2018年06月11日

NTTの料金の支払い方法

 オーツは、NTTに電話して、電話関係の契約内容の変更を依頼することになりました。
 電話ですので、本人確認があり、名前(フルネーム)、住所などを聞かれました。それは全部すらすら答えられました。(当たり前ですが。)最後に、先月分の料金の支払い方法を聞かれました。これにはちょっとあわてました。オーツは払ったと思うのですが、どうやって払ったかなんて、まったく記憶がありません。しかし、電話のオペレーターは、それがわからないと本人確認ができず、したがって電話で契約内容の変更もできないというのです。
 実は、しばらくNTTを使っておらず(回線休止にしておいて)、4月にNTTの光ケーブルを導入して、NTTを再度使い始めたということもあって、支払い方法がどうなっているかもはっきりしていません。5月分というのは初めての支払いでしたから、口座振替(自動引き落とし)か、銀行振込か、クレジットカードか、コンビニ支払いか、などと聞かれても、記憶がありません。電話で話しながら、自宅のキャビネットの中を調べたら、NTTの請求書が出てきました。4,281 円という金額も合っています。
 それには払込取扱票と請求書兼受領証なども付いていました。郵便局やコンビニで支払えば、スタンプが押してあるはずですが、それもありません。
 困りました。
 しばらくして、払込取扱票の上の方に「収納機関番号」とか書いてあるのを見つけました。「あ、そうだ。ペイジーで払ったんだ」ということで、電話でその旨を伝えると「正解」でした。
 いやはや。
 ペイジーで払ったことなんか、覚えていない人が普通ではないでしょうか。自宅でパソコンを使って手軽に支払えるのはいいことですが、いくつかのネットショッピングや銀行振込などのネットバンキングなど、いろいろパソコンで手続きをしているので、「支払い手段」は記憶していないものです。NTTに電話をしてくる人は、こんなことをきちんと記憶してるのでしょうか。オーツには信じられません。
 必要になればペイジーの支払い記録もネットバンキングで調べますが、電話をかけるときは、まさかそんなことになるとは思ってもいなかったので、気軽に電話して、あわてました。
posted by オーツ at 02:50| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする