2019年05月01日

高滝湖と里山トロッコ列車

 オーツは長男家族と一緒に千葉県大多喜町・市原市に旅行に行きました。
 都内からアクアラインを通るときは、大師経由がいいということを知り、気軽に千葉県に行くことができるようになりました。
2018.8.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/461268040.html
 今回は、連休中にもかかわらず、首都高速もアクアラインも渋滞がありませんでした。
 ちょっと早めに千葉県内に入ったので、まずは高滝湖に行きました。
https://www.jalan.net/kankou/spt_12219ab2030004427/
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1021250-d1314673-Reviews-Takataki_Lake-Ichihara_Chiba_Prefecture_Kanto.html
 ここでスワンボートに乗ることにしました。オーツたちは大人4人と小学生2人でしたが、全員で1隻に乗ることができます。足踏み式のペダルが四つ付いています。そこに大人が座り、大人にはさまれる形で子供が座る形です。救命胴衣を着けていざ出発です。ハンドルは全席中央に着いていますから、小学生がハンドル操作をします。高滝湖の中央にはトンボのヤゴを模したオブジェがあり、その近くを通りました。まるで怪獣です。大人4人でペダルをこぎましたが、けっこう疲れます。30分ほどで橋の下をくぐり元に戻ってきました。いい運動になりました。
 子供たちは、さらに原っぱを走り回っていました。元気が余っているようです。
 その近くの掲示板を見たら、こんなのがありました。

takataki.JPG

 「エレクトリックモーター」という言い方が書いてありました。モーターといえば全部電気で動くものであり、「エレクトリック」が付いているのはおかしいと思いました。
 しかし、ネットで調べてみると、以下のような記事がありました。
https://www.marine-j.com/shop/140703.html
通称エレキと呼ばれるエレクトリックモーター【電動船外機】は、自動車に載せて移動できる8-15kg程度の軽くて扱いやすい電動エンジンです。 操作方法もとても簡単でインフレータブルボート、レンタルボート、ジョンボートと船種を選ばず利用できます。

 なるほど、燃料を使うエンジンと区別して船舶用のものをこう呼んでいるのですね。

 中国料理鉄人 市原店でランチを食べたあとは、
2019.4.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/465432509.html
上総牛久駅から里山トロッコ列車に乗ることにしました。
http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/
これには昨年も乗ったのですが、また乗りに行ったわけです。
2018.5.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/459184288.html
今回は、上総牛久駅から養老渓谷駅までの片道だけ乗ることにしました。オーツはクルマを回送することにし、5人がトロッコ列車に乗りました。

satoyama.JPG

ところどころの踏切でオーツはトロッコ列車の写真を撮りました。トロッコ列車の中の家族が手を振ったりしていました。それにしてもクルマのスピードはけっこう早いものです。トロッコ列車が遅いだけかもしれませんが。
posted by オーツ at 04:57| Comment(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする