2019年05月07日

大羊飯店@東長崎でタンメンを食べる

 オーツは、東長崎駅の近く(ちょっと西側)に「大羊飯店」という中華料理の店があることを知りました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13073635/
外観も内装も昔ながらの中華料理屋です。ここでタンメンが 500 円で食べられることを知り、どんな味か、試してみようと思いました。
 オーツは、江古田南口にある福しんで定期的にタンメン 490 円を食べています。価格的にもほぼ同じですから、もしも大羊飯店のタンメンのほうがおいしければ、こちらに乗り換える手も考えられるところです。
 カウンターに座って、タンメンを注文して待つことしばし。
 タンメンが出てきました。野菜がたっぷりのっています。食べてみると、普通においしいタンメンです。500 円というのはがんばっていると思います。
 では、これを福しんのタンメンと比べてどうか。オーツの感覚では福しんの方がおいしいと思いました。
 大羊飯店のタンメンは、ちょっとニラの味が気になりました(強いという意味です)。そして、食べている途中でニンニクの風味も感じました。こういうのが好きな人は、風味が感じられることをプラスに考えるでしょう。しかし、オーツは、ニラもニンニクもさほど好きではありません。こういう風味は若干マイナスに感じます。
 麺はやや柔らかいでしょうか。しかし、この点はさほどマイナスには感じませんでした。
 スープは全部飲んでしまいましたが、おいしいと思いました。
 大羊飯店のタンメンは、特に問題があるわけではなく、普通においしいし、500 円という価格は良心的だと思います。しかし、オーツの好みでは、福しんのタンメンのほうがもっとおいしいと感じますので、今まで通り福しんに通うことにします。
 大羊飯店のご夫婦は、見たところ、かなりの高齢のようでした。その点からは、今後10年、20年とお店を続けることはむずかしいのではないかと思いました。
 オーツは、営業を終了する前にタンメンが食べられて(味が確認できて)ホッと一安心でした。

大羊飯店中華料理 / 東長崎駅新江古田駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする