2019年09月20日

門扉の開け方を間違えた

 先日、大きな荷物の出し入れがあったので、玄関のそばにある門扉を全部開けました。観音開きの形で開け閉めするもので、普段は右側半分を閉めたままにしておき、左側だけを開け閉めして人間が通るようにしています。
 さて、用事が終わったので、オーツは門扉の右側をロックしようと思いました。
 ところが、右側の門扉をロックすると、左側の門扉が外に向かって開けられないことに気がつきました。
 なぜ、こんなことになっているのか、不思議な気分でした。
 荷物を出し入れした業者が、わざわざ門扉に手を加えたとか? ありえません。
 しかし、それでは困るので、門扉の左側半分をロックして、右側が外に向かって開け閉めできるようにしました。ま、これでだいたい今まで通りに使えるはずです。
 しばらくして、妻が帰宅して、騒ぎ出しました。門扉が開かないというのです。オーツが事情を説明して、設定を変えたことを告げました。
 すると、妻が言うには、この門扉は内側に向かって開け閉めするようになっており、外側ではないというのです。
 そこまで聞いて、オーツははっとしました。オーツが門扉の開け閉めする方向を間違えたのでした。
 この門扉は、引っ越ししてきてから20年、ずっと同じ設定で使い続けてきたものです。それを間違えるなんて! いよいよオーツのボケが始まったのかもしれません。
 そういえば、以前、玄関のカギの件で同様の話がありました。妻が玄関のドアが開けられなくなってしまって、大騒ぎだった件です。
2011.9.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/225097858.html
このときも、12年間使ってきたドアのカギを回す方向を妻が間違えたのでした。
 今回は、オーツ自身が似たようなことをやってしまいました。
 妻の経験を数年してオーツが追いかけるようなものかもしれません。妻がオーツよりも年上なので、妻の現状はオーツの数年後の姿になります。
 見方を変えると、妻とオーツのボケ合戦といったところでしょうか。年寄り二人が住んでいると、こんなことになりそうです。
 オーツとしては、どういうボケがあったか、ブログに記録し続けたいと思います。(将来的にはブログに書いたこと自体を忘れてしまうのかもしれませんが。)
 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする