2019年10月25日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(10回目)

 以前にも何回も利用している「わさび」ですが、先日、また行くことになりました。
 前回行った話はブログ記事に書きました。
2018.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/459343747.html
 今回は、嫁と二人の孫とオーツと妻の5人で夕食会となりました。ネットで個室を予約しました。
 食べたものは以下の通りです。お通し(ダイコンとさつま揚げの煮物) 300 円×3、上寿司 1,500 円×2、穴子にぎり 320 円、サーモンにぎり 240 円、いくらにぎり 400 円、ご飯セット 400 円、マルゲリータピザ 950 円、ホッケ焼き 480 円、金目鯛煮付け 780 円、お刺身3名盛り 2,980 円、万願寺トウガラシ炒め 600 円
 5歳の孫が寿司をだいぶ食べるようになっていて、上寿司の1人前を頼んだところ、その半分くらいは一人で食べてしまいました。穴子、サーモン、いくらは1皿2貫ですが、孫が食べたいということで注文したもので、孫が一人で全部食べました。小さい身体でよく食べるものです。寿司はいずれもわさび抜きにしてもらい、別途、わさびを添えてもらいました。たっぷりのわさびがあって大人も満足ですし、さび抜きでないと食べられない子供も満足です。ただし、上寿司の中に含まれていた鉄火巻だけは、なぜかわさびが付いていて、孫は食べられませんでした。こんなわけで、孫が寿司をたくさん食べたので、上寿司をさらに1人前追加して食べたのでした。
 刺身盛り合わせは、けっこうな量があり、しかもおいしかったです。こういうのを食べながら酒を飲むのがオーツの楽しみです。
 金目鯛煮付けは、値段の割にやや小ぶりだったですかね。いや、他のメンバーが箸を伸ばしたあとでオーツが見たから、身がある程度食べられた後で小さかったのかもしれません。
 ホッケは身が大きめで、たっぷり食べられてよかったです。1歳の孫もホッケを喜んで食べていました。嫁が身を崩してご飯と一緒にすると、自分でスプーンを使って口に運んでいました。いつの間にか、こんなものが食べられるようになっていたわけです。子供の成長は早いものです。
 ご飯セットは、ご飯と漬物と味噌汁ですが、ご飯は孫が食べ、漬物はオーツが食べ、味噌汁は嫁が食べました。みんなで会食のときは、食べたい人が食べる方式ですから、自由がきいてムダが少なくなります。
 合わせて、飲んだものも記録しておきましょう。オーツは、生ビール中スーパードライ 580 円、日本酒・獺祭1合 1,000 円、日本酒・田酒1合 850 円を飲みました。それ以外に、無料サービスで芋焼酎2杯を飲みました。十分な量でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13039200/dtlmap/
 嫁は生ビール 580 円を飲みました。生ビールは、大きなジョッキに入っていましたが、最初に運ばれてきたとき、ジョッキ自体がキンキンに冷えていて、取っ手を持っても冷たさが感じられました。ジョッキを冷やしてくれていたのだろうと思います。生ビールの分量が多めなのもうれしいことです。
 妻はジンジャエール 300 円を飲みました。
 5歳の孫が飲んだのはお冷やだけでしたが、まあ寿司をたくさん食べたから、満足したでしょう。食事の途中で「声がうるさい」と騒ぎ始め、まもなく座布団の上で寝込んでしまいました。
 飲むものを飲み、食べるものを食べたので、そろそろ終わりにしようということで、無料サービスでアイスクリームを3個もらいました。1歳の乳児の分も参加者数に入れてサービスしてくれた形になります。これもうれしい話です。
 会計すると、上に書いたものの小計で 14,360 円、外税 1,430 円が加わって、合計 15,790 円となりました。3.5 人で食べたとすると、一人 4,500 円という計算になります。
 魚を中心においしいものをたっぷり飲み食いして、大いに満足しました。店の名前にうたっているように、たしかに魚がおいしい店だと思います。今回、かかった時間はちょうど2時間でした。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:07| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする