2018年04月05日

虹の下水道館と水の科学館@有明

 オーツは、とある日曜日、孫を3人連れて、家内と一緒に有明にある虹の下水道館と水の科学館に行ってきました。クルマで行きました。小さな子供がいるときはクルマのほうが何かと便利です。
 駐車場は、虹の下水道館のところにあります。100 円で40分止められます。良心的な料金です。
http://rikei-husband.com/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E8%99%B9%E3%81%AE%E4%B8%8B%E6%B0%B4%E9%81%93%E9%A4%A8%E3%83%BB%E6%B0%B4%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/
 まずは虹の下水道館に行きました。水再生センターの建物の5階に位置します。
http://www.nijinogesuidoukan.jp/
 3人の子供たちはいろいろな遊びを体験しました。一番長く遊んでいたのは、水の流れを大量のピンポン球で模した装置でした。上流の「ダム」を模したところに手桶でピンポン玉をざあっと入れます。

gesuidou1.JPG

するとピンポン玉がパイプの中を流れていき、家庭の中で使われて、ポンプ所まで流れ下ってそこに貯まる仕組みです。

gesuidou2.JPG

 3人の子供たちは、下のボールプールからピンポン玉をすくって、階段を登り、「ダム」の中にざあっとあけることを何回も何回も繰り返していました。
 一番上の孫は小学生ですので、11:00 からお仕事体験のコーナーに参加しました。汚水処理に使われる微生物を顕微鏡で観察するというかなり本格的なものでした。あとの二人はまだ小学生になっていませんので、参加できませんでした。その代わり、別室にあったパズルなどで遊んでいました。

gesuidou3.JPG

 午後は、近くにある東京都水の科学館
http://www.mizunokagaku.jp/
に歩いて行きました。
 こちらも楽しいところです。
 1階には、小さな滝と水が流れるプールがあり、おもちゃで遊べるようになっていました。その水槽の中程に、頭が出せるスペースがあります。子供たちはかわりばんこに頭を出していました。

mizunokagaku1.JPG

 この写真の右側にちょっと突きだして見えるのはライフル型の水鉄砲です。これでドームやその後ろの標的を目指して水をかけることができます。
 大きなシャボン玉を作る道具もお気に入りでした。「玉」の形ではないので、「シャボン玉」といってはいけないかもしれません。3人が中に入り、ひもを引くと、3人を取り囲むように1メートル半くらいの六角形の棒が引き上げられます。すると、その棒と下の溝の間にシャボンの膜ができるわけです。けっこう大きいです。それにさわって膜を破るのが子供たちのお気に入りだったわけです。
 1階から3階まで一通り展示を見たあとは、屋外の芝生広場に出て、3人で追いかけっこなどをしていました。
 15:00 からは、「ごっちくんのパフォーマンスショー」がありました。数十人入りのホールで行われた手品です。大人たちはイスに座っての観賞でしたが、子供たちは前のほうの床に座り込んで見ることができました。40分くらいやっていたでしょうか。
 それから虹の下水道館に戻り、遊具のあるところで30分くらい遊んで、帰途につきました。
 虹の下水道館も、水の科学館も、全部無料でした。日曜日でもさほど混んでいないので、なかなかいいところです。
 ただし、ランチが不便です。虹の下水道館の上の7階にレストラン「魚惣」がありましたが、オーツたちが行ったときは休業中でした。定休日は月曜のはずなのに、……。
 また、武蔵野大学の中にロハスカフェ ARIAKE があり、日曜にも営業しているということで、ランチはここを予定していたのですが、この日は人手不足のため臨時休業ということでした。
 そこで、クルマで移動して近所にあるレストラン・バーミヤンに行ったのですが、こちらは駐車場が満車で、なかなか空きそうになく、しかたがないので、バーミヤンの隣にあったローソンで妻がおにぎりや鶏の唐揚げなどを買ってきて屋外のベンチで食べることになりました。
posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする