2017年09月15日

福貫@新江古田でぜっぴん丼 梅を食べる

 新江古田駅の出口からすぐのところに海鮮丼の店ができました。福貫(ふくぬき)という店です。
http://s-nerima.jp/wp/110161
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13211812/
8月5日オープンということで、オーツは8月11日の祝日に行ってみたのですが、11:35 に入ろうとしたらすでに満席でした。なかなかの人気店のようです。
 オーツは再度チャレンジというつもりで、先日、雨が降る平日の 11:40 くらいに行ってみました。お客さんは誰もいませんでした。
 海鮮丼オンリーの店で、メニューには 1,000 円、1,500 円、2,000 円の3種類が書いてありました。それに日替わり丼ということで 1,500 円のものがありました。
 オーツは、ランチをなるべく 1,000 円以下で収めたいと思っているのですが、それだと選択肢はありません。「ぜっぴん丼 梅」が 1,000 円ですので、これを注文しました。
 すぐにきゅうりの漬物とコンニャクの煮物が出てきました。
 待つことしばし。
 店主から海鮮丼が手渡されました。
 まぐろ、中落ち、玉子、しらす、みる貝、いくら、煮あさり、きゅうり、それにしその葉が乗っています。まぐろなどは小さくカットしてありました。食べやすいとは思いますが、一方では、端切れをアレンジしているような気分でもあります。メニューには「数の子」とも書いてありましたが、オーツは気がつきませんでした。
 半分ほど食べたところで、熱い出汁をかけてもらいました。これでお茶漬けのようにして食べられます。さらに、カウンターの上にある店内調理の味付きの「おかか」をかけて食べることもできます。こうして、3種類の味が楽しめます。
 オーツの好みは、何もかけない海鮮丼です。わさびと醤油を少しずつまぜながら食べていくとなかなかいい味です。
 それに対して、出汁はオーツの口に合いませんでした。おかかをかけると味が変わりますが、元々の出汁の味が好みではありませんから、おかかをかけてもそれは変わりません。出汁なしで全部食べるのがいいように思います。しかし、このスタイルだと、出汁をもらわないのは何か損をするような気分です。
 サッサと食べて、1,000 円を払って店を出ました。
 オーツとしては、再訪なしでしょう。1,000 円というと、オーツのランチ代の上限です。それを払うくらいなら、もっとおいしい店が江古田近辺にはいろいろあります。

海鮮丼 福貫海鮮丼 / 新江古田駅江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 03:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする