2017年05月11日

楊2号店@池袋で4人でランチ

 連休中のある日、オーツは妻と嫁と孫の小学生の4人で池袋に行き、四川料理の楊2号店でランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13009261/
 事前に電話して、休日でも 11:30 に開店するということを確認しました。(食べログの記載では、日曜祝日は12時開店となっていますが、それは間違いです。)ランチの予約は受け付けないという話でした。
 そこで、オーツは 11:20 に店の前に行き、店の位置を確認し、劇場通りまで歩いて出て3人を待ちました。まもなく妻がやってきて、相談の結果、オーツだけ先に店に行って、妻たち3人が後から行くということになりました。オーツは 11:25 に店に着きました。
 オーツが店のドアの外側に立っていると、もう店の中にはお客さんが入っており、メニューを見ながら注文品などの相談をしています。オーツのそばをすり抜けて入っていく客もいました。そこで、オーツもドアを開けて中に入りました。すると、店員が来て、「11時30分開店だから、まだ入ってはだめ」といいました。
 おや、すでに店の中に入っているお客さんたちは、普通の客ではなく、店の関係者とか何かなのでしょうか。予約は受け付けていないのだから、予約客ではないはずです。オーツは初めての店だったので、店の外に出て、ドアの外側で待つことにしました。
 11:28 ころ、妻がやってきて、ドアを開けて店の中に入っていきました。そして、手招きするのです。
 先ほどのいきさつがあったので、オーツは 11:30 まで待ちました。しかし、店員から開店の案内はなかったので、11:30 に店の中に入りました。すでに店の中に入っていたお客さんたちは、普通のお客さんたちでした。
 この1件で、オーツはこの店のサービスに疑問を感じました。客に対する取り扱いが不公平であり、えこひいきだと思います。11:30 まで外で待てというなら、店の方針としてそれはそれでいいですが、全部の客に対して同じ扱いをするべきです。すでに店に入ってテーブルのところに座っている客にも、外に出るようにいうべきです。

 オーツたちは4人でテーブルに座り、気を取り直して、メニューを見て、料理を注文しました。4人で飲み食いしたものは、以下の通りです。四川風麻婆豆腐 890 円、炒飯 850 円、皮も手作り焼餃子 590 円、皮も手作り水餃子 490 円、春巻(2個)590 円、凉拌菜 650 円、白飯 280 円、四川風回鍋肉 1,300 円、生ビール 550 円×2、マンゴージュース 380×2、杏仁ジュース 380 円、合計 7,880 円でした。
 注文品のうち、春巻と四川風回鍋肉は、そこまでの料理を食べきってしまってもなかなか出てこないので、お店の人に確認すると、注文が通っておらず、それから料理して出してくれました。
 この1件でも、この店のサービスの問題を感じました。
 とはいえ、食べたものはすべておいしかったです。四川風麻婆豆腐は辛くて、オーツの好みの味でした。オーツは、本場の四川(成都)まで行って麻婆豆腐を食べましたが、そんなに辛くなかったです。
2012.5.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/270008026.html
しかし、この店のは花椒が効いていて、いかにも四川風でした。餃子もいけました。四川風回鍋肉もけっこうでした。
 オーツたちがお店を出るころには、店の前に行列ができていました。人気店のようです。
 金額も大したことなくて、おなかいっぱいになり、オーツは満足しました。しかし、オーツは店員の対応には満足していませんので、再訪はないと思います。

注:
 最近は、オーツのブログ記事を食べログにも投稿するようにしていますが、上記のような店に対する批判のようなことを書くと、食べログでは掲載されません。書き直しが要求されます。しかし、オーツが経験したことを書くのがブログの趣旨であり、それを書き直す(削除する)ということでは、ブログの意味がありません。この記事は、したがって、はじめから食べログへの投稿はしないことにします。
posted by オーツ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする