2017年05月09日

カフェレストラン縁@青梅市でランチ

 オーツたちは、青梅市にあるカフェレストラン縁(えにし)でランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1330/A133003/13129993/
http://enishi-2011.jp/
 11:40 くらいにお店に入りました。オーツたちの後から客が数人来て、それで満席になってしまいました。
 大人はランチセット 1,700 円を注文し、子供にはお子様ランチセット 830 円を注文しました。ランチセットの内容は以下の通りでした。
前菜5種盛り(ハムのムース、ピクルス、あさりのフラン、ヤリイカとドライトマトのマリネ、鶏のスモーク)
本日のスープ(かぼちゃと人参のスープ)
メイン料理(魚=ハタのポワレ サフランソース、肉=骨付き鶏もも肉のコンフィ カシスのソース)
パン(プチパン、バケット)
セットドリンク(グレープフルーツジュース)

 この店はフレンチの創作料理をうたっています。たしかにそれだけのおいしさがあります。前菜は手が込んでいて、先にジュースをもらったので、前菜とジュースだけでもおなかにかなりたまる感じがしました。それに続いてスープがまたおいしく、とろりとした舌触りの中にカボチャらしい味わいがします。さらにメインは、妻と魚・肉をそれぞれ半分ずつシェアして食べましたが、両方ともおいしく、そして量がたっぷりありました。パンは温められており、パン皿まで温かくなっていました。配慮が行き届いています。パンの提供時にはたっぷりのバターが容器に入って付いてきました。それをパンに塗ると、順次溶けていきます。それをパクッと食べるとパン自体のおいしさに加えてバターの風味がまたいい感じです。1,700 円でこれが食べられたら大いに満足です。
 たった一つ、問題点を指摘するなら、料理が提供されるまで時間がかかるということでしょう。
 大人がゆっくり食事をする場合などは、これでいいと思いますが、子連れの場合は、子供たちが食べ終わると、どうしても騒ぎ出してしまうのです。お店の入口には、そういう大騒ぎをする子供たちは入店しないようにという注意札がかかっていますが、料理の提供までに時間がかかるのでは、ちょっとしかたがないようにも思いました。
 オーツたちは、メインの料理のあたりになったら、大人の一部が子供たちを散歩に連れ出しました。そして、途中で大人が交代して、さらに遊びに行きました。オーツは後半組になり、自分の食事を終えた後、子供たちを近くの鹿島玉川神社の境内にある児童公園に連れていき、そこでブランコや滑り台、シーソーなどで遊びました。
 結局、駐車場を出たのは、13:30 でした。2時間近くこの店にいたことになります。こんなにゆっくりしたランチはしばらく経験がありません。



関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 東青梅駅河辺駅青梅駅


ラベル: 青梅 ランチ
posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする