2018年06月03日

頻度

 とあるところで、「頻度」ということばを見かけました。
 「生起頻度」という複合語でしたが、頻度(回数)の生データではなく、パーセンテージに直してある数値でした。オーツは、こういうものならば「生起比率」のほうが望ましいのではないかと思いました。
 その方は、国語辞典を示し、

> ひん-ど 【頻度】
> (1)ある事の繰り返される度合。「出現する―が高い」
> (2)統計学で,度数のこと。頻数。

という説明から、オーツは(2)の意味(だけ)を考えているが、自分は(1)の意味で使っているという話でした。
 オーツは驚きました。自分では、比率の意味で「頻度」という言い方をすることはまったくないと思っていました。頻度=度数 と考えていました。
 その方は、「度」が「完成度」のような語では程度を表し、「2度」「3度」では回数を表すので、理屈のうえではどちらの解釈もあり得るということでした。「高度」は「高さの度合い」、「純度」は「純粋の度合い」だから、「頻度」は「頻繁の度合い」と考えるほうが自然な発想のようだというわけです。
 学研の国語大辞典で「頻度」を引くと、以下のような記述でした。
〔ものごとが〕くりかえして起こる度合い。出現度。フリクエンシー。「頻度が高い」 用例:タイプライターの文字盤が、使用漢字の頻度に応じて適当に配列されているかどうか…〈四三・四・九・毎日夕〉

 語釈の中に「度合い」が出てきますので、比率を頻度といってもいいように思えます。
 学研漢和大字典の「頻度」を引くと、以下のような記述がありました。
《日本語での特別な意味》物ごとがくり返しておこる度合い。出現度。

 国語大辞典と同様の語釈ですが、初めにある《日本語での特別な意味》という注記が気になりました。もともとの中国語にはこのような意味がなく、日本語の中でこういう意味が発生したということを物語っているようです。
 ちょっと若い人が集まる場があったので、オーツは「頻度」の意味を聞いてみました。度数、回数という意味だけの人と、それに加えて程度、比率という意味もある人と、手を挙げてもらったところ、半々でした。決着が付きません。
 頻度は frequency の訳語でもあるわけです。frequency の意味を小学館の「プログレッシブ英和中辞典(第4版)」で見てみると、四つの意味に小区分され、以下のような記述がありました。
1 [U](…が)しばしば起こること, (…の)頻発((of ...)) the frequency of earthquakes [crimes]地震[犯罪]の頻発 with increasing frequency ますますひんぱんに.
2 頻度, 度数, 回数;脈拍数.
3 [U][C]《物理学》頻度;振動数;(電波などの)周波数(記号:F) high [low] frequency 高[低]周波.
4 《数学》度数;《統計学》頻度, 度数.

 1 は頻度とは無関係ですが、2,3,4 には「頻度」が出てきます。どれも度数とか回数のような意味であり、比率の意味はないようです。
 オーツの「頻度」に関する感覚は、数学ないし統計学に親しんでいるためというよりは、「frequency=頻度」という考え方あたりから来ているように思いました。

 この問題は、もう少しデータを集めて考えてみたいところです。
続きを読む
ラベル:頻度 frequency
posted by オーツ at 03:02| Comment(5) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする