでもたいていの人がマスクを付けています。なぜたくさんの人がマスクをしているのか、オーツは理解できませんでした。
 オーツの周りの人(家族を含む)に聞いてみると、マスクの効用をきちんと説明できる人はおらず、多くは、みんながマスクをしているから自分もする(しないと嫌がられる)というような「同調圧力」による説明です。また、マスクをしないと新型コロナウイルスに感染してしまうからという間違った説明を信じている人もかなりいます。
 オーツはマスクをしていてもあまり意味がないと思っているので、基本的にマスクなしで生活してきました。
 例外としては、ある場所に行くとき、その場所の管理者が「マスクを着用していない人は入れません」というようなことを主張する場合です。たとえば、以前、オーツの職場でマスクをしなければならないケースがありました。
2020.3.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/473946363.html
 しかし、それ以外はマスクをしない生活をしています。
 マスクをする(べき)人というのは、咳などの症状が出た人です。たとえば、読売オンラインでは「WHO、せきなどの症状のない人に「マスク推奨しない」」という記事があります。
https://www.yomiuri.co.jp/science/20200302-OYT1T50117/
(2020/03/02 10:13)
 無症状の人の大半がマスクをしている光景というのはおかしなものです。

 さて、そんな中で、政府の専門家会議が感染を防ぐ「新しい生活様式」について最近提言をまとめました。
 たとえば、産経新聞の記事では、以下のところに書かれています。
https://www.sankei.com/life/news/200505/lif2005050014-n1.html
「症状なくてもマスク、手洗いは30秒…「新しい生活様式」実践例」
(2020.5.5 00:51)
 この中に「外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用」という1項があります。
 なぜこんなことを押しつけるのでしょうか。
 ネットで検索すると、感染症専門医の忽那賢志氏の記事がヒットしました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200426-00175324/
「症状がない人もマスクをつけるべきか?」
(4/26(日) 14:02)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200505-00177013/
「続・症状がない人もマスクをつけるべきか?」
(5/5(火) 15:36)
 オーツは、これらの記事を読んで、半分納得しましたので、当面は外出時にマスクを付ける生活をしようと思います。
 「半分納得した」ということは、つまり完全に納得しなかったということでもあります。
 なぜ完全に納得しないのかというと、いくつか理由があります。
 一つはマスクを付けることの社会的効果の大きさがわからないことです。マスクをすることで自分の病気を他人に移す可能性が低くなるのはその通りですが、いったいどれくらい低くなるのか、たとえばマスクをした場合としなかった場合とを集団的に比較するような研究が行われないと、本当のところのマスクの効用は証明されたことにならないと思います。「ほとんど差がない」と「少し差がある」はものの見方の問題になりますし、仮に差があったとして、その差を求めて実行するコストのことを考える必要があると思っています。
 もう一つは、こんなことでマスクを付けるなら、今後何十年も(つまり死ぬまで)全員がマスクを付ける生活をすることになるだろうと思えるからです。今マスクを付ける理由があるとして、その状況が変わることがあるでしょうか。どうなったらマスクをしなくていいとなるのでしょうか。
 両者は強く関連しています。ある意味で同じことかもしれません。
 人類は、その歴史の大半においてマスクのない生活をしてきました。そうやって生きのびてきたことを考えると、この段階でマスクをしなければならないというのはおかしな話で、マスクなしでもウイルスに負けるなんてことはありえないと思います。
posted by オーツ at 03:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

都営バス路線「新江62」

 オーツが見かけたとても珍しい西武バスの路線「練48」のことは以前このブログに書きました。
2020.5.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/474857952.html
2020.4.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/474825198.html
2020.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html
 ネットを検索すると、2013年以前の状況がわかりました。
http://pluto.xii.jp/bus/line/data/s62.html
 2013年までは都営バスが走っていたのですね。新江62という系統です。2013年4月1日から西武バス(練48)が走り始めたということです。「役目を終えた乗り換え停留所、新江古田駅(中略)新江古田駅〜練馬駅間の廃止は時間の問題ではなかろうか。」とあるのが寂しい話です。オーツも同感ですが。
 「新江62」という路線番号を知ったあと、気がついたのですが、新江古田駅前のバス停の屋根の道路側に黄緑色のイチョウのマーク(「東京都」のシンボルマークで、都営バスや都営地下鉄の車体に付いています)と「新江62系統」という表示が書いてあります。Google ストリートビューでも見えます。
https://www.google.co.jp/maps/@35.7323911,139.6709832,3a,37.5y,163.44h,92.73t/data=!3m6!1e1!3m4!1s42lTUgr5ArU-tRzeuTKn0Q!2e0!7i16384!8i8192?hl=ja
 この表示は、屋根の車道側に書いてあるので、バスを待っている乗客からはまったく見えません。道路の反対側(北側)から道路越しにバス停を見れば屋根の端に見えるというものです。オーツが最初にこのバス停を見たときは、この表示を見逃してしまいました。
 さて、この路線番号「新江62」がわかると、それを検索することで、いろいろな記事がヒットします。2013年以前のこのバス路線の状況が手に取るようにわかります。
 以下、オーツが読んだいくつかの記事の URL を示すとともに、その内容を簡単に紹介しましょう。

http://toeibus.com/archives/374
 年表入りでこの路線の歴史がわかります。充実したくわしい記述です。

https://busmap.info/route/6573/
http://bus10.com/%E3%83%90%E3%82%B9%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E5%9B%B3/com/%E9%83%BD%E5%96%B6%E3%83%90%E3%82%B9/%E6%96%B0%E6%B1%9F62
 二つともバス路線が紹介されます。練48と同じ路線であることがわかります。

https://budoutou.exblog.jp/10624772/
 2009.3.31 のブログ記事です。都営バスがはとバスに移管される話です。

https://yelloden.exblog.jp/18462366/
 2013.4.2 のブログ記事です。練48と新江62の写真が満載です。

http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-526.html?sp
 2013.9.20 のブログ記事です。新江62系統の廃止の記事です。日付から考えて、当時のニュース記事なのでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=5hg7z4Tvjew
 2013.12.31 の投稿ですが、撮影日は 2013.9.28 です。新江古田駅前から大泉学園駅前まで新江62に乗って一番前の座席に座り、前方のようすを動画で記録しています。途中で何人もの人がこのバスに向けてカメラを構えているのが見えます。いよいよこの路線が廃止になるということで記念撮影なのでしょうね。52分18秒の全記録です。このバス路線は全行程を利用すると片道50分もかかるのですね。

https://yelloden.exblog.jp/19739211/
 2013.9.30 のブログ記事です。新江62の最終便の乗車記事です。

https://ameblo.jp/shinratshkent8725/entry-11625030074.html
 2013.9.30 のブログ記事です。新江62系統の廃止の記事です。

https://green.ap.teacup.com/jima2/551.html
 2013.9.30 のブログ記事です。新江62系統の最終日の記事です。

http://seibuyellowtrain.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
 2013.10.1 のブログ記事です。新江62系統の廃止の記事です。

https://yelloden.exblog.jp/20470055/
 2014.3.16 のブログ記事です。
 「新江62系統廃止に伴い、上屋のイチョウマーク(東京都章)とみんくるは剥がされました。」と書いてありますが、これは正しくありません。イチョウマークは今でも一部残っています(上記参照)。

 こうしてみると、ネットは歴史を探る資料館でもあることがわかります。特にブログ記事は投稿の日付が明示されますので、いつごろどんなだったかが明確にわかります。
 2013.9.30 の新江62系統の廃止は、当時かなり関心を集めたのですね。オーツはその時点ですでにこの地域に10年以上住んでいたのですが、まったく関心がありませんでした。このブログはそれ以前から書き綴っていますが、新江62などのバス路線にはまったく言及がありません。
posted by オーツ at 04:07| Comment(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井@桜台の利き蕎麦食べ比べ

 桜台に、蕎麦屋「石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井」があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13026652/
 食べログでは 3.67 と高評価です。クチコミも80件以上ついていて、なかなかの人気店のようです。
 どんな蕎麦が食べられるのかと思って、あるときランチでうかがいました。
 交差点の角にある蕎麦屋で、オーツはこの近くまで自転車で何回も来たことがありました。しかし、ここに蕎麦屋があるとは知りませんでした。食べログで見て初めて知ったしだいです。
 入口の近くにある2人掛けのテーブルに座って、メニューを見て(実は食べログのメニューを先に見て知っていたのですが)利き蕎麦食べ比べ 1,300 円を注文しました。これは3種類の蕎麦が食べ比べられるというセットです。
 お茶を飲みながら少し待っていると、最初に粗挽き蕎麦が出てきました。せいろにのっています。薬味として刻みネギとワサビがついてきました。それが食べ終わるころには、十割蕎麦が出てきました。さらに、それが食べ終わるころに二八蕎麦が出てきました。3種類が同時に出てこないと「食べ比べ」はできないようにも思いますが、まあ、これはこれでもいいでしょう。
 3枚目が食べ終わることには「そば湯です」といって、そば湯も出てきました。
 さて、肝心の蕎麦の味はどうだったでしょうか。オーツの個人的感想では、全体にイマイチだったように思います。粗挽き蕎麦が1番おいしいというか、蕎麦らしい味と香りがしたように思います。あとの2枚は、どうでしょうかね。それぞれコシが感じられ、丁寧に仕事をされているように思うのですが、オーツが求めている蕎麦とは若干違う感じでした。
 食べログの評価はオーツの好みとずいぶん違うということがよくわかりました。
 残念ながら、再訪はないと思います。

石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井そば(蕎麦) / 桜台駅練馬駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

テイクアウトのランチは高い

 オーツは、とあるサイト(練馬・桜台情報局)の記述を見て、江古田近辺の飲食店がテイクアウトを始めたことを知りました。
https://s-nerima.jp/wp/143834
この記事では、オーツが行ったことのある店が写真付きで紹介されており、興味深くながめていました。こういう綿密な情報提供は大変ありがたい話です。
 ついでにいえば、このサイトでは、江古田近辺だけでなく、桜台近辺のテイクアウト情報も掲載してあります。管理人さん(桜台在住だそうです)がとてもまめな人であることがうかがえます。
 ここでは、このようなテイクアウト情報を見てのオーツの感想を書いておきたいと思います。それは、それぞれの店のテイクアウトの価格設定が高いように感じるということです。
 店内で食べる(つまり外食する)ということは、料理それ自体だけに対して対価を払っているわけではなく、その他にいくつかのメリットがあり、それらを総合して、対価として支払ってよいと考えているのだと思います。たとえば、オーツ自身のことを考えると、以下のようなことです。(テイクアウトと比較しつつ述べてみましょう。)

(1)準備も後片付けもない
 自宅の場合、食事の前にさまざまな準備が必要です。テーブルの上のものを片づけたり、食器を用意したり、冷蔵庫から調味料を取り出したりします。
 食べ終わったあとも、後片付けとして、テーブルを拭いたり、食べこぼしをきれいにしたり、食べ残し(骨や殻を含む)を処分したり、食器を洗ったり、乾かしたり、食器棚に入れたりしなければなりません。実はけっこう手間がかかります。
 一方、飲食店ではこれらが一切ありません。すべてお店に代行してもらうことができます。これが1番大きなメリットかもしれません。客としてはその分の人件費を含めて食事代を払っているわけです。

(2)できたてが食べられる
 料理は、できたてが1番おいしいものであって、時間が経つにつれて、味は落ちるものと思います。飲食店で食べるというのは、まさにできたてであって、料理から食事までの時間が最も短くて済みます。
 温かい料理、冷たい料理とも、時間が経てば常温になるわけですから、それだけを考えてもおいしくなくなると思います。
 調理から時間が経っておいしくなるものはないと思います。発酵食品などは時間が経つとおいしくなったりしますが、それは調理に時間をかけていることと同じであり、ここで述べていることは、調理が終わって食べる準備をしてから時間が経った場合です。

(3)普段と違う雰囲気が楽しめる
 食器(カトラリー)、テーブルやイスの内装、室内の雰囲気、BGM、窓から見える外の景色まで、普段の自宅の食事と違いますので、新鮮な気分になれます。雰囲気を味わうとでもいうのでしょうか。

(4)(複数人で行く場合)会食ができる
 普段一緒に食事をすることがない場合でも、飲食店で集合して会食ということが可能です。話も弾みますし、親交が温められます。オーツの場合、息子や嫁や孫との会食が該当します。
 自宅でも会食自体は可能ですが、どうしても料理担当者が(少しだけ)会話の進行に加わりにくい感覚があります。

 自分で作れないものが食べられる、自分が作るのと味が違っていておいしいというあたりはテイクアウトとも共通するので、メリットとは考えないことにします。
 外食するときには、これらのことまで考慮して、その金額を出す気になるものです。テイクアウトは、これらのメリットがありません。(3)は、公園で食べたりすると少し違ってきますが、それだって自宅から弁当を持参すれば同じことです。
 つまり、テイクアウトは外食に比べて各種サービスがないわけです。ですから、テイクアウト専門の店では、売られているものが(料理そのものを飲食店と比べれば)安くなっています。
 外食では、客がしかるべきスペースを一定時間占有するわけですから、店の家賃(のうちの飲食スペース分)を分担する必要があります。場合によっては(自分で使わなくとも)駐車場代まで負担しています。テイクアウトの店ではそれらが全部カットされますから、その分、外食よりも販売価格が安くなって当然です。
 さて、ここで問題は、飲食店の営業自粛(営業時間の短縮を含む)のために、もともとの外食の店がテイクアウトを始めた場合です。店としては、維持費(家賃)のことまで考慮して、そういう価格を付けたいものでしょうし、店が普段提供している価格よりも安い価格をテイクアウトに付けると、テイクアウトを止めて通常営業に戻った場合に、客が元の価格を払ってくれるか心配になることでしょう。だからそれなりの価格を付けたいという気持ちも理解できます。
 しかし、客としては、それでは高いと感じてしまうのです。
 こういう飲食店のテイクアウトは、スーパーやコンビニの中食市場とガチで衝突するわけで、それを押しのけて「勝つ」(しっかり売れる)というのはむずかしいのではないかと感じます。
 飲食店としても、普段通りの営業ができずに困っているのでしょう。一般の生活者としても、普通にお店で飲食するほうが(テイクアウトを利用したり外食を自粛するよりも)好ましいのではないかと考えています。
 まあ、新型コロナウイルスの影響ですから、誰が悪いというわけでもないのですが、あえていえば、ウイルスの脅威を過剰にとらえてしまった政治家の判断が1番問題のように思います。
 オーツは、早い段階での緊急事態宣言の解除を希望します。今の時点で解除してもいいのではないでしょうか。
 オーツは、緊急事態宣言の中でも、ランチは外食で済ませることが多く、普段通りの生活をしています。自宅の周りでは、閉店している店も多いのですが、営業中の店もそれなりにあります。
posted by オーツ at 03:33| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口で塩サバ焼定食を食べる

 東長崎南口にできた「居酒屋 秀ちゃん」は、新しい店です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13245557/
 居酒屋でもありながら、11:30-14:30 にランチもやっているということで、路上に看板が出ていました。

syuutyan1.JPG

 マクドナルドの2階に店がありますので、店に入るときは階段を登っていくことになります。
 オーツは、カウンターに座って、塩サバ焼定食 600 円を注文しました。
 少し待っていると、お盆にのって定食が出てきました。サバ、ご飯、味噌汁、キュウリの漬物、それにとろろが出てきました。
 サバはおいしくてかなりの量があります。皿には大根おろしとレモンがついています。けっこうでした。
 そして、オーツが何より気に入ったのはとろろでした。店員に聞くと、塩サバ焼定食にはいつもとろろがついているのだそうです。オーツは久しぶりにとろろを食べましたが、実は昔からとろろが大好きなのでした。ちょっと醤油をかけてかき混ぜて、ご飯茶碗に移してご飯と混ぜながら食べました。これはいけます。
 この店のランチでは、ご飯も味噌汁もお替わりできます。これだったらご飯をお替わりしてもよかったですね。
 600 円という価格にも満足しました。これで 600 円なら何回でも通いたいところです。
 他の定食にはとろろが付かない場合も多いようですが、その場合、プラス100円でとろろを付けることができるとのことです。いい話を聞きました。100 円は安いです。これでとろろが食べられるなら、大いにけっこうです。
 先日、大羊飯店の焼魚定食(サバ)がおいしいという記事を書きましたが、
2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
居酒屋 秀ちゃんの塩サバ焼定食の方がさらにいいと思います。

 次回は、この店で刺身5点盛定食を食べてみたいと思いました。

居酒屋 秀ちゃん居酒屋 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 04:00| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

新江古田駅前の隣のバス停

 先日、新江古田駅前のバス停についてブログに2回書きました。
2020.4.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/474825198.html
2020.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474808607.html
 さて、こういう不思議なバス停があるならば、隣のバス停がどうなっているかということにも興味がわきました。立派なバス停でしょうか、標識だけの普通のバス停なのでしょうか。
 さっそくオーツが実地調査に出向いてみました。朝の散歩にちょうどいい距離です。
 目白通りの北側で東行き(新江古田駅前行き)のバスが止まるのが「豊玉北2丁目」というバス停です。

basutei1.JPG

 屋根付きの立派なバス停でした。ただし、ここはベンチがありません。新江古田駅前のバス停よりは少しだけ格が落ちます。
 道路に「バス停」の表示と三角形のマークが書かれていないように見えました。しかし、その後、近くの歩道橋に登って、上から見てみると、道路上に三角形のマーク(というよりも白い縞模様)がうっすらと見えました。目白通りの激しいクルマ通行量によって白い塗料の大部分がはがれてしまったわけです。週1本のバス路線のためにわざわざマークなどを書き直すのもコストがかかって大変だと思われたのでしょうか。
 念のため、バス停に貼ってあった時刻表を確認しましたが、休日の 8:42 のバス便が1本あるだけでした。
 目白通りを渡った反対側に行くと、同じく「豊玉北2丁目」という名前のバス停がありました。道路の南側に接して西行き(大泉学園駅前行き)のバスが止まります。

basutei2.JPG

 こちらはバス停に屋根が付いているだけでなく、金属製のベンチが設置されていました。新江古田駅前並みの充実した設備です。しかし、バスは休日の朝の1本しか通らないわけです。
 なお、道路上の「バス停」の表示が白い塗料で書かれているのですが、そのかなりの部分がはげ落ちています。東行きの表示よりはずいぶんマシで、こちらは文字が読めます。

 「豊玉北2丁目」が両方向とも立派なバス停だったので、もう一つ先まで見に行きました。「桜台駅通り」というバス停です。こちらは四角いコンクリートの台の上にバス停の標識が立っている形で、まあ普通のバス停でした。東行きも西行きも同じでした。
 もう一つ隣になると「練馬駅北口」になるので、そこから先はバスの本数も多くなるし、いろいろな路線があるしということで、バス停が立派でも簡略でも、まあ何でもいいでしょう。

 結論として、週1本のバス路線に対して、新江古田駅前と豊玉北2丁目という2箇所の立派なバス停があることがわかりました。
 もしもこのバス路線を廃止するとなると、降車専用の簡単なバス停1箇所と、屋根付きの立派なバス停3箇所を撤去することになり、その工事費用はさぞや高いものになるでしょうね。
続きを読む
posted by オーツ at 03:49| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする