2019年08月01日

福しん@江古田南口で回鍋肉定食を食べる

 オーツは、江古田駅南口にある福しんに定期的に通っています。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13095905/
最初にタンメンを食べたとき
2015.3.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/415407461.html
から、毎回いつもタンメンを食べてきました。記録を見ると、過去4年半で32回タンメンを食べています。
 最近、暑くなってきたので、たまにはタンメンでないものを食べてみようと思いました。(暑い中で食べる夏のタンメンもまたおいしいと思いますが。)
 また、最近、江古田南口にあった龍厨房2号店が閉店になってしまった
2019.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/465902093.html
ので、(それに加えて新江古田の中華屋の閉店もあり、)オーツにとっては中華の定食を食べる店がなくなってしまったわけです。
 もしかして福しんの定食が満足するものであれば、ここで中華の定食を食べる手もありそうです。
 そんなわけで、カウンターに座ってメニューを眺めて、回鍋肉定食 640 円を注文しました。前回のクーポンがありましたので、ミニ杏仁豆腐をもらうことにしました。
 待つことしばし。
 出てきたのは、回鍋肉とライス、スープ、漬物、それに杏仁豆腐でした。
 スープは、醤油ベースの中華スープでした。刻みネギが少し入っていました。なかなかおいしいです。しかし、オーツは醤油味のスープがあまり好きではありません。まるでラーメンを食べているかのようなので。漬物は日本式のタクアンを小さく切ったものでした。そして肝心の回鍋肉ですが、オーツは満足しました。普通においしく食べられましたし、炒めたばかりの「熱さ」がありました。肉の量もそれなりにあり、味もよかったと思います。ちょっとキャベツが多めのような気がしました。
 640 円という価格でこのセットを提供しているのはエライと思います。なかなかマネできないことではないでしょうか。
 オーツの感覚的には、全体として、普通です。おいしいけれど、何か突き抜けたものがあるわけではありません。
 オーツが定期的に福しんの定食を食べるかと考えると、それはなさそうです。まあ、他の定食メニューもいろいろ食べてみないと断言はできないわけですが。
 龍厨房2号店がいかにすばらしかったかは、なくなってみてから切実に感じます。
 オーツの場合、やはり、福しんではタンメンを定期的に食べ続けることにしましょう。夏もタンメンで行きましょう。

福しん 江古田店ラーメン / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする