2020年04月11日

旭館@磯部温泉@安中市の食事

 昨日のブログ記事の続きです。
2020.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/474498551.html
 オーツは旭館で「こんな時なので全ての共有スペース貸切できるプランつくりました〜大浴場・露天風呂・個室食事処〜」というプランで泊まりました。
 プラン名には「個室食事処」とありましたが、実際は部屋食ということで、自室で食べられるようになっていました。旅館の人が客室まで食事を全部運んで来てくれるのです。
 夕食は、18:00- ということで、普通においしくいただきました。一泊2食付きで 9,850 円ですからねえ。そんなにぜいたくは期待できません。普通に食べられれば、それで十分といったところでしょう。

asahikan1.JPG

 鍋料理は、もやし、エノキタケ、それに豚肉で野菜を包んだものが入っていて、固形燃料で温めます。他の料理を食べてから、最後の方に火をつけるようにしました。すぐ温まります。
 その右にあるのが下仁田特産の刺身コンニャクです。酢味噌をつけて食べます。魚の刺身の方がオーツの好みですが、この料金では、そこまでは期待できないでしょう。
 ニジマスの塩焼きが意外においしかったです。骨や頭まで食べてしまい、シッポだけが残りました。
 写真の左下に見えるのは「ちまき」です。これだけでおにぎり1個分くらいの量があるわけですが、それとは別におひつでごはんが出てきました。とても食べきれませんでしたが、1膳だけいただくことにしました。
 オーツの場合、夕食時にはアルコールが必須です。写真の右の方にメニューが写っています。その中から、瓶ビール 750 円、生酒 180ml 650 円を注文しました。
 翌朝、チェックアウト時に酒代と入湯税を請求され、1,921 円を払いました。ちょっと高い感じがしたので、計算してみると、入湯税が 150 円、それと酒代にサービス料 15% が乗り、消費税 10% が乗っていました。
 150+1400*1.15*1.1=1921 という計算になります。

 朝食は、7:00- にしてもらいました。この時刻が1番早い時間帯とのことです。

asahikan2.JPG

 写真の左側に湯豆腐が見えます。この汁は、実は温泉の源泉だそうです。豆腐を食べた後に飲むことを勧められました。そのためにレンゲが付いています。実際飲んでみると、ちょっとしょっぱい感じがしました。塩分があるためか、煮汁が煮立ってくると泡の出方が普通の湯豆腐と違うように感じました。こういう湯豆腐は珍しいと思いました。
 朝食もおひつに一杯のごはんが出てきました。オーツは何回かお替わりしつつ食べましたが、とても全部は食べきれませんでした。
 朝夕2回の食事は、特に凝ったものではありませんが、税込・サービス料込で 9,850 円というのは安いと思います。

旭館旅館 / 磯部駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:40| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする