2020年02月09日

スリッパに違和感が

 オーツは自宅内でスリッパを履いて生活しています。夏は薄手のスリッパで、冬は厚手のスリッパです。
 薄手のスリッパとしては、ホテルなどで「持ち帰り自由」になっているスリッパをもっぱら使っています。
 今は、寒い季節ですから、厚手のしっかりしたスリッパを履いています。
 さて、最近、左側のスリッパで、足の裏にチクチクするような違和感が感じられました。布地の裏に1ミリ程度の砂粒か何かが入ってしまったような感覚です。靴下をはいていても感じます。手で触っても、あまりはっきりしないのですが、スリッパを履くと(体重がかかるため)チクチクを感じられるようになります。
 1週間くらい継続的に感じられるので、どうもおかしいと思って、スリッパの裏(床に当たる部分)を見たら、何と、大きな針が刺さっていました。段ボールの梱包などに使うホッチキスの針の大型のヤツ(長さ数センチ、幅数ミリ)です。ステープル針とか封箱針というようです。片側は折れ曲がったままでしたが、もう片側が90°曲がった形をしており、それがスリッパの裏面に刺さっていて、足の裏まで達していたのでした。
 この針、おそらくオーツの自宅に届いた荷物で使われていたものでしょう。開封するときに、これが外れ、オーツがスリッパで踏みつけていたものと思われます。
 しばらく感じていた違和感の原因が突き止められ、ホッとしました。
 もちろん、針を抜いたあとは、普通に快適なスリッパになりました。
ラベル: スリッパ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする