2019年06月24日

メールにはすぐ返事をしない?

 オーツが読んだネットの記事で、ユニークなものがありました。
ジェイク・ナップ ジョン・ゼラツキー(2019.6.21)「即レスの人ほど「人生の損」が増えていくワケ 返信はもっと遅くするべき。その理由とは?」
https://diamond.jp/articles/-/205331
というものです。『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』の記述の一部を引用したもののようですが、驚きがありました。
 メールに対する即レスは「相手」にとっては最高なのですが、自分の時間を奪うものだというのです。ですから、「できる限り早く」から「許される限り遅く」への方針転換が何より必要だということになります。メールにはゆっくり返信するのがいいということで、数時間、数日、ときには数週間置いてから連絡をとろうという提言があります。
 すぐに返信するのは、メールの送信者と自分自身にこんなメッセージを送っているようなものだということです。「あなたがどこの誰で、用件が何であれ、私は自分の優先事項を差し置いて、あなたの優先事項のために時間をつくりますよ」
 価値観の大転換です。
 オーツの場合、メールを読んでもすぐに返信しないケースがあります。それは、酒を飲んだ後のことです。読むだけは読むのですが、返事はしないことにしています。過去に、自分で信じられないようなメールを送ったことがあるからです。オーツは自分あてに Bcc: ですべてのメールを返していますので、翌朝、それを読んで自分で自分が信じられなくなりました。それ以来、酒を飲んだ状態でメールを送ることはしないようにしています。
 それ以外は、だいたいすぐに返事をしていました。返信しないのは、ネットにアクセスできないときなどの場合です。旅先などではそういうことがあり得ます。
 数日後に返信する方針を試しに導入してみるのもおもしろいかもしれません。自分の生活がどう変わるでしょうか。もしかして周りの人に迷惑をかけることになるでしょうか。意外と平気なような気がしています。
ラベル:メール 返信 時間
posted by オーツ at 05:29| Comment(5) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする