2019年05月12日

林道 豊岡梅ヶ島線

 静岡県静岡市と山梨県身延町を結ぶ林道が豊岡梅ヶ島線です。冬季は閉鎖されますが、今年は、2019.4 中旬から通行可能になったようです。
 オーツは、この林道を静岡県の梅ヶ島温泉側から山梨県身延町に抜ける方向にクルマで走ってみました。オーツが乗っているのは普通のクルマで、オフロード用ではありません。しかし、前日に静岡県警の警察官に聞いたところでは、この林道はほぼ全部舗装されているので、普通のクルマで十分走れるということでした。
 オーツは 9:00 に梅ヶ島温泉・さつき苑を出発しました。
 9:18 安倍峠開通記念碑の脇を通過しました。(7.6km)
 9:26 富士山を撮影しました。(8.1km)
 林道の幅が広くなっているところがあり、道路脇にクルマを止めてもじゃまではないように思いました。

huzisan.JPG

 ここだけでなく、何ヵ所か、富士山がよく見える場所があります。オーツは自転車で走ってきた2人組と写真を撮り合ったりしました。
 9:32-9:36 展望台に立ち寄りました。(8.8km)
 駐車場は10台分くらいあります。数十メートル歩いて降りられる歩道が付いており、その先では富士山がよく見えます。ただし、上記の道路端で見た富士山のほうが、手前の山が低い位置にあり、富士山そのものが映えるように思います。
 10:02 山梨県側林道入口(ゲート)に来ました。(18.9km)
 冬季閉鎖用のゲートがありました。安倍峠 11km、梅ヶ島温泉 18km と書いてありました。林道は、実際はもう少し先まで続くようです。
 10:08-10:13 大城川(おおじろがわ)発電所に着きました。(21.2km)
 2台分ほどの駐車場がありました。大城川砂防ダムに併設されています。ここが林道の終点のようです。
 林道 豊岡梅ヶ島線は、自転車・バイクが多いと思います。何人もの人とすれ違いました。また同じ方向に行く人を数人追い越しました。この林道は、景色を眺めながら走るにはもってこいです。ただし、林道ですので、上りがきついです。自転車はギアをローに入れてもかなり大変でしょう。バイクはエンジン付きなので、問題がありませんが、ところどころ路面に穴が空いていたり、落石があったりしますので、スムーズに走れるわけではありません。路面によく注意しながら、ゆっくり走るしかありません。
 オーツは、林道の途中で落ちていたボルトを踏みました。幸い、先が尖っていなかったので、タイヤのパンクにはならずに済みました。クルマを走らせると1秒以下の間隔で定期的に音がするので、何かがタイヤに付着したことがわかりました。クルマを止めてタイヤをチェックしたら、タイヤの溝にボルトが挟まっていました。それを手で取りました。
 この林道の幅は 3.6-5.0m だそうで、11人乗り以上のクルマは通行禁止です。マイクロバスも通れません。オーツは対向車とのすれ違いがあったらどうしようかと心配していましたが、走りきったあとで振り返ってみると、1台もすれ違いはありませんでした。
 オーツは峠マニアではありません。こういう峠の林道を走るのは本当に久しぶりでした。15年ぶりくらいかもしれません。この林道はなかなか興味深い道です。再度通ってみたいと思いました。5月の連休くらいがちょうどいい季節でしょうか。11月の紅葉のころはどうなのでしょうか。
posted by オーツ at 02:43| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする