2020年01月27日

豊後高田どり酒場 下高井戸北口駅前店で飲む

 あるとき、若い人たちと下高井戸の駅からすぐのところにある豊後高田どり酒場に行くことになりました。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13210590/
 幹事の人が飲み放題、食べ放題を注文しておいてくれました。2時間制です。オーツたちは 18:30 にお店に集合ということにしました。総勢9人でした。女性が多かったので、(若い人でも)そんなにたくさんは食べられないと思います。
 この店の食べ放題は、はじめにスタートアップというのが出てきます。それを食べ終わったら、メニューから何でも追加注文できるというシステムです。
 というわけで、スタートアップが最初に出てきましたが、その1皿目の塩だれキャベツが大皿に山盛りで出てきたので、驚きました。これが9人分ということのようです。それに続けて、焼き鳥ですが、レバ、なんこつ、皮、つくねなど6種類、一人分が各1本ですから、9本ずつが並び、タレと塩で2皿分になっていました。それぞれの皿に27本がのっていたことになります。それから、タコ型ウインナソーセージ、ハムカツ、ピラフ、フライドポテト、鶏の唐揚げ、ちくわ天、枝豆が出てきました。まだあったかもしれません。ハムカツやら鶏の唐揚げやらは、一人1個ずつという計算で、9人分出てきました。
 メンバーの一人が早めに帰ったこともあって、スタートアップを食べるだけでも精一杯という感じになりました。
 飲み放題のほうは、ピッチャーで出てきます。オーツは生ビールをジョッキ2杯ほど飲み、あとは日本酒(熱燗)に切り換えました。さすがに熱燗はピッチャーではなく徳利で出てきました。若い人たちはハイボール、ウーロン茶などを飲んでいました。
 20:20 に「ラストオーダーです」といわれました。しかし、その段階でおなかいっぱいで、スタートアップの食べ残しがありました。聞くと、若干の追加が可能だというので、炙りしめ鯖1皿をもらうことにしました。5切れがのっていました。それまでの大盤振る舞いと違って、急に小皿に変わったようなものです。女性たちはデザートなどを注文していました。
 20:50 には切り上げることになりました。
 オーツは会計を担当していないので、実際に払った金額がよくわからないのですが、おそらく、
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13210590/party/119726026
これだと思いますので、一人あたり税込 3,080 円ではないかと思います。
 この店は、若い人向けで、とにかく安いです。体育会系の人でも十分なくらいの量が出てきます。ただし、揚げ物が多いので、オーツのような年配者には合わない面があります。(それでもがんばって食べましたが。)

豊後高田どり酒場 下高井戸北口駅前店居酒屋 / 下高井戸駅松原駅明大前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする