2019年11月11日

妻のうっかり(?)で予定のバッティング

 あるとき、オーツは予定のバッティングを経験しました。
 妻がコンサートのチケットを2枚買ったのですが、1枚はオーツ用でした。しかし、その日はオーツに別の用事が入っていて、コンサートには行けなかったのです。
 妻の言い分はこうです。1ヶ月ほど前に2人でコンサートに行くことを提案した。当日の予定表にオーツの予定が入っていたのは知っていたが、オーツに尋ねたところ、その予定は確実に行くべきものではなく、はっきり(ダメだという)返事がなかったので、コンサートに参加するものと思い、チケットを2枚購入した。
 オーツの言い分はこうです。その予定は半年くらい前から入っていたもので、オーツは確実に参加しなければならないものだから、もしも自宅で妻からコンサートのことを聞かれたら、家族の予定表(パソコンから紙にプリントしたものを壁に貼ってある)を見て、ダメだというはずだ。メールで聞かれたら、当然、パソコン内の予定表を確認して返事するので、ダメだというはずだ。自宅外で口頭で聞かれた場合は、予定がはっきりしない(予定の全部を記憶しているわけではない)からあいまいな返事をするしかない。だから、オーツが1ヶ月前にあいまいな返事をした可能性はあるが、お金が絡む話だし、普通は予定を確認してからきちんと返事をするようにするはずだ。
 結果的に、妻がチケットを2枚買ってきて、その段階で予定のバッティングがわかったしだいです。
 妻が今回の事態の責任はオーツにあると主張するので、オーツは妻と若干言い争いになりました。
 普段のオーツの行動を振り返ると、こういうことで間違えることはほとんどありません。いろいろな予定が入ってきますが、基本的にパソコン内に記録した「手帳」でオーツ自身のスケジュール管理をしていますので、まず間違えることはありません。数年に1回くらいある程度です。
2014.12.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/410661273.html
 そう考えると、やっぱり妻が確認していないのに確認したつもりになっているとか、過去の記憶があいまいになっているとか、何か妻側の問題があるのではないかと感じました。
 つまり、オーツとしては妻のボケの始まりのように感じたということです。
ラベル:予定表 手帳 予定
posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする