2017年07月01日

バニラエアと障害者

 身体障害者が奄美空港で車椅子で現れ、バニラエアの飛行機に乗ろうとしてトラブルが起こったことはあちこちで話題になりました。この障害者はクレーマーだという意見から、バニラエアは企業としてなっとらんという意見まで、いろいろな見方があるようです。こういう問題は、一方からの意見・主張・見方だけではどうしても偏ってしまいます。両者の意見を虚心坦懐に聞き、その上で判断するべきかと思います。
 障害者側の意見としては、乙武洋匡さんのもの
http://agora-web.jp/archives/2026900.html
が代表的なように思います。ご自身が障害者であるし、有名人でもありますし。
 航空会社の立場を反映する意見はなかなか見つけにくいのですが、「いすみ鉄道 社長ブログ」
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918
が、航空会社の元社員という立場からブログ記事を書いており、わかりやすいと思います。
 両者を読み比べると、今回のトラブルはどちらかというと障害者の側に問題が多いように感じられます。事前連絡なしでいきなり空港に車椅子で現れるというやり方はいかがなものかと思います。
posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする