2017年06月30日

昔の勤務先でトイレに行ったら

 オーツは、会議で、朝から晩まで昔の勤務先にいました。途中休憩をはさみながら、いろいろな会議が連続していました。
 で、休憩時間にオーツがトイレに行ったときのことです。ウォシュレットが付いていない、ちょっと旧式のトイレだったのですが、個室の壁に「センサースイッチ」が付いていました。使用後に便器に水を流すためのスイッチです。5cm 以内に約1秒間手をかざすと動作すると注意書きがしてありました。
 もっとも、便器に座ったままではこの注意書きが読めず(歳のせいで近くが見えにくいのです)、便器から離れた位置で読むことができました。これでは注意書きの意味がありません。
 ところで、オーツが便器に座っていたら、勝手に水が流れました。しかも2回です。何もせずに、ただ座っているだけでこのセンサースイッチが動作してしまうようです。
 別のトイレでも同じ経験をしました。1回、水が勝手に流れたのです。
 不要な便器洗浄は、エコ生活に反するものです。
 もしかして、壁のセンサーが 5cm 用のセンサーではなく、20cm くらい離れているものでも、動きがあるとそれを検知してしまうのかもしれません。
 それにしても、何もしないのに水がざーっと流れるのは不気味です。トイレは、水を出すためにレバーを動かすタイプのほうが安心感があります。
posted by オーツ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする