2019年01月25日

新パソコンに ATOK のユーザー登録単語を移行すると

 オーツは、新しいパソコンに ATOK をインストールし、旧パソコンからユーザー登録単語を移行しました。
 1.5 万語以上ありました。自動登録された単語などもいろいろあります。これらを全部移行したわけです。
 すると、使い勝手がよくなるわけですが、一面では使い勝手が悪いところもありました。
 第1に、ユーザー登録単語が優先されてカナ漢字変換に用いられるようになっていることです。自動登録単語などで問題が起こります。たとえば、「イキマス」などです。あるとき、オーツが書く文章の中でカタカナで書く必要があって、入力したものをカタカナ変換して確定したものと思われます。すると、ユーザー辞書の中に「イキマス」が登録されます。これが優先されると困るのです。もちろん、変換候補が表示されたときに、「いきます」を選べば、次からは「いきます」が優先されるので、大きな問題ではないのですが、新パソコンに移行した直後に変なカナ漢字変換が多発します。使っているうちに、辞書が鍛えられて、不都合はなくなるのですが、旧パソコンから適当なファイルをコピーすると、以前の学習結果が移行できるようになっているとありがたいと思います。
 第2に、すでに辞書が持っている語の中でも同様の問題が起こります。たとえば、人名でいうと、「たかし」さんの場合、辞書には何十種類もの変換候補が並んでいます。しかし、自分の知り合いは特定の漢字に限定されます。それを一度選ぶと、次からはそれが優先されます。ふたりの「たかし」さんの漢字がほしい場合も、ATOK を使い続けていると、2種類の表記が優先候補の並びの初めのほうに位置するので、選択が楽です。ところが、このような学習結果を新パソコンに引き継ぐのがむずかしい(オーツの場合はできない)のです。
 もしも、これら2種類の問題が、いくつかのファイルのコピーだけで解決できるならば、ぜひ、そうしたいところです。
 オーツの場合、2台のパソコンを自宅と勤務先で使っています。環境はほぼ同一です。ファイル類は USB に入れて持ち歩いていたりします。だから、特定のフォルダのこれこれのファイルということだけでいいなら、そのファイルを USB に入れて持ち歩くことができます。すると、学習の効果がいっそう高まるし、2台のパソコンがともに学習に使えることになります。
 どうしたらこのようにできるのか、どのファイルにこういう情報が書かれているのか、オーツにはわからない状態です。
続きを読む
posted by オーツ at 06:23| Comment(5) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする