2018年08月25日

千葉旅行(1)首都高速の渋滞を避けられた

 オーツは、4月末の連休の時、首都高からアクアラインへに乗ろうとして、ひどい渋滞に悩まされました。
2018.5.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/459166650.html
 後に、大師経由のルートで行けば、渋滞をさけられると知りました。(そこまでを上記の記事に書きました。)
 そこで、今回、土曜の朝、東京方面の首都高速からアクアラインに乗るために、大師経由のルートを使ってみました。
 結論からいうと、極めて快適でした。
 大師出口で首都高速を降りて、右折して、大師入口から乗ることにすると、そこから川崎浮島ジャンクションまでまったく渋滞がありませんでした。それどころか、前の方も後ろの方も、見渡す限りクルマが走っていない状態で、こんなに空いている首都高速というのはいままで経験したことがありません。非常に快適でした。
 アクアラインに入ってから、海ほたるまで若干渋滞しました(といってもノロノロ動いていました)が、まあ我慢できる範囲でしょう。海ほたるの駐車場に入るときに通路で並んで5分くらい待たされましたかねえ。まあ、許容範囲です。オーツはトイレに入り、アイスクリームを食べました。
 ちなみに、もう少し正確に、今回と前回のかかった時間を書いておきます。
 今回は、7:16 西池袋ランプ→7:37 大師出口→8:14-8:43 海ほたるで休憩 ということでした。
 前回の4月末のときは、8:13 西池袋ランプ→10:41 川崎浮島JCT→11:09 海ほたる通過 ということでした。
 今回は1時間早く出発し、海ほたるまでで3時間ほど早くなっていますから、大師経由のルートのほうが2時間ほど早いことになります。まあ連休のときは一番混雑するときですから、それも影響しているでしょうが、それにしても大きな違いであることは事実です。

 海ほたるから千葉県側は高速道路の渋滞がまったくありませんでした。アクアラインを通ってきたクルマがいくつかの方向に分かれていくのですから、必然的にこのあたりは通行量が少な目ですし、渋滞しにくいはずです。

 ということで、今回、情報は力なりを実感したことになります。これからは、アクアラインを使うとき、ずっとこのルートを使うことにしたいと思います。千葉が近くなったような気がしました。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする