2017年12月24日

孫と自宅のエレベータ

 オーツの孫の一人は3歳です。まもなく4歳になります。
 ちょっと事情があって、12月からオーツの家で過ごすことが多くなりました。
 孫は、いろいろ文字を覚え始めているところです。数字は、1から10まで読めるようです。
 オーツの自宅にはエレベータがあります。3階建てですので、操作ボタンは1,2,3(それに「開」と「非常」)があります。孫は、エレベータを使いたがるとともに、このボタンを自分で押したがります。「2」は2階だということがわかっているようです。幼児が一人でエレベータに乗るのは危険があると思います。だから大人と一緒に乗るようにしているわけですが、孫の住んでいる住宅にはエレベータがないので、エレベータ自体が珍しいのかもしれません。エレベータが好きというよりも、ボタンを押したがっているように感じます。
 先日は、オーツと孫が1階までエレベータで降りたのですが、エレベータを出るとき、孫が「2」のボタンを押していました。箱は2階に上がっていったのですが、それを満足げに見ていたのでした。
 それにしても、自分でエレベータの数字ボタンが押せるというのはすごいことだと思います。
 そういえば、何でもボタンを押したがる傾向があるようです。テレビやブルーレイレコーダのリモコンのボタンを押すのも、その一環かもしれません。
2017.11.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/455111549.html
 クルマに乗るときも、自動スライドドアのボタンを自分で押したがります。3歳では少し力不足で、ドアの開け閉めはむずかしいのですが、うんうんと頑張っています。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする