2019年12月04日

自転車の空気入れ

 オーツの自宅近くにあった自転車屋・ダイシャリンですが、9月末までで閉店しました。
2019.7.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/468374074.html
 閉店で影響が出たのが空気入れです。
 ダイシャリンが出店してからは、自宅のそばということもあって、ずっとお店のエアコンプレッサーを使わせてもらっていました。自転車の空気が不足気味になると、ダイシャリンまで行き、店で提供している無料のエアコンプレッサーで3秒で空気の注入ができました。単に空気の注入口(バルブ)にホースの先をあてがうだけで、とても簡単便利だったので、自宅で使っていた空気入れも処分してしまいました。
 ダイシャリンが閉店したので、空気を補充することができなくなってしまいました。
 さて、ダイシャリンが閉店してから、しばらくして、自転車の空気が甘くなっているのを感じました。
 オーツが乗っているのは電動アシスト自転車ですので、電気の力で走ることもあって、ペダルが重くなったわけではありません。それにしても、空気が不十分だと乗り心地がよくないし、もしかしてタイヤも傷めるしで、何とかしなければならないと感じました。
 以前使っていたような空気入れを買うのでしょうか。足踏み式だったり、手押し式だったり、何種類かの空気入れを使ってみましたが、イマイチです。
 しばらく迷っていたのですが、最近、ダイシャリンがあった場所よりも遠いところではありますが、セオサイクルという自転車屋が店頭でエアコンプレッサーを無料提供していることに気がつきました。郵便局に行くときの道沿いにあります。使ってみたら、とても快適です。
 これで空気入れを買う必要がなくなりました。お金の問題よりは、手間が重要です。
 ネットで検索してみると、12ボルト(クルマ用シガーソケット)で動くコンプレッサーがいろいろ売られています。
https://www.monotaro.com/g/00871843/
これなどは、たった 1,590 円です。クルマ用であっても、自転車に使えるでしょうし、子供用プールを広げるときとかでも使えそうです。
 当面はセオサイクルまで自転車に乗っていくつもりです。
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする