2018年04月07日

洗面台

 オーツが自宅で使っている洗面台は自宅の新築時に設置したものですから、19年経ちます。特に修理をした記憶もありませんが、ずっとこの洗面台を使い続けてきました。しかし、先日来、吐水口から水滴がぽたぽた落ちるようになってきました。
 ちょっと業者に見てもらおうと思い、E社に電話して来てもらったのですが、こういう蛇口の耐用年数は10年程度なのだそうです。19年も経っていると、内部を修理しても今後どれだけもつか、わからないから、蛇口を交換してしまうのがよいといわれました。7万円くらいかかるのだそうです。
 しかし、蛇口を交換しても、洗面台の形状が最近のものと微妙に違っているため、きちんと取り付けられるか、心配があるということで、洗面台全体の交換を提案されました。15万円だそうです。蛇口だけの交換で7万円ということを比べれば、古くなった洗面台を交換してもいいかなと思い、交換しました。
 E社の見積書を見ると、こんなふうになっていました。

  TOTO Vシリーズ 750 洗面台  159,000 円
    (LMPB075B3GFC1G+LDPB075BAGEN1)
  施工費、廃材処分費、運搬諸経費 35,000 円
  値引き  △55,112 円
  小計  138,888 円
  消費税 8% 11,111 円
  合計  150,000 円

 洗面台の価格の根拠として、E社が作成したパンフレットを置いていきましたが、そこには確かに 159,000 円と書いてあります。
 こんなことで、洗面台の交換は無事済んだのですが、その後、ちょっと気になって、ネットで洗面台の価格を調べてみました。すると、楽天では、この形式のものが何と 49,300 円で売られているではありませんか。
https://item.rakuten.co.jp/mnkmok/totov10/
 とすると、E社のパンフレット、さらには見積書、55,112 円という大幅な値引きなどが茶番に見えてきます。
 となれば、ネットで購入して、取付業者に工事だけ依頼するのがよかったのかもしれません。
 どういう洗面台を設置するかあたりが一番むずかしいでしょうが、一番売れ行きのいいものを選ぶという安易な手でもよかったかもしれません。
 オーツの主観では15万円という価格が高いとは思わなかったのですが、ネットを調べて愕然としたというところです。
posted by オーツ at 03:26| Comment(5) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする