2017年10月11日

ロシア旅行(9)ペリメニの昼食とエカテリーナ宮殿

 3日目の昼食は、プーシキン市の Pivnaya Kruzhka というレストランでスープ、ペリメニ、アイスクリームを食べました。
 ペリメニは、中国から入った料理で、小さなゆで餃子です。一粒が 1.5cm くらいの大きさで、釜飯用の釜の中に30粒くらい入った状態で提供されました。食感はまるで餃子です。それにサワークリームをかけてフォークで突き刺して食べます。日本人にとっては、醤油をつける方がよさそうな感じですが、「郷に入っては郷に従え」で、サワークリームで食べてみました。不思議な食感でした。

rosia9.JPG

 午後は、エカテリーナ宮殿を見に行きました。
 宮殿内に入るのに大混雑でした。ボディチェックでかなり並ぶことになったのです。オーツたちの後ろにはそれこそ長大な列ができていました。
 エカテリーナ宮殿は、立派な外観をしています。大きな建物で、カメラに収まりません。

rosia10.JPG

しかし、内部はまさに豪華で、部屋も調度品もすばらしいものでした。

rosia11.JPG

 舞踏会用のホールとして使われたダンスホールなどは、本当に巨大なもので、こんなものを作っていたとは、当時のロシア帝国の「力」を感じさせるものでした。
 エカテリーナ宮殿は、第2次大戦で破壊されたものを数十年かけて復元したものだそうです。ガイドさんによると、毎年のようにどこかを修繕しているとのことでした。
 ガイドさんが丁寧に説明してくれたので、各種見どころが適確に見られ、わかりやすかったわけですが、個人で見に来ると大変だろうと思います。まあ、ガイドさんをお願いしないと、時間がかかりすぎて現実的でないと思います。
posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする