2018年03月31日

山本食品 特選そば

 オーツが江古田のスーパーでの十割そばの調査をした後で、オレンジマートオークラが閉店するというニュースが飛び込んできました。
http://s-nerima.jp/wp/15805
http://www.orangemart-ohkura.com/img/chirasi/ekoda/e180322%E8%A3%8F.pdf
 3月30日で閉店ということです。近くにスーパーみらべるができて、苦戦したのかもしれません。
 ともあれ、この際なので、山本食品の「特選そば」を(それに「究極そば」も)買ってくることにしました。このタイミングでオークラで買ってこないと、入手が困難になりそうです。
 26日から30日まで売りつくし閉店セールということで 398 円の2割引で買えました。税込み 318.5 円ということになります。200g 入りの袋を2袋買いましたので、637 円ということです。
 袋の表には「特選そば」と大書してあるほかに、「うまいそば造り一筋」「国内産そば粉 100%」と書いてあります。
 袋の裏側には、製造者として山本食品株式会社(長野市大字大豆島字樋掛け3893-11)と書いてあり、発売元として遁所食品有限会社(新潟県南魚沼市泉甲456番地)と書いてあります。
 製造者が山本食品ということではかじのの「元祖十割そば」と同じですが、かじののほうは「国内産」と明示していないのに対し、こちらは明示しています。たぶんかじののほうは外国産のそば粉を使っているものと思われます。だから微妙に価格が違ってくるのでしょう。
 さっそく、特選そばを食べてみました。例によって1回あたり 133g ずつ3回で食べました。
 味と香りはどうだったか。意外なことに、「元祖十割そば」よりは若干落ちるようです。国内産のそば粉だからといっておいしいとは限らないと思います。少なくともオーツの舌と鼻では、「元祖十割そば」のほうがおいしいと思ったのでした。
 3回が3回とも同じ結果でした。
 山本食品の特選そばは、江古田のスーパーで他に売っているところがなかったので、今後入手するにはネット通販に頼ることになりそうです。
https://lohaco.jp/product/H849758/
posted by オーツ at 02:22| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

中高生の LINE の使い方

 オーツはスマホを使っておらず、LINE も使っていません。しかし、若者はたいてい LINE を使っているので、LINE がどのように使われているのか、興味がありました。
 ネット内を検索すると、LINE の使い方の記事がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170105-OYT8T50064.html
(2017年01月10日 05時20分)
鈴木朋子氏の執筆による「大人は知らない、子どもたちはLINEをこう使う」という記事です。1年以上前の記事ですが、まあ今でも状況は似たようなものでしょう。
 中高生はグループチャットをよく使っているようです。それ以外の使い方も説明されていますが、こういう使い方を知ると、これは子供の使い方だと思います。いわば、相互にいつもつながっていないといけないという感じです。大人は(少なくとも仕事を持っている場合は)こんなことができるはずもありません。仕事をしているときは、責任ある態度で他人と接したり、自分に任されたことをやり遂げなければなりません。LINE などにかまけているようでは仕事になりません。
 ある意味で、オーツは安心しました。
 LINE が子供向けメディアであるとわかれば、自分には不必要なものだということもわかります。
 そういえば、以前、mixi に参加していたときも似たような感想を持ちました。使い始める前は、一体 mixi とはどういうものだろうかと疑問に思っていました。しかし、誰かに誘われないと参加できないので、しばらく参加できずにいました。その後、参加することができて、日記をはじめいくつかの機能を使ってみましたが、以前に考えていたほどのことはなかったと思うようになりました。その後、こちらの seesaa でブログを始めたのでした。
 やっぱり、オーツの場合は、ブログとメールが自分に適しています。
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

かじの 元祖十割そば

 オーツは、桜台にある西友で、かじのの「元祖十割そば」200g を買ってきて、食べてみました。
http://www.yamamoto-kajino.com/
http://www.yamamoto-kajino.com/shopimages/yamakajino/0000000000142.jpg
 袋の表には「そば粉だけで造ったそば」「元祖十割(じゅうわり)そば」「そば湯のとれる本格派」「そば粉100%」「食塩無添加」「十割そば本舗 かじの」などと書いてあります。袋の裏面を見ると、製造者は山本食品株式会社(長野県長野市大字大豆島字樋掛け3893-11)で、販売者は株式会社山本かじの(所在地は山本食品と同じ)となっています。
 西友での販売価格は、258 円+税ということで、値段もそんなに高くありません。
 2袋買ってきて3回で食べることにしました。1回あたり 133g ということになります。
 さて、実際茹でて食べてみた結果はどうだったか。
 オーツはおいしいと思いました。そばの香りがしました。
 以前、滝沢更科の十割そばをアマゾンで買って食べましたが、
2018.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/458266079.html
オーツとしては、かじのの元祖十割そばのほうがおいしいと思います。
 これを食べる前には、十割そばはそば粉 100% なので、複数種類を食べ比べても、そんなに味の違いがあるとは思いませんでしたが、実際はかなり違います。
 なぜ違いが出るのか、原料のそば粉の問題なのか、製法の差なのか、オーツの茹で方(お湯の量とか火加減とか)の問題なのか、水洗いのときの水の量なのか、つゆが違うとか、薬味が違うとかが関係しているのか、よくわかりません。オーツとしてはいつも同じやり方で(ただし、時間はそばの袋に書いてあるとおりに)茹でているつもりです。それでも毎回の条件を厳密に同じにしているわけではありませんから、そのたびごとに多少の違いが出るかもしれません。そういう条件下での、しかもオーツの個人的判断ですから、他人にそのまま当てはまるとは思いません。
 ただし、1種類のそばは3〜4回食べていますので、違う日に食べても、味の比較はそれなりに可能だと思います。
 そもそも、オーツがブログに書いているのは、他人のためでも何でもなく、自分のためです。自分がそばを買ってきて食べるときに、何をどこで買ってきてどうやったらおいしく食べられるのか、自分の舌に合うそばとゆで方を自分で考えるためです。であれば、普通に自分でゆでるやり方を採用すればいいのであって、そのような環境下で何が一番おいしいかを判断すればそれで十分です。
 というわけで、乾麺のそばの比較はさらに続きそうです。


ラベル:かじの 十割そば
posted by オーツ at 03:22| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

小川榮太郎(2017.11.21)『徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり』青林堂

 オーツが読んだ本です。
 とても痛快な本です。
 今のテレビ局の報道姿勢がいかに欺瞞に満ちたものか、偏向しているか、明確に示しています。あれこれ違った立場からの意見をそれぞれ取り上げて放送するのでなく、特定の立場からの意見を集中的に放送しています。それを意見ごとの放送時間で計測し、数値化しているのは見事です。
 今のテレビ局は、明らかに放送法第4条に違反しています。
 こういう本で、テレビ局の偏りが暴かれてしまいました。
 いや、すでにネット上のさまざまな情報を見ていると、民放のワイドショーがいかに偏っているかは明らかなのですが、それでも、こうして具体的にデータを示されると「なるほどなあ」と感じ入るばかりです。
 こういうデータを突きつけてもテレビ局は動じません。BPOは左翼の人間の集まりみたいなもので、全然公平でも何でもありません。
 では、いったいどうしたら現状を改善できるのでしょうか。本書の最終章に書かれていますが、そういう偏った内容の番組のスポンサーに働きかけるという道です。これも大変興味深いやり方です。著者は、それを実行に移しつつあるようですが、さて、どういう結果になるでしょうか。
 テレビ局は、今の日本の政治を左右する力を持っています。そのテレビ局がこんなことでは、日本は一体どうなってしまうのでしょうか。
 そんなことを考えさせる良書だと思います。
 本書の内容に反論がある人は、どうぞデータを集めて反論してみてください。データが本書中に上がっていますので、同様のやり方で確認してみてください。
 オーツは著者の小川氏に全面的に賛同します。

参考記事:
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4625.html


posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

下高井戸〜桜上水のスーパーで売っている十割そば

 オーツは、自宅の周辺のスーパーで売っている十割そばの調査をしました。
2018.3.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/458323185.html
 その後、考えてみると、勤務先の近くのスーパーも見てみるべきだろうと思いました。ランチを食べるときにスーパーに寄ってそばを買って帰ることも簡単にできると思います。そんなことを考えて、下高井戸〜桜上水のスーパーに行ってみました。

 西友 下高井戸店では、以下の3種を扱っていました。
  かじの 元祖十割そば 200g 258 円
  かじの 伝統の二八そば 250g 258 円
  おびなた 更科八割そば 240g 258 円
 いずれも税抜き価格で、桜台店と同じ価格であり、西友ネットスーパーと同じです。いずれも参考税込価格は 278 円です。
 袋入りの冷蔵麺で、シマダヤ 八割そば 160g ×2を 188 円+税で売っていたことも桜台店と同じでした。

 もう一つ、フエンテ(東武ストア)下高井戸店にも行ってみました。ここは以下のものを売っていました。
  滝沢更科 十割そば 200g 299 円+税=322 円
  滝沢更科 八割そば 250g 299 円+税=322 円
  かじの 伝統の二八そば 250g 319 円+税=344 円
  おびなた 更科八割そば 240g 339円+税=366 円
 「滝沢更科 十割そば」は、オーツがアマゾンで買ったものと同じです。
 どうも、ここの価格設定は若干高いようです。

 さらに、桜上水のキッチンコート 桜上水店に行ってみました。
 以下のものが販売されていました。
  かじの 国産の十割そば 200g 500 円+税=540 円
  かじの 元祖十割そば 200g 298 円+税=322 円
  かじの 伝統の二八そば 250g 338 円+税=366 円
  おびなた そばの極み 八割そば 200g 398 円+税=430 円
  日本食品 日本橋江戸そば(八割そば) 200g 358 円+税=387 円
 いろいろなそばが売られていて、品揃えはとてもいいです。しかし、値付けが若干高めです。

 ミニピアゴ 桜上水5丁目店にも行ってみましたが、8割以上のそばは売っていませんでした。

 各スーパーで、いろいろな値段が付けられてそばが売られていることがわかりました。オーツはスーパー間にこんなにも価格差があるとは知らなかったので、とても興味深く思いました。
posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

江古田のスーパーで売っている十割そば

 オーツは乾麺の十割そばがおいしいと思いました。小麦粉中心の蕎麦よりはずっとマシです。
 そこで、江古田駅から新江古田駅あたりのスーパーでどんなものをいくらで売っているか、ちょっと回って調べてみました。
 「伝統の二八そば」250g は、オーツの場合、いつもスーパーみらべるで買いますが、278 円+税で 300 円です。今回、調べたところ、それより安く売っているところを見つけました。江古田南口の駅前にあるマルマンストアで 258 円+税で売っていましたが、これは特売商品だったので、普段はこの価格で買えないようです。また、江古田北口にあるビッグ・エーでも 258 円で売っていました。こちらは税込み価格とのことで、しかも特売ではなくいつでもこの価格で買えるということです。なかなかおトクです。店内を見てみると、けっこう安いものが多いので、他のものと合わせて買いに行くならば、ビッグ・エーに行く手もあるかと思います。
 「伝統の二八そば」は、他にもいくつかのスーパーで扱っていました。価格はここに書きませんが、みらべるよりも高くなっていました。

 今回は、そば粉の比率が8割を超えるものを江古田のスーパーで探しました。結果は以下の通りでした。
 みらべるは、伝統の二八そばだけを売っていました。
 千川通りにあるエスカマーレでは、山本かじのの 国産の十割そば 200g を 500 円で売っていました。今回調べた限りで最高価格でした。北海道産のそば粉 100% で作ってあるということで、それなりの価格になってしまうのでしょう。他の十割そばは中国産(?)のそば粉を使っているということでしょうね。まあ、オーツはそば粉の産地まではこだわりません。おいしければそれでいいということです。
 江古田通りにあるオレンジマートオークラでは、山本食品の 特選そば(100%) 究極そば(90%) の各 200g を各 398 円(税込み)で売っていました。
 新江古田駅の上にあるマルエツでは、かじの 元祖十割そば 200g を 298 円+税の 321 円で売っていました。
 新桜台のライフでも 山本かじの 元祖十割そば 200g を 298 円+税の 321 円で売っていました。
 新江古田駅から南に行ったところのサミットストアでは、沢製麺 十割そば 200g を 298 円+税の 321 円で売っていました。
 江古田駅南口のマルマンストアでは、上記の伝統の二八そばの他に乾麺はありませんでした。しかし、袋入りの冷蔵麺(ゆで麺)で、サンサス きねうち十割そば 150g を 98 円+税で売っていました。
 オーツは、冷蔵麺は日持ちしないと思っていましたが、
http://www.kineuchi.co.jp/shopdetail/000000000034/ct6/page1/order/
の記述によると、賞味期限のところに「製造日より60日」とあります。意外と長持ちするわけです。これなら食べてもいいかもしれません。
 江古田近辺には「まいばすけっと」が3店ありますが、練馬栄町店、江古田駅前店、江古田栄町店とも、8割以上のそば粉が入っている乾麺のそばを扱っていませんでした。
 桜台にある西友は、江古田からちょっと離れた場所にあるので、対象外かもしれませんが、自転車で行ける場所にあるので、行ってみました。以下の3種を扱っていました。
  東京かじの 元祖十割そば 200g 258 円
  東京かじの 伝統の二八そば 250g 258 円
  おびなた 更科八割そば 240g 258 円
 いずれも税抜き価格ですが、ここは、会計時に全部の合計を計算してから消費税を計算するので、1品ごとの税込み価格は参考価格ということになりますが、いずれも参考税込価格は 278 円ということになります。
 なお、この価格は、西友ネットスーパーと同じです。
 さらに、乾麺ではなく、袋入りの冷蔵麺ですが、シマダヤ 八割そば 160g ×2を 188 円+税で売っていました。西友ネットスーパーでは同じものを 193 円(税抜価格)で売っています。実店舗のほうが少しだけ安いということになります。

 今回、江古田〜新江古田を調査して、オーツは、十割そばを扱っている店が意外に多いということに驚きました。あまり売っていないのかと個人的に勝手に想像していました。
 今後は、それぞれ1〜2個ずつ買ってきて、食べ比べをしてみたいと思います。毎日そばを食べることになってもいいかもしれません。
posted by オーツ at 03:42| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

自宅で乾麺の蕎麦を茹でるとおいしい

 オーツがおいしい蕎麦を食べる機会があるかと考えてみると、あまりありません。パーティーなどで、会場の一角に蕎麦のコーナーが用意されることがありますが、そういう蕎麦が比較的おいしいように感じます。長野県のあるところで経験したときは、パーティーに蕎麦職人が来ていて、その場で打った蕎麦を提供していましたが、確かにこの蕎麦はおいしかったと記憶しています。風味が抜群でした。
 そんな蕎麦にはなかなか巡り会えません。
 自宅の近所(江古田近辺)の蕎麦屋を一通り回ってみましたが、オーツの感覚では、どこもイマイチのように感じました。
 それよりは、自宅で乾麺の蕎麦を茹でるほうがおいしいように感じます。
 なぜ自宅の乾麺がおいしいのか。ちょっと考えてみました。
 第1に、蕎麦の量が調節できます。オーツは普通の1人前よりもちょっと多めのほうが満腹感があって好きですが、蕎麦屋ではなかなかそうはいきません。ざる2枚とかいう注文をすればいいのですが、いよいよ割高になってしまいます。乾麺は、90g から 100g で一束になっていて、それが一人前になっています。200g とかが、束に分けられておらず、直接袋に入っている場合もありますが、一人前は 90g から 100g くらいで計算されています。しかし、乾麺であればこのあたりを自由に調節できます。例えば、300g(3人前)を2回で食べるようにすると、1回あたり 150g 食べられます。オーツは、これくらいの量がちょうどいいと思います。満足感があります。
 第2に、薬味の種類と量が自由に選べます。オーツは、つゆにわさびを入れるとともに、刻みネギとわかめを添えて食べるのが好きですし、ミョウガもしばしば使います。薬味も少し多めがおいしいと思います。薬味なしだと蕎麦の味もイマイチになります。ところが、蕎麦屋では薬味が少な目に出てきます。いや、それが適量なのかもしれません。しかし、オーツは少な目と感じてしまいます。自宅で蕎麦を茹でれば、薬味の量も自分で調整できます。
 第3に、そばつゆも自分の好みにできます。蕎麦屋では、濃いつゆの場合もあれば薄いつゆの場合もあります。これは店の特徴ですし、主張ですので、客が適宜濃さを変えるというのは不可能です。しかし、自宅であれば、まったく自由に調整できます。
 そもそも、蕎麦を食べるときにつゆにどっぷりつけるのではなく、箸で蕎麦をつまんで下の方をちょっとつゆにひたせばいいのだという考え方がありますが、それはどうでしょうか。そうするくらいなら、つゆを薄めてどっぷりつける方がいいと思います。
 それ以外にも、いくつか考えられることがあります。
 茹でたてを食べることができることも挙げられます。これは、しかし、蕎麦屋でも同じでしょう。
 ゆで加減を調整することもできます。
 そば湯の量も自宅なら自由にできます。まあ、そんなにおいしいとも思いませんが。
 というわけで、自宅で乾麺を茹でるのは、自由度が高いので、意外といい方法のように思います。
posted by オーツ at 03:38| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

滝沢更科 十割そば

 オーツは、乾麺のそば(小麦粉たっぷりでないもの)を食べたいと思いましたが、自宅近くのスーパー「みらべる 江古田店」では「伝統の二八そば」
2017.7.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/451840659.html
しか売っていません。そこで、もう少し別のものを試してみたい気持ちになりました。
 まずは、ネット通販を試してみようと思いました。
 アマゾンでは、滝沢更科 十割そば 200g×3個を送料込みで 999 円で売っていました。6人前ですが、ちょっと試してみるには十分です。というか、実は試食のためには多すぎます。2食分ないし3食分もあれば、試食としては十分です。
 さて、味はどんなものでしょうか。
 さっそく茹でて食べてみました。1回に 150g 茹でることにし、4回で6人前を食べることにしました。
 かなりおいしいと思います。十割そばの特徴として、少しざらざらした食感がありますが、それはそれでおいしいと感じます。並みの蕎麦屋にも負けないレベルのように感じます。乾麺で、十割そばで、このようなそばができるというだけでも感動ものです。
 しかし、いかにもそばらしい風味とまでは感じませんでした。乾麺を茹でるのではそんなものなのでしょうか。もしかすると、オーツの舌が劣化して、その昔食べたそばらしいそばはもう味わえなくなってきているのかもしれませんが。


posted by オーツ at 03:33| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

中国家庭料理 楊 3号店@池袋(2回目)

 オーツは、以前池袋にある「楊」の3号店に行きました。
2018.3.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/457490616.html
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13040630/
しかし、そのときは目的としていた火鍋が食べられませんでした。
 そこで、再度火鍋を食べにこの店に行くことにしました。17:30 に予約して、オーツと妻と息子2家族で行きました。大人6人、子供3人という9人のチームです。
 火鍋2セットを事前に予約しておき、当日はそれに追加していろいろ注文して食べるスタイルにしました。
 テーブルに着くと、お通しは9個出てきました。酒を飲まない子供にもお通しなのですね。これはちょっとどうかと思います。しかも、お通しに唐辛子らしき赤い粒が見えました。オーツは食べても全然辛くないと思いましたが、子供の一人が食べて「辛い」といって食べるのを止め、あとは手を付けませんでした。
 前回も食べた焼き餃子と麻婆豆腐を今回も注文しました。これはおいしいと思います。麻婆豆腐は大人だけが食べました。餃子は子供たちも食べました。白いご飯とレタス炒飯も注文して、子供たちで分け合う形にしました。
 エビマヨも風味がよくてなかなかおいしかったです。
 さて、そうこうしているうちに火鍋が出てきました。赤と白の2種類のスープです。赤いほうは唐辛子がたっぷり入っています。こちらは子供たちには食べさせられません。白いほうの白湯スープも、子供にとってはちょっと辛さを感じるようでしたが、まあ食べられました。両方のスープが混ざらないように注意しながら具材をそれぞれに入れて食べるようにしました。オーツはいつも赤いほうのスープのほうを使っていました。
 火鍋に入れる具材としては、鶏肉、豚肉、ラム、エビ、ハチノス(牛の第2胃)、それにたっぷりの野菜も出てきました。食べがいがありました。寒い日にはこういう鍋料理がピッタリです。
 火鍋は1セット 4,800 円のようです。最後にもらったレシートには、明細が書いてありませんでしたが、一番高いものが 9,600 円と書いてありました。
 食べログの写真のメニューを見てみると、
https://tabelog.com/imgview/original?id=r5138765936155
火鍋セット(2人前)4800 円と書いてあります。
 他にもいろいろ食べましたが、全部おいしく食べられました。
 オーツは生ビール2杯と紹興酒を飲んで、いい気分になりました。息子たちは生ビールの他にハイボールなどを注文していました。
 会計したら、全部で 28,400 円でした。大人6人ということで割り算すれば、一人あたり 4,700 円ということで、アルコールを含めればそんなものでしょう。子供3人で大人1人前くらい食べるとすると、大人7人分という計算になりますから、一人あたり 4,000 円に該当します。
 レシートを見ると、オーツたちが 20:05 に店を出たことがわかります。2時間半の楽しい食事会でした。
 店の奥の方にも席がありますが、オーツたちが出るまでここに入った客はおらず、照明も消されたままでした。前回、なぜあんなに混んでいたのか、不思議な気分でした。

中国家庭料理 楊 3号店中華料理 / 池袋駅要町駅北池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


ラベル:火鍋 池袋
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

そばの茹で方

 オーツは、自宅でそばを茹でて食べるとき、ゆで汁を捨てると排水口のフィルタが目詰まりするので、困っていました。
2017.8.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/452311690.html
そのため、自宅で乾麺のそばを茹でない、つまり食べないということでずっと暮らしてきましたが、蕎麦屋でおいしいそばを食べることがむずかしく、自宅で乾麺を茹でる方がおいしいと思うのですが、それを封じられては、一生そばを食べることができません。
 最近、ふと考えて、ゆで汁をキッチンの流しに捨てるのではなく、別の場所に捨てればいいのだろうと思い、再度「伝統の二八そば」
2017.7.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/451840659.html
にチャレンジすることにしました。
 そばを茹でます。ゆで汁がとろりとしてきます。そばが茹であがるころ、まずはポットに適量のゆで汁を取ります。そば湯用です。次に、大きめのボウルの中にざるを入れ、そこにゆで汁とそばを鍋からざっと入れて、ざるを引き上げます。それからざるの中のそばを水洗いします。水洗い後の排水は、まだ少し白っぽいですが、フィルタが目詰まりするほどではありませんでした。
 こうしてそばを食べます。そば湯も楽しめます。
 そば湯としても、ポット1杯分は飲みきれませんから、ポットの中のゆで汁もボウルに入れます。こうして最後にやや冷めたゆで汁が入ったボウルを運んで、洗面台から流して捨てます。
 ゆで汁をボウルで運ぶことにしたわけで、若干手間がかかりますが、この方法なら、特に問題なく二八そばを食べることができました。今後はこの方法でそばを食べることにしようと思います。

 ネットでいろいろ探してみると、そばを茹でると排水溝が詰まるということで、オーツと同じ経験をしている人がいました。
http://www.manabiees.com/entry/2017/06/21/065111
「お家で乾麺だけど本格十割蕎麦」という記事です。オーツとまったく同じ話で、深く共感しました。
続きを読む
posted by オーツ at 05:47| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

CoCo壱番屋のカレーで5辛が辛い!

 オーツは、しばしば CoCo壱番屋のカレーを食べてきて、このブログでも何回か記事にしました。
 その中でも、カレーの辛さについて触れているのは、以下の記事です。

2007.6.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563964.html
 5辛がおいしいとしています。
2007.6.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563963.html
 5辛がいいとしています。
2007.9.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/56048777.html
 6辛を食べています。
2011.5.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/204757071.html
 7辛がいいとしています。
2013.9.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/375366348.html
 カレーを食べる間隔が1ヶ月もあると、辛さが強く感じられるということで、6辛にしています。
2016.9.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/442053726.html
 6辛を食べたけれど、辛すぎると書いています。

 こうしてみると、CoCo壱番屋のカレーでは、5辛がいいと感じていたのに、6辛、7辛を食べるようになり、それが辛いと感じるようになって6辛、5辛にしてきたことがわかります。
 先日、5辛のやさいカレーを食べたのですが、辛さを感じました。目に涙が浮かんできました。涙といっても、目からあふれるほどの量ではなかったのですが、5辛でこんなに辛いというのが不思議でした。
 昼の食事記録を見てみると、前回 CoCo壱番屋のカレーを食べたのは11月4日のことですから、4ヶ月半ぶりに食べたわけです。上記記事にもあるとおり、1ヶ月も食べないでいると辛さを感じるということですから4ヶ月半も食べないでいたら、いっそう敏感に辛さを感じると思われます。
 ただし、もう一つの可能性もあります。オーツが歳をとってきて、感じる辛さが変わってきたということです。しかし、歳をとったら、舌が鈍感になって、辛さを感じなくなるのではないでしょうか。だから、もっと辛いものを食べたくなるというなら、わかります。オーツの場合は逆です。
 ということで、どうもカレーを久しぶりに食べたことで辛さを強く感じるようになったというのが本当のところでしょう。
 間隔を空けて食べるなら、4辛でもいいかもしれません。
posted by オーツ at 02:35| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

ビューサンクスポイントを SUICA に移行できなかった

 オーツは、SUICA を使うことが増えました。いろいろな店で使えるようになっています。おつりを受け取らなくていいので便利です。
 そのため、SUICA にはオートチャージで最大の金額を入れるようにしています。1万円を切ったら1万円をオートチャージする設定になっています。
 さて、こうしてオートチャージで SUICA を使っていると、ビューサンクスポイントというのが貯まります。2年ほど経つと 1,200 ポイントくらい貯まるので、これを 3,000 円に交換して SUICA にチャージします。ビューサンクスポイントの有効期限は2年間です。
 先日、新宿で途中下車して、VIEW ALTTE の端末のところに行き、ビューサンクスポイントを SUICA に移行しようとしました。3,000 円分あるはずですが、1,000 円しか移行できませんでした。ん? そのとき気がつきました。オーツの SUICA は先日オートチャージで1万円が入ったばかりで、18,440 円の残高があったのです。SUICA に入れられる金額の上限が2万円です。そこで、1,000 円しか移行できなかったというわけです。
 しかたがないので、数ヶ月後に再度 VIEW ALTTE で操作しますが、オーツにとっては、オートチャージが盲点でした。新宿に行くことを忘れないように、手帳に書いておきますが、その直前に再度オートチャージが起こったりすると問題です。しかし、新宿に行く前にオートチャージしない設定にし、ビューサンクスポイントの移行が終わってから再度オートチャージの設定をするというのも面倒です。ポイントの移行がなかなか思うようにできません。通勤や通学で毎日のようにJRを利用している人ならまったく問題はないでしょうが、……。
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

郵便受けの蓋の修理

 オーツが自宅で使っている郵便受けは宅配ボックス(今は使っていませんが)と一体になっていて、横長の入口が付いています。そこにはプラスチックの透明な蓋が付いており、バネの力を利用して蓋が入口にピッタリ付くようになっていて、雨水の浸入を防ぐ仕組みになっています。
 これを20年ほど使ってきたのですが、先日、蓋に付いているバネが壊れてしまいました。
 郵便受けの蓋のバネが壊れると、蓋を押しつける力がなくなり、蓋が入口にピッタリ付かなくなります。わずか数ミリですが、蓋の下側に隙間ができてしまいます。そこから郵便受けの内部に雨水が入ってくるようになりました。風があったりすると、風の力で蓋が動いて、少し開いてしまうことも関係しているかもしれません。郵便受けにたまった郵便物も、こうして雨水で濡れてしまうことになります。これは問題です。
 ちなみに、過去に一度こんなことがありました。宅配便の業者が、ビニールの袋に入った厚みのあるカタログの冊子をメール便として配達しに来て、郵便受けに入れたのですが、全体を中まで押し込むようにせずに、中途半端に押し込んだ形にしたのです。それから雨が降り出したので、雨がビニール袋の表面を伝って、郵便受けの中にかなりの量入り込んだことがあったのです。まあ、これは珍しいケースですが。
 オーツは、この際なので、新しい郵便箱を購入することも考えました。ネットで見てみると数万円します。地面からポールで下支えする形になりますが、ポールも数万円しそうです。工事費(地面に固定してある現在のものの撤去費用と新しいものの設置費用)を考えると、さらに数万円かかります。合計で10万円〜20万円を見込んでおく必要があります。
 だったら、とりあえず修理してようすを見ようと思いました。バネを交換すれば大丈夫であることはその通りですが、1個のバネ(しかもサイズやバネの強さが決まっています)を購入することができるのか、心配でした。さらに、バネを交換するためには、蓋に付いているネジを外さなければなりませんが、ネジの部分がさびていて、うまく回りません。プロの業者に頼めば、何とかなるだろうとは思いますが、やっぱりそれなりにお金がかかります。
 そういったことから、自分で仮に郵便受けを修理することにしました。
 プラスチックの蓋を入口に押しつけるようにすればいいのですから、蓋の裏側に何か重しをくっつけることを考えました。自宅に文鎮みたいなものがあったので、それを利用し、ガムテープで仮留めした上で、荷造りテープを細く切って、ヒモを作り、そのヒモで蓋の裏側に文鎮をぶら下げるようにしました。
 結果的に大成功でした。文鎮の重さで蓋が入口に押しつけられる形になりました。
 しばらくようすを見て、これで問題がなければこのままにしますし、うまくいかないようなことがあれば、そのときには工事業者を呼んで修理してもらうことを考えればいいと思います。
 ちょっとした頭の体操になりました。
posted by オーツ at 03:12| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

どん亭 江古田店で孫とランチ

 ある日、小学校1年生の孫がオーツの自宅に来ることになりました。
 ちょうどランチの時間帯だったので、オーツと一緒にどん亭に行くことにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13021188/
 お店に入ると、店員さんが窓際の明るいテーブルに案内してくれました。なかなか快適です。
 孫は7歳ですから、身体も小さく、大人並みには食べられません。しかし、最近はけっこうな量食べるようになっているということも息子から漏れ伝わっていました。そこで、どん亭の鍋膳メニューから一つ選んで食べてもらおうと考えました。
 どん亭のランチメニュー
http://www.don-tei.jp/menu/dontei-lunch.html
を見ると、以前よりも若干値上がりしています。以前は 750 円だったのに、今は 780 円ですし、鍋膳〈華〉と称して、ミニサラダと飲み物をつけて 980 円にしています。
 実は、以前のメニューと同様のものが 780 円で食べられるのですが、メニューを見ると、980 円で注文するのが当たり前のように読めます。客単価を上げようという店側の戦略でしょう、たぶん。
 メニューを見ながら、孫はしばらく考えていました。オーツは、もしかして、注文するべきものが見当たらないのかと思って、しゃぶしゃぶやすき焼きなどのメニューも見せたのですが、それでも孫の注文品が決まりません。
 しばらく考えて、孫は「かつとじ鍋膳〈華〉」980 円にすると決心しました。確認してみると、ミニサラダも食べるし、飲み物も飲みたいということでした。飲み物はリンゴジュースがいいということでした。
 オーツは、「鶏つみれコク旨鍋」780 円を注文しました。鍋膳〈華〉との違いは、要するに、ミニサラダと飲み物が付いていないということです。まあ、そんなものはなくてもいいので、これがいいでしょう。
 注文してすぐにリンゴジュースが出てきました。孫はそれを飲みながら、自由帳に絵を描いたりして、食事が出てくるのを待っていました。なるほど、紙と鉛筆があれば10分くらいの空き時間も待てるようになっているわけです。
 それから、かつとじ鍋と鶏つみれコク旨鍋が出てきました。
 オーツは、孫とシェアするために、幼児用の取り皿を2枚もらいました。そして、自分のところの鶏つくね、ネギ、太うどん、豆腐などを取り皿に入れてやり、孫の前に置きました。それとともに、孫の注文したかつとじも少し分けてもらいました。
 店員さんは、気を利かせて、幼児用のスプーンとフォークも出してくれました。これは大正解でした。テーブルに大人用の箸が置いてあったのですが、孫には長すぎて使いにくかったのでした。ライスも、実はスプーンで食べていたのでした。結果的に、オーツは無頓着でした。
 食べた結果ですが、両方ともおいしかったと思いました。かつとじは、若干しょっぱかったですかね。ご飯と一緒に食べるにはちょうどいい感じですが、単独で食べるには醤油味が効き過ぎていました。鶏つくねコク旨膳は、けっこういけました。鶏つくね自体がおいしかったです。オーツが孫の取り皿に1個入れてあげると、孫も熱心に食べていましたから、お気に入りだったのでしょう。ただし、メニューの写真ほどには個数がなかったように思いました。
 孫は、食事をしながら、ジュースを飲んでいました。気がつくと、メインのかつとじ鍋膳は、切ったトンカツを2切れほどしか食べていませんでした。漬物、味噌汁は全滅でした。しかし、少しはおかずも食べられたし、ご飯はご飯で食べていましたから、まあ、間に合ったのではないでしょうか。
 しかし、小学校1年生では食べるスピードが遅く、固形燃料が消えてしまってから食べる形になりました。これは、冷めてしまって、おいしさが少なくなってしまいます。ただし、小さい子供は、温めながら食べるのでは、食べ物が熱くて口の中をやけどするかもしれません。少し冷ましてから食べると考えれば、時間が経ってから食べるというのもいいことです。
 何はともあれ、ランチを孫と食べるというのは珍しい経験でした。
 レシートを見ると、かつとじ鍋膳 1,058 円、鶏つみれコク旨鍋 842 円、合計 1,900 円と書いてあります。
ぐるなびの5%引きのクーポンを持参したので、最終的な金額は 1,805 円になりました。13:03 という会計時刻も印字されています。オーツたちは 11:45 くらいに入店したはずなので、1時間20分ほどランチの時間がかかったということになります。だいぶ時間がかかったことになります。子供は食べるのが遅いですから、まあ、こんなものでしょう。
 オーツとしては、ホントに久しぶりに、若い女性(?)と二人でのデートになりました。

どん亭 江古田店しゃぶしゃぶ / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

子供のウォシュレット使用は何歳から?

 温水洗浄便座の話ですが、以下では「ウォシュレット」という単語で書きます。ウォシュレットというのは、本来は、1メーカーの製品名であって、他社のものも含めていうときは温水洗浄便座というべきですが、最近は「ウォシュレット」で他社製品を含めて一般語として使われることが多いように感じています。

 さて、先日、4歳の孫が自宅に来ていたとき、ウンチがしたいと言い出しました。オーツはあわててトイレに連れて行きました。便器に座らせてウンチをしたのはいいのですが、その後で、ウォシュレットを使うべきか、紙で拭いてあげるべきか、迷いました。
 迷った上で、ウォシュレットを使ってみました。
 4歳でもちゃんと使えました。水がはじけ飛ぶこともなかったですし、落ち着いて使えました。
 最後に、おしりの周りに付いた水滴をトイレットペーパーで拭いて終わりです。簡単に済んでしまいました。
 孫に聞いてみると、自宅のトイレにはウォシュレットがないといいます。それは間違いです。オーツが現にこの目で見たのです。ウォシュレットが付いています。ということは、孫はウォシュレットが付いていることを知らないということであり、一度も使ったことがないということです。親の方針として、ウォシュレットを使わせないということもあるかもしれません。まずは紙できちんと拭けるようになることが先決というのも当然でしょう。

 昔のトイレにはウォシュレットがありませんでした。最近は、ウォシュレットが広く普及してきました。
2018.2.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/456953397.html
こういうときに問題になることの一つが「子供には何歳くらいからウォシュレットを使わせるべきか」ということです。オーツが小さいころにはウォシュレットがなかったわけですから、自分の経験に基づいてこういう問題に答えることはできません。
 そんなときは、ネットで各種記事を検索してみるといいと思います。

http://ikuji-log.net/entry/order-of-childrens-toilet
ウォシュレットは、子供がうんちの拭き残しがなくなってから教えてください。目安は小学校にあがったくらいでしょうか。ママは、それまでにおしりをきれいに拭けるように指導しましょう。

 なるほど、早く使わせればいいというわけではないのですね。基本ができていない状態で応用は無理というわけです。

https://qa.mamari.jp/question/1406459
一年生でもまだ使いません。
と、いうか4歳位の時にイタズラして触るの禁止してます。
使わせるのは自分できちんと拭ける様になってからかなぁ…(未だにうんち拭くのに失敗してる事があるので( ̄▽ ̄;))

 こちらの Q&A サイトでも、まずはきちんと自分で拭けるようになってからという意見が書いてありました。

 子供のしつけを考えると、まずは自分で拭けるようになってからというのは説得力があります。
 とはいえ、そういうことは自宅で親がするべきことであって、オーツの場合のように同居しているわけでもない孫に対応するときは、必ずしもそういうしつけにこだわる必要はなさそうです。
 というわけで、小学生未満でも、便器に座ることができるようであれば、使わせてみる手がありそうです。
posted by オーツ at 02:42| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

新あさひ豆腐 うす切り

 オーツはインスタント味噌汁にいろいろな具を追加して楽しんでいます。
 その中の一つが、高野豆腐です。今、使っているのは、「新あさひ豆腐 うす切り」というものです。
https://www.asahimatsu.co.jp/products/kouya/kouya023.html
スーパーの西友で 257 円で売っていました。
 袋の中にはたっぷり入っています。
 しかし、この高野豆腐、少しずつ食べていると、しだいになくなってきます。半年もしないうちに全部食べてしまいました。
 実は、以前からずっと、新あさひ豆腐 細切り を食べていたのです。
https://www.asahimatsu.co.jp/products/kouya/kouya011.html

 ところが、オーツが高野豆腐を買うスーパーがこれを取り扱わなくなくなってしまったのです。自宅と勤務先の周辺のスーパーを見て回りましたが、どこにも売っていません。それとともに、代わりに扱うようになったのがこの「うす切り」というわけです。オーツは、こちらの高野豆腐を買うしかありませんでした。
 まあ、こんなものを味噌汁に入れても、味噌汁が特においしくなるわけではないのですが、栄養バランスも考えてこんなものを味噌汁に入れています。
posted by オーツ at 03:11| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

レトルトパウチのキャットフード

 しばらく前のブログ記事で、オーツの自宅で飼っているネコがよく食べるキャットフードが売られなくなった話を書きました。
2017.10.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/454260689.html
 その後、自宅近くのペットショップやマツモトキヨシなどでいろいろなレトルトパウチの餌を買ってきてネコに与えてみました。半年ほどの実験の結果、結論が出ました。
 ネコに与えるレトルトパウチは「何でもいい」ということです。
 ただし、felix(フィリックス)のシリーズ
https://item.rakuten.co.jp/petshoku/c/0000000890/
はダメでした。ネコの食いつきがよくなく、食べても吐き出してしまうことが何回かありました。それ以外であれば、kalkan でも、Mon petit でも、銀のスプーンでも、何でもよく食べます。
 最近は、それぞれシリーズ化されており、原材料に何を使うかに加えて、ネコの年齢でも区分されており、何十種類もあります。それらを1個ずつ買ってきて、一袋を3〜4回に分けて与えてみました。約半年で普通に入手できるものは一通り試してみたことになります。
 オーツは、ネコが特定の銘柄が好みなのだろうと考えていましたが、それは誤解でした。ネコは、レトルトパウチであれば何でもよく食べるのです。
 ちなみに、缶詰タイプのエサもありますが、こちらは、銘柄によって食べたり食べなかったりの差が大きいと感じます。それに加えて、缶詰自体が大きくて、それこそ何回にも分けて与えなければならないし、そんなことをしていると日にちが経って、エサがおいしくなくなって、ネコが食べなくなります。また、空き缶がゴミになりますが、分別して特定の曜日に捨てに行くのが大変です。レトルトパウチも袋がゴミになりますが、普通の容器・包装ゴミの日に他のものと一緒に捨てられて便利です。
 というような事情から、近所の店でレトルトパウチの餌を買うのが正解ということがわかりました。
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ショルダーバッグ

 オーツは普段からショルダーバッグを使っています。
 ショルダーバッグはスーツやコートが型崩れするからよくないという意見もありますが、肩から提げることで両手が自由に使えるメリットはとても大きいと思います。
 最近、使っているショルダーバッグが少し傷んできました。ベルトに付いているパッドの部分が破れています。何となく底の部分が下にダラ下がりしています。取っ手の部分が少しほつれています。
 そんなわけで、新しいものを一つ買おうと思いました。オーツが今使っている形のものを楽天市場で探してみると、いくつかありました。その中で、一番安いものを選んでみました。
https://item.rakuten.co.jp/romanshop/rm-013b/
 横型のショルダーバッグが、何と 1,980 円です。本当に安いと思います。過去、オーツの買ったカバンで一番安いかもしれません。
 53件のレビューがあり、まあ好意的なものが並んでいます。
 日付指定の宅配便で届けてもらうことにしました。
 さて、到着したものを見て、どうか。
 まあまあ使えるように思いました。1,980 円には見えません。いや、見る人が見ればわかりますかね。オーツの好みとしては、全体の形として(生地としてではなく)もう少し薄めのほうが好きです。荷物が少な目のとき、底板があるのでバッグの形として厚みがあって、ちょっと使いにくく感じます。
 使ってみると、とても軽くて、持ち運びしやすいです。
 これからはこのバッグを愛用したいと思います。傷んできたら、捨てても惜しくありません。次のかばんを買うことにしましょう。

https://item.rakuten.co.jp/romanshop/rm-013b/
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

会社を卒業する

 オーツは日経新聞のサイトで読みました。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27540540R00C18A3000000
(2018/3/10)
 猪瀬聖氏による「会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ」という記事です。
 今や、会社を退職するときにも「退職」ではなく「卒業」という例が増えているというわけです。女性アイドルグループからメンバーが抜ける意味で使い始めたと思いますが、それがずいぶん広まっているということです。
 記事では、リクルートグループがかなり前から「卒業」と言っていることを書いています。オーツはこの用法を知りませんでした。
 「退職」というと、それで仕事をしなくなるという(どちらかというとネガティブな)イメージがあるわけですが、「卒業」というと、今までやってきたことを止めて、次に何か新しいことを始めるという(どちらかというとポジティブな)イメージがあります。
 女性アイドルグループであれば、ある個人がメンバーを止めても、その個人は個人として独立して(芸能)活動を続ける場合が多いでしょうから、「卒業」がぴったりだともいえます。
 会社の場合は、どうなのでしょうか。辞める人がまだまだ若い場合は、「卒業」して、その後、別の会社で働いたり、違う道を進んだりしていくことが多いでしょうから、「卒業」のほうがよさそうです。少なくとも「退職」ではなく「転職」でしょう。
 では、定年が来て、もう働かないというケースではどうなのでしょう。「退職」のほうが「もう仕事をしない」というイメージがあって、ぴったりだと思います。それでも「卒業」というかもしれません。それは実際の生き方・働き方とは無関係に「卒業」のもつポジティブなイメージを利用しているだけです。
 オーツはもう60代になりましたし、あと数年で退職ですが、自分でそれをとらえれば「退職」だろうと思います。もちろん、オーツの退職後も何らかの仕事はすると思いますが、収入は激減し、年金収入がその後の生活を支えるはずです。「卒業」は若い人がするものであって、60代の人間がするものではないと思います。
 会社関係で「卒業」という言い方が増えてきたということは、社会の中で若い人の転職が増えてきたという現実を反映しているのかもしれません。
ラベル:転職 会社 退職 卒業
posted by オーツ at 03:46| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

はま寿司 駒込白山店でランチ(2回目)

 オーツは土曜日に白山に用事があって出かけてきました。
 お昼時になったので、どこかでランチを食べようと思いました。数年前にここに来たとき、はま寿司で食べたことを思い出しました。
2014.9.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/405759436.html
そこで、再度ここに行くことにしました。お店に着いたのは 13:15 くらいだったと思います。誰も待っていない状態でした。店先に人間型のロボットがいて、予約を受け付けていました。オーツが客数のところで「1人」を選択すると、「カウンター4番にどうぞ」という紙が出てきました。へえ。今やロボットが受付をするんだと感慨深く思いました。
 さて、カウンターに座ると、目の前のレーンが回転していません。回転するレーンに寿司が乗って回っているのが回転寿司だと思っていたのですが、……。
 回転寿司はさらに進化して、今やレーンが回転しなくなってきたのですね。その意味では、今回のブログ記事を「回転寿司」のカテゴリに入れるのは適当でないようにも思いますが、まあ、いいでしょう。
 注文した品がサーっとレーンを流れてきて注文者のところでぴたりと止まる仕組みで、直線レーンが3本もあります。この直線レーンがまた合理的で、かっぱ寿司のように(新幹線形の)台車に皿を乗せるようなことをすると、台車の往復の時間がかかりますが、はま寿司ではレーンに直接皿をのせるようになっていて、寿司が到着して客が皿を取ると、厨房で次の皿を乗せて次の客の席までレーンが動きます。こうして台車の返る時間が節約できるとともに、レーンが基本的に一方向だけに動くようになっています。よく考えられています。
 寿司がレーンを流れていないので、全部新鮮なまま食べられる点はメリットだと思います。しかし、一方では、寿司が流れていないということは「こんなのが出てきますよ」というサンプルが見られないということでもあります。オーツはあまり不便を感じませんでしたが、レーンを流れる寿司は宣伝塔でもあるわけで、それがないのは少しさみしい感じです。レーンを流れる寿司を見て、「あ、これはうまそうだ」と思ったらそれを取るというようなことができません。まあタッチパネル上の写真で大体はわかるのですが、それでもイマイチです。やはり一覧表的なものがあると便利かなあと感じました。それを省略して、ネタがなくなればすぐさま表示しないようにするとかいうあたりがタッチパネル式の長所なんでしょうが。
 注文はタッチパネル端末を操作して行います。やり方は全然むずかしくありませんでした。しかし、タッチパネルの操作性がイマイチでした。当該の部分をポンとちょっと押したのではダメで、かなり強い力でぐいっと押さないと受け付けてくれません。「にぎり」のところは9ページもあり、「次へ」を次々に押していかなければならないので、一仕事です。このあたりはもう少し工夫が必要でしょう。
 オーツは次のようなものを食べました。まぐろ中トロ(1貫)150 円、あとは2貫 100 円で、生えび、つぶ貝、まかない軍艦、わさびえんがわ、鉄火巻、小柱軍艦でした。食べたものは、全部おいしかったと思います。特においしかったのは中トロでした。高めですが、それだけのことはあります。
 注文品は、注文してからすぐに出てきました。待たされる感じはまったくありません。
 この店の寿司は、全品わさびなしで提供され、小さな袋に入っているわさびを皿に出して食べるのですが、一袋あたりのわさびの量が少な目なので、オーツの場合は何袋も破らなければなりませんでした。ちょっと大変な感じです。
 そんなことで、食べ終わって会計することになりました。「カウンター4番」と書かれた紙をレジに持参して会計します。この時点で予約システムに「空き」が通知されるのでしょう。実に合理的なやり方です。
 おいしい寿司を食べて、(消費税を入れて)たった 810 円というのは安いと思います。
 レジで財布を見ると1万円札しかありませんでした。店員さんにちょっと面倒をかけてしまうなあと思いながら1万円札を出そうとすると、SUICA でも支払えるようになっていました。これは便利です。ピピッとやって、お釣りを受け取ることもなく、会計が済んでしまいました。この店は、前回、来店したときとだいぶようすが違っていました。進化する回転寿司です。
 レシートによれば、オーツは 13:39 にレジを通っています。その時点では、待合室が大混雑で、待っている客は道路にまではみ出していました。オーツが入ったときとはずいぶん違います。たった20分くらいでこんなにも違うのでしょうか。飲食店は 12:00-13:00 が混雑する時間帯で、それから離れれば離れるほど空いているものだと思っていましたが、そうではないようです。こんな時間で大混雑とは驚きました。もしかすると、土曜日に見られる異常現象、あるいは当日だけの特殊なケース(東洋大学で何かの大規模な集会があったとか)なのかもしれませんが、そのあたりはわかりません。
 オーツは、この近くに来たらぜひまたここに寄りたいものだと思いました。

はま寿司 駒込白山店回転寿司 / 本駒込駅白山駅千石駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 03:20| Comment(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

干ししいたけスライス

 オーツは、インスタント味噌汁にいろいろな具材を入れて楽しんでいます。
 味噌をお椀に入れて、水を入れて、それから3分半ほど電子レンジで温めます。けっこうおいしく食べられます。
 そんな中で、あるとき、コンビニでスライスした干ししいたけを見つけました。
http://store100.lawson.co.jp/product/valueline/detail/1296483_5066.html
干ししいたけの戻し方については、以下のように袋の裏側に説明されていました。
お料理前に水洗いし少量の水の中に20分間ひたすとやわらかく戻ります。
ひとつまみの砂糖を入れたり、落としぶたをするといっそう効果的です。
お急ぎの時は多めの水に浸し、ラップをして電子レンジで2分ほど温めてください。
戻し汁は捨てずに煮物などにもお使いいただけます。

 これならオーツ流の味噌汁の作り方でも行けそうです。
 さっそくやってみました。
 けっこういい感じです。初めから食べやすい大きさにスライスしてあるので、手間いらずです。ちゃんとしいたけの味と香りが楽しめます。干ししいたけってこんなに簡単に使えるのだと初めて知りました。
 18グラムで100円と安く、しばらく楽しめそうです。
 ただし、原産地が中国と書いてあります。国産ではこの値段では買えないでしょう。中国ならではの安さなのだろうと思います。現地でどんな生産のしかたをしているのか、わからないのですが、日本資本が買い付けているのだから、衛生面を含む品質に関しては、現地指導なども徹底していることでしょう、たぶん。
posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ガスト 下高井戸駅前店で日替わりランチを食べる(3回目)

 ガストは、オーツがたまに行くカフェレストランです。
 前回、ガストに行ったときの話はブログ記事に書きました。
2017.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/454237831.html
 そこでは、ハンバーグはおいしくないと書きました。
 今回、ガストに行ったとき、日替わりランチは「ハンバーグ和風ソース&メンチカツ&春巻き」だといわれました。ハンバーグは、前回、イマイチだったので、他のメニューにしようと思いました。しかし、メニューを見ると、他はそれなりの価格になります。サバ味噌煮和膳でもいいかと思いながら、安さにかまけて日替わりランチ 499 円にしました。ハンバーグ以外のものもメインになっているからです。
 ちょっと待っていたら、出てきました。
 味噌汁は熱くておいしかったです。メンチカツを食べてみると、これも揚げたてで熱くて、いけます。春巻きに手を伸ばしてみると、これも揚げたてで熱くて、けっこうです。最後に、ハンバーグも食べてみました。前回と違って、これはおいしいと思います。まあ価格が価格だから、香りが豊かだというほどではありませんが、この価格でこれが食べられれば満足です。
 一通り食べて、会計すると 539 円でした。消費税が外税だと、こうなるわけですが、メニューに書いてある価格とちがうわけで、ちょっと詐欺みたいにも感じます。(詐欺ではありませんが。)SUICA で支払うことができますので、支払いはスムーズでした。
 ハンバーグが食べられるということになると、ガストのランチは俄然ランクが上がります。個人的な話ですが。
 これからもガストを利用してみようと思いました。メニューがどれくらいの頻度で変わっていくのか、知りません。ランチメニューには 2017/2018 と書いてありましたから、今年のうちには更新されるのでしょうか。仮に同じメニューがしばらく続いたとしても、久しぶりに行くと新鮮な気分で食べられますから、かなり満足度が上がると思います。逆に言うと、しょっちゅう行くようになると若干飽きが来るということです。当たり前ですが。

ガスト 下高井戸駅前店ファミレス / 下高井戸駅松原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

生鮮館まるたか江古田店が閉店

 江古田南口にある「生鮮館まるたか」は、スーパーマーケットです。
http://ekoda-bunka.com/shop/marutaka.php
 以前はシモザキヤというスーパーでした。
 まるたかが開店したときは、期待を持ってこの店に行ってみたものでした。そのときのことはブログ記事に書きました。
2013.12.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/382641938.html
 オーツは、シモザキヤ時代にはよく買い物に行っていましたが、まるたかになってからは足が遠のきました。品揃えと値段を考慮すると、どうにもここで買う気が起こらなかったのでした。スーパーでは、みらべるのほうが充実しているし、オーツの自宅から近いので、もっぱらこちらで買うようになりました。
2011.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/195100986.html
 先日、まるたかの前を通りかかったら、シャッターが降りたままだったので、閉店したことを知りました。
 ネットで検索してみると、「練馬・桜台情報局」に情報がありました。
http://s-nerima.jp/wp/31948
2月28日で閉店だったのですね。行かなくなると、閉店にすら気がつかないままになってしまいます。
 閉店は、残念なことかもしれないけれど、消費者に支持されなくなってしまった店は閉店するしかありません。最近、店の前を通りかかると、(外から店内が見通せますが)なんとなく客の数が少ないような気がしていました。しかし、そもそもどういった理由で閉店に至ったのかわからないので、「消費者の支持が少ない」ことが理由だと断定してはいけません。
 店が閉店することで、別の店が新規に参入できるというものです。江古田にはそういう力があります。次の店に期待したいところです。おそらくスーパーでしょうね。
posted by オーツ at 03:10| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

居酒屋 八戸丸@江古田南口でランチに刺身定食を食べる

 江古田南口にある八戸丸は居酒屋ですが、ランチもやっています。
https://izakaya-hachinohemaru.owst.jp/
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13215171/
居酒屋のランチはおいしい場合が多いので、オーツはこういうのが好きです。
 オーツは、前回、煮魚定食を食べたので、
2017.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/455000036.html
別のものにしようと思っていました。
 今回は、刺身定食 800 円を食べてみました。刺身がメインの定食が 800 円で食べられる店はなかなかないと思います。刺身の皿にのっていたのは、まぐろ3切れ、サーモン2切れ、タコ、イカ、しめさば、えびが各1切れでした。こう書いてみると、かなり量がありそうですが、1切れでは、パクッと食べて終わってしまうので、ちょっとさみしいです。種類を減らしても、2切れずつあるほうがオーツの好みです。
 これ以外に、小鉢、漬物が付き、ご飯と味噌汁がお替わり自由でこの値段というのはすばらしいと思います。食後にコーヒーが出るという話でしたが、オーツはうっかりして、食べたらすぐに会計をお願いしてしまいました。
 さて、食べた結果はどうだったか。
 800 円は安いと思いますが、安いだけのことはありそうです。刺身は、やや新鮮さに欠けるように感じました。この店で食べるなら、刺身以外がいいと思います。
 日替わり定食というのもやっていました。この日は「豚の角煮」でした。こういうのを食べる手もあると思います。
 会計するときに、店員から「8の付く日は 100 円引き」と聞きました。普段の定価でもおトクだと思うのに、さらに 100 円引きとなると、コストパフォーマンス的にはかなりのものになります。食べるなら8の付く日がいいです。ここに書いておいて、オーツ自身が忘れないようにしましょう。

八戸丸居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

23時に起床?

 オーツはすっかり朝型の生活になりました。
 夜は早ければ21時ころに就寝します。遅ければ23時くらいになることがあります。
 朝は、4時くらいには起きます。早ければ3時とか2時とかに起きます。寝過ごした場合でも、5時には起きるようです。それを過ぎてから起きることはめったにありません。
 さて、ある日、21時ころ布団に入りました。普通に眠りました。夜中に目が覚め、トイレで大小便を済ませて、時計を見ると23時でした。たった2時間しか寝ていません。しかし、それで睡眠は十分なようで、あまり眠くありません。このまま起きてしまおうかとも思いましたが、23時起床ではいくら何でも早すぎます。
 再度眠ろうとしましたが、なかなか寝付けませんでした。いろいろな考え事をしました。30分くらいはかかったでしょうか。そのうち、寝入ることができました。
 再度目が覚めると、朝の4時半になっていました。やれやれ、これで普通の生活に戻ることができます。
 オーツの普段の一日が始まりました。
 なぜ2時間くらいの睡眠で十分な感じになったのか、今でもわかりません。歳を取ると睡眠時間が短くなるという話も聞きますが、2時間で十分ということはありません。だったら、トイレの後布団に入ったときにすぐに眠れるはずです。普段の生活ではそうなります。しかし、この日は違ったのでした。
 まあ結果的に十分眠ったので、あれこれ憶測することは止めておきましょう。眠れればそれでいいのです。
ラベル:起床 就寝
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

焼肉山河 江古田店で会食(4回目)

 江古田南口にある焼肉の店・山河は、オーツがたまに行く店です。
 前回行ったときの記事はブログに書きました。
2017.7.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/451580605.html
 先日の土曜日に再度行きました。
 お出かけから帰ってくる時間がはっきりしないこともあって、予約をしないで行くことにしました。食べログでは、
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13184619/
「土日祝日は16:30までにご来店出来るお客様のみご予約を承っております。」とあります。土曜日は 16:15- の営業時間ですが、こんな時間では、夕食の時間帯としては早すぎます。
 16:55 にオーツがお店に着いたとき、店はほぼ満席で、オーツが一つのテーブルに着くと、それで店の前には「満席」の表示が出たということですから、ジャストタイミングで店に入ったことになります。
 こんな時間でも満席というのですから、大したものです。大人気店ということです。
 店の奥の方にあった座敷席は撤去され、全部がテーブル式になっていました。
 今回は、オーツと息子の2人が飲み、妻がまったく飲まない形でした。7歳と5歳の孫はそれぞれトングを使って肉やソーセージを焼いていました。
 飲み食いしたものを以下に書いておきましょう。キムチ盛合せ 453 円、山河ロース 464 円×2、山河ハラミ 464 円×2、山河カルビ 464 円、粗挽きウィンナー 302 円×2、つくね 270円、薩摩シャモ地鶏焼 453 円、ライス(小)162 円×3、山河サラダ 410 円、海苔 162 円×2、サントリー生ビール 496 円、アサヒ生ビール 453 円×2、ハイボール 345 円、日本酒(吟醸生酒 300cc) 864 円、ジムビームハイボール 324 円、合計 8,643 円でした。
 焼肉はどれもおいしかったですねえ。塩、醤油、味噌の3種類の味が選べますが、どれもよかったです。この値段でこの肉の味と量というのは、ちょっと信じがたいレベルです。17:00 で満席になるということも頷けます。
 店員に注文すると、すぐに注文品が出てくる手際の良さも見事です。客を待たせるということがありません。どんどん食べて、結果的に客は短時間で店を出る。つまり客の回転が速いというわけで、お店側にとってもメリットがあります。
 子供2人で大人一人分と考えると、4人分相当ですから、一人あたり 2,000 円ちょいしかかかっていないことになります。飲む人が少なかったこともあるのでしょうが、大変お得な店だと思います。
 オーツたちは 18:06 に店を出ました。お店を出るときは、並んで待っている人が何組かいました。人気店であることがわかります。

焼肉 山河 江古田店焼肉 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


続きを読む
ラベル:焼肉 山河 江古田
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

孫を連れて再度あらかわ遊園に

 オーツは、しばしばあらかわ遊園に孫を連れて行きます。
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/
 前回行ったときのことは、ブログに書きました。
2017.12.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/455809509.html
 先日は、7歳(女)と5歳(男)の孫を連れてまた行ってきました。パンフレットには「都内唯一の区立遊園地」と書いてあります。確かに、オーツはこれと同様の遊園地を他には知りません。浅草の花やしきが近いでしょうか。
 9:00 の開園とともに入場しました。
 入場時、ポニー乗馬の受付をしていましたので、10:30 の回に2人分の予約を入れました。
 それから、いろいろな乗り物に乗ったりして遊びました。
 オーツは孫を連れて何回かあらかわ遊園に来ていますが、そのたびに子供たちの好みが変わっていて、おもしろいものです。7歳の孫は、以前から観覧車が大好きで、どこの遊園地へ行ってもまずは観覧車に乗るほどだったのですが、今回は、あらかわ遊園の観覧車に乗らないというのです。ゆっくり回って1周するだけでおもしろくないというのです。孫の成長を感じました。
 もっとも、7歳になっても臆病というか、何でも怖がる方で、スカイサイクルに乗ったときなどは、高いところから落ちそうな気がすると言って、ゆっくり走るようにオーツに言いました。ファミリーコースターは日本一遅いコースターで全然こわくはありませんが、それも乗らないといいます。まあ、個性の表れでしょう。
 ポニーの乗馬体験は、狭いトラックを1周するだけですが、2人ともニコニコ顔でした。
 それから、オーツと3人で釣り堀に行きました。オーツは釣りが初めてでした。いや、思い起こせば50年前にちょっとやったことがありましたが、どうやったのかは忘れてしまいました。3人で1時間600円でした。これで釣り竿もイスも借りられます。エサは100円で3人が使いきれないくらいもらえました。
 3人で釣っていると、けっこう忙しいものです。オーツは途中から釣りをあきらめ、2人の孫の釣り針に餌を付ける作業をしていました。孫たちは、釣り竿の動かし方もへたで、よく釣り糸を絡ませてしまうのですが、それを外してやるのもけっこう手間がかかります。
 魚を釣り上げると、その場で離すのですが、7歳の孫はこれも怖がっていました。釣り竿の先の釣り針にかかった魚がピクピク動くのがこわいのだそうです。確かに、魚が跳ね回るので、慣れないと変な感じですが、魚なんてそんなものですから、なぜ孫が怖がるのか、オーツには理解できません。
 2人の孫は、2匹ずつ釣り上げました。釣り上げることができて、オーツは正直ホッとしました。1匹も釣れなかったら、釣り堀が嫌いになってしまいそうです。
 そんなわけで、いろいろ遊んで 15:00 くらいにあらかわ遊園を出ました。こんなにも長い時間あらかわ遊園内にいると疲れます。
 帰りのクルマの中では7歳の孫のほうは眠り込んでしまいました。
posted by オーツ at 03:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

中国家庭料理 楊 3号店@池袋

 ある晩、オーツは妻と2人で池袋西口にある中国家庭料理 楊 3号店に行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13040630/
 本当は、火鍋を食べようと思っていたのでしたが、あいにく、込んでいて火鍋用のテーブルに座れませんでした。
 オーツたちは、奥の方の2人掛けの小さなテーブルに通されました。
 飲み食いしたのは、麻婆豆腐 890 円、皮も手作り焼餃子 590 円、きくらげと卵炒め 890 円、白飯 280 円、生ビール 550 円×2、甕出し紹興酒1合 490 円でした。
 これらを合計すると 4,240 円です。実際の支払い額は 4,640 円でした。差額 400 円は、お通し×2個の値段でしょう、たぶん。
 この店の料理はおいしかったです。麻婆豆腐はちょっとラー油が多かったですが、辛さもバッチリで、オーツの好みの味でした。焼き餃子は羽根がべったり付いた形で、黒酢とラー油のタレに漬けて食べると、これまたいけます。きくらげと卵炒めも量がたっぷりあって、いろいろな野菜が一緒に炒められていて、けっこうでした。生ビールや紹興酒と一緒に味わうと、本当においしいと思います。
 オーツたちは 19:30-20:30 にこの店にいましたが、一番繁盛する時間帯であり、もう少し早めの時間帯に訪問する方がいいと思いました。
 オーツたちのテーブルの両隣に座っていた女性客2人組の2組が、左右とも大声でおしゃべりしていて、うるさくて、落ち着かない気分でした。これはお店の問題ではありませんが、こういう客も来る店だということでもあります。
 火鍋は季節を問わず提供しているのだそうで、次回こそはぜひ食べようと思ったのでした。
 ちなみに、楊2号店
2017.5.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/449771760.html
とはまったく別の店です。メニューは一部共通です。もしかして全部共通かもしれません。

中国家庭料理 楊 3号店中華料理 / 池袋駅要町駅北池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
ラベル: 3号店 池袋
posted by オーツ at 03:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

 オーツは、とあるところで中国人の名前を見ました。「荻」という漢字を使っていました。そこに読み仮名として「テキ」と書いてありました。
 オーツなりに考えてみると、生まれてこの方、「荻」はいつも「おぎ」と(訓読みで)読むばかりで、音読みを目にしたことは(耳にしたことも)ありませんでした。オーツは生まれて初めて音読みを目にしました。「テキ」なのですね。
 中国人の名前は日本国内では日本読み(音読み)するのが普通なので、こんなことがわかったというわけです。
 ちょっと気になって、学研漢和大辞典で「荻」(テキ)を引いてみました。以下のような三つの単語がのっていました。
【荻浦】テキホ おぎの生えている水辺。
【荻花】テキカ おぎの花。「楓葉荻花秋索索=楓葉荻花秋索索たり」〔白居易・琵琶行〕
【荻洲】テキシュウ おぎの生えている川のす。
 あとは荻生徂徠ですが、これは「テキ」ではありません。
 音読みの「テキ」は、たった3語しか辞書に記載がありません。(他にも「○荻」で「ナントカテキ」という語があるのかもしれませんが。)しかも、これら3語は、ATOK でカナ漢字変換しようにも辞書登録されていません。学研国語大辞典を引いても見出しとして載っていません。かなり珍しい単語です。
 中国語(北京語)では「di2」と発音することは以前から知っていましたが、日本語でこれに対応するのは「テキ」というわけです。60年ぶりに新しい漢字を覚えたような、新鮮な気分になりました。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

中央道を235キロで暴走 速度超過容疑で男逮捕

 オーツは、日経新聞の記事で読みました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27539380R00C18A3CC0000/
(2018/3/1 11:43)
 以下に一部引用します。
 逮捕容疑は2016年1月、国立市の中央自動車道の法定速度100キロの区間を235キロで運転した疑い。
 同課によると、白井容疑者は米国製スポーツカー「ダッジ・チャレンジャー」に乗車。速度違反取り締まり装置に向かって中指を立てながら運転する姿が映っていた。

 いやはや、驚きのニュースです。
 いくら高速道路とはいえ、中央道の国立市付近であれば、片道2車線の区間です。いつもかなり込んでいて、流れに従って走って行くしかない(少なくともオーツの場合は)ところです。そんなところで 235 キロも出すというのは、まさに正気の沙汰ではありません。
 クルマで走っているときは、追い越す側であれば、危険をあまり感じないものですが、追い越される側は、(場合によっては)気づかないうちに後ろからクルマが近づいてきて、突然視野に入ってくるわけで、けっこう危険を感じます。100 キロで走っているクルマの場合でいえば、自分に対して 135 キロのスピードで近づき、走り去っていくわけですから、それはそれはとんでもなく危ない思いをしたことでしょう。
 最近は、高速道路でのあおり運転や、その結果としての交通事故などが報道されることが多くなってきましたが、路上では、とんでもない人がクルマを運転している場合があるのですね。自分でクルマを運転している場合、こんなクルマと遭遇しないように、関わらないようにするしかありません。
 今のクルマを買うとき、ドライブレコーダーを勧められましたが、オーツは付けないことにしました。以前、自分のクルマにドライブレコーダーを付けていた時期もあったのですが、
2008.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/103405020.html
2008.7.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/102112316.html
2008.6.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/100893763.html
その経験上、あまり意味がないと思ったからです。しかし、こういう事件があるとすると、ドライブレコーダーを付けることは保険として意味があるように思えてきました。いざというときに備えるということです。
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

中国のキャッシュレス化

 オーツが何気なくNHKの朝のニュースを見ていたら、中国のキャッシュレス化の話題を扱っていました。
 中国のスマホ決済が大きく伸びているという話です。アリペイとかウィーチャットペイとかが使われるようになっているそうです。キャッシュレス化すると、おつりなどのやりとりが要らない、専用端末なしでも使えるので屋台での支払いや個人間のやりとりもできる、などといったメリットを示していました。中国は偽札もたくさん流通していますから、それに対する対策という面もあるようです。
 ニュースによれば、アリペイの信用度の数値が、今や個人の信用度に直結しているそうで、600点以上の人には家賃の割引サービスがあるとか。家賃不払いの可能性が低いからこんなことになるのだそうです。さらには、シェア自転車を借りて、白線の外側に駐輪するようなことをすると、信用度の数値が下がるという話まで広がり、中国人のマナー(自転車の止め方)がよくなるという意外な効用まで紹介されていました。
 オーツも、SUICA などを使う機会が増えていて、ある意味で現金を使う機会が減っているのですが、それでも、お年玉や各種のお祝いなどは現金で渡したいと思うほうです。銀行振り込みも、一定の条件で手数料無料になりますから、パソコンで手続きしてオンラインで送金することもできるわけですが、それはちょっと何かが違うような気がします。
 キャッシュレス化すると、すべての支払いがコンピュータに記録されるので、何を買ったか、どこに送金したか、全部調べがついてしまうということです。プライバシーが丸裸です。
 キャッシュレス化を受け入れるか否かは、便利さとプライバシーのどちらをどれくらい考慮するかという問題です。判断はむずかしいですが、こういう流行にはちょっと遅れてついていくくらいがちょうどいいのかもしれません。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする