2020年02月15日

メールに見られる影

 オーツは、メールマガジンということで、『大前研一ニュースの視点』を読んでいます。毎週1回受信しています。
 最近受け取ったメールマガジン KON815 で不思議な経験をしました。
 ニュースの中身はネットでも見られます。
https://www.lt-empower.com/ohmae_blog/viewpoint/2689.php
 しかし、こちらはメール版と改行の位置が違うので、メール版で見られたものが見えません。(内容は同一ですが。)
 メール版では以下のようになっていました。一部引用します。
このような事態を招いた背景には、
世界の粗鋼生産における
中国の影響力があります。

中国は年間約10億トンという
世界トップの生産量を誇ります。

当然ながら、
国内には多くの製鉄所を抱えています。

世界的に需要が減ってきているといっても、
中国の場合には、政治問題が絡んでくるため、
すぐに製鉄所や高炉を閉鎖することができません。

 この文章をメールソフトで読んでいると、各行の右側がスパッと何かでカットされているような印象がありました。句読点のところで改行しただけなのでしょうが、たまたま各行の文字数がいたずらして、何かの影が見えるような気がします。
 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」といった話でした。
posted by オーツ at 06:08| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする