2019年10月13日

MaMaん家Kitchen@江古田南口でローストビーフ丼を食べる

 最近、江古田にカフェができたようです。入口の黒板のところに「MaMaん家Kitchen」と書いてありました。読み方は「ママンチキッチン」です。
https://s-nerima.jp/wp/136738
 お店は女性一人で切り盛りしていました。この方が経営者であり、つまりママということなのでしょう。気さくな人柄で好感が持てます。
 ママに聞いてみると、「One's Cafe」というのが建物の名前で、木曜日から土曜日が「MaMaん家Kitchen」として営業し、月曜日が「おうちごはん」となるという話でした。
https://kurupro.art/shop/kre000/
 「MaMaん家Kitchen」の営業時間は、木曜日と金曜日が 11:30 開店で、土曜日が 13:00 ころの開店となるとのことです。土曜日の開店時刻はあまり厳密ではないようで、午前中はママが劇団活動か何かをしているのでしょう、たぶん。
 営業日が短いこともあって、なかなか食べに行きにくいお店のように感じます。
 さて、オーツが金曜日の 11:35 くらいにお店に着くと、まだ客が誰もいませんでした。この日はポークジンジャーがあるということで、逆にメニューの「カレー」のところが横線で消されていました。ローストビーフ丼は、普段は木曜日だけ提供されるようですが、今日は特別に提供できるというので、今回はローストビーフ丼(サラダ、ドリンク付き)1,000 円にしました。
 お昼ご飯のメニューの種類が少なく、この日はポークジンジャーとローストビーフ丼の2種類でした。好みに合えばいいのですが、そうでない場合は困るでしょうね。
 数人が入ると一杯になるくらいの小さな店です。
 お店の中を見渡すと、手作り感一杯の内装です。素人ががんばって仕上げた感じになっています。イスやテーブルはちょっと安っぽいように見えます。
 待つことしばし。
 ローストビーフ丼が出てきました。「ローストビーフ丼(サラダ、ドリンク付き)」とメニューに書いてあったので、丼飯の上にローストビーフが乗ったものと、サラダ、ドリンクという形で提供されるのかと思ったら、そうではなくて、丼の中にタレがかかった御飯が入っており、皿にローストビーフとサラダが盛り合わせてありました。
 雨の日にわざわざ来てくれたからということで、小鉢に入ったカボチャの煮物をサービスしてくれました。
 ドリンクは、コーヒーか紅茶がホットかアイスで飲めるとのことだったので、オーツはアイスコーヒーを選びました。
 ローストビーフはおいしくいただきました。本格的な味です。
 丼が大きかったので、御飯が下の方にちょこっと入っているだけのように見えましたが、食べてみると、深みのある丼で、御飯をほじくり返すと下の方にけっこうたくさん入っていることがわかりました。見た目で判断してはいけないということです。
 サラダとは別に、黄色のドレッシングがカップ状の容器に入って提供されました。ただし、酢がちょっと強くて、オーツの好みの味とは違いました。
 食後にアイスコーヒーを飲んで、満足しました。
 オーツの次に、二人組の男性が入ってきて、ポークジンジャーを注文しました。こちらには味噌汁もついて、おいしそうです。お盆の上にカボチャの煮物が乗っているのが見えました。
 さらに、あとからもう一人女性が入ってきました。こちらはローストビーフ丼を注文していました。

 さて、この店はランチで再訪することになるでしょうか。オーツの感覚では、かなり否定的です。
 まず、メニューの少なさが問題になるように思います。その日のメニューは店頭の黒板に示されますから、それを見て、苦手なものだったら入らないという選択ができます。とはいえ、せっかくお店の前まで来て、食べずに別の店に行くというのはかなり抵抗があります。
 次に、コストパフォーマンスです。ドリンク付きであっても、1,000 円がチト高い感じがします。味噌汁かスープがついてくれば適当な感じでしょうか。
 ローストビーフ丼といえば、今はなき「犇郷」のそれを食べたことがあります。
2017.11.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/454711897.html
2017.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/448325798.html
こちらの方がよかったかなという思い出があります。

 夕方の営業時には、アルコール類もあるし、いくつかつまみ類も提供されるようですから、だいぶ違った形になると思います。むしろ、そちらの利用法がこの店の特徴が活かせるのかもしれません。オーツは自宅の周りで一人飲みすることはほとんどありませんので、そういう利用法は考えにくいものです。
続きを読む
posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする