2020年03月10日

中華料理タカノ@東長崎で肉野菜炒め定食を食べる

 オーツは東長崎に中華料理タカノという店があると聞き、行ってみることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13021686/
 この店の場所は、駅でいうと、東長崎というよりもむしろ椎名町に近い位置にあります。
 オーツは、食べログの地図をプリントして持参して、それと比べながら自転車で走りつつお店の場所を探しました。南長崎2-24-1 という住居表示を手がかりに探しました。しかし、どこにもそれらしい店がありません。2-24-10 という住宅がありました。2-24-2 というところもありました。2-24-1 はその隣のはずだと思って、よく見てみると、のれんが玄関のガラス戸の内側にぶら下がっている店がありました。のれんがこうなっているのは営業開始前という意味です。
 この店に初めて行くのはむずかしいです。2回目からは、店がここだとわかっているので、問題はないでしょうが。
 時刻的にはまだ開店前のようでした。しかし、外で待っていると寒いので、オーツは中で待たせてもらえるか、聞こうと思いました。で、引き戸を開けると、店のおじさんが調理中で、カウンターには先客が一人座っているではありませんか。壁にぶら下がっていた時計を見ると、10:58 でした。この店は、少し早めの時間から開いているようです。
 店のおじさんはこの客といろいろ話をしていましたから、この客は常連さんなのだとわかります。
 この店のメニューは食べログに記載されているとおりです。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r21552124392255
https://tabelog.com/imgview/original?id=r21583124392274
 安い価格が並んでいます。いったいいつのメニューなのかと思うくらいです。
 客席はカウンター7席しかありません。オーツはその一つのイスに座って肉野菜炒め定食を注文しました。
 店はおじさん一人で回しています。一人ですから忙しそうです。お冷やの案内も何もありません。「ご注文は?」の声もありません。客が勝手にメニューを見て、勝手に注文するだけです。
 オーツがおじさんの背中に向かって注文したとき、おじさんは、先客の分のラーメンか何かを作っていました。とても手際がいいです。見ていると、ラーメンを茹でながら、オーツの分の肉野菜炒めを作っていきます。オーツのあとの客の分も作り始めました。つまり、並行して2〜3人分の料理を作っていくわけです。オーツは、その手際の良さに驚いて、思わずおじさんの手元を見つめてしまいました。
 肉野菜炒めの材料の入れ方もダイナミックでした。肉は手でわしづかみして、中華鍋の中に放り込みます。肉の一部がぽろっとなって床の上に落ちてしまいました。しかし、おじさんはそんなことを気にしません。キャベツもわしづかみです。そんなにたくさん入れるのかと驚くほどです。もやしも同様です。床に少しくらい落ちるのは先刻承知なのでしょう。
 肉と野菜を強火で炒めたあと、中華鍋に出し汁を入れ、それを別のコンロの上に移動させ、ちょっと煮込みました。
 そして、ご飯をよそったりして、お盆にセットしてオーツの方に差し出しました。調理時間(注文を受けてから提供まで)は5分くらいだったでしょうか。正確に計ったわけではありませんが、とにかくあっという間でした。いやはや、見事です。カウンターが低いので、調理のプロセスが丸見えですが、これもショーの一種みたいで、興味深いものでした。
 肉野菜炒めは大きな深皿に入って出てきました。量が多いです。食べてみると、けっこうおいしいです。野菜がたっぷりで、肉もごろごろしていて、600 円でこんなのが食べられるというのは信じがたい気がしました。
 ご飯は丼で出てきます。こちらも大盛りです。
 漬物は、タクアンとキュウリ、それに梅干しが付いていました。普通に食べられました。
 味噌汁もありました。きざみネギと細かく切った豆腐が入っていました。これは、オーツの口には合いませんでした。ちょっとしょっぱいことに加えてダシが効いていない感じでした。
 オーツが食べている途中で、客が次々と入ってきました。店ののれんがまだ外に出ていないのですが、そんなことは誰も気にしないようです。ほどなく満席状態になってしまいました。客は、唐揚げ定食、マーボーメン、マーボー豆腐定食、焼肉定食などを注文していました。それぞれが提供されるときにちらっと見てみましたが、どれも盛り付けがよく、この店は大盛り主義の店であることがわかりました。特に唐揚げ定食の鶏唐揚げの量がすごかったですねえ。若い人などはこれは重宝するでしょう。
 オーツは、食べ終わったあと、おじさんに声をかけるのも悪いかなと思い、600 円をカウンターの上に置き、「ごちそうさま」と言って店を出ました。11:25 くらいになっていました。
 オーツが店にいる間中、おじさんはのれんを外に出そうともしませんでした。

 オーツは次の機会にタンメン 500 円を食べてみたいと思いました。

中華料理タカノ中華料理 / 椎名町駅東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 03:08| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする