2017年04月16日

秩父・長瀞(2)花見

 秩父・長瀞に行った理由の一つに、花見の季節ということがありました。
 囲炉裏庵 花水木でずりあげうどん会席を食べた後、
2017.4.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/449024501.html
花水木の周りを散歩しました。このあたりは北桜通りといって、桜の並木がありました。

titibu9.JPG

 車道の両側に桜が植えられていて、4月8日はちょうど満開で見頃でした。
 30分ほどの散歩は気持ちよかったです。都内では、千鳥ヶ淵など、人通りが多すぎて、自分のペースで歩くこともできないほどですが、ここはそんなこともなく、ゆったりと歩けます。
 ただし、中国人観光客もたくさん来ていて、中国語を大声で話すのが耳障りだったのと、数人が車道の真ん中に出て、記念撮影をするのがどうにも気になりました。もちろん、クルマが来ないときを見計らってささっと撮影するのですが、それにしても、あとで写真を見たとき、道路の真ん中で撮影したことがバレバレになってしまいます。車道の真ん中で写真を撮るのはマナー違反だと思います。もしかすると道路交通法違反でしょうか。中には、子供をバギーに乗せて車道の真ん中に進み出るような人もいるわけです。いくらクルマが来ないといっても、ちょっとどうかと思います。我が物顔で写真撮影会を行っているような感じでした。

 北桜通りで花見をした後、もう一箇所、清雲寺のしだれ桜を見に行きました。
http://www.chichibu-enavi.jp/spc/seiunji/
http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/2159/
 桜の季節には、周辺に民間の臨時駐車場がオープンするようです。1日 500 円です。オーツたちはその一つにクルマを止めて、清雲寺まで歩いて行きました。
 清雲寺のしだれ桜は、1本だけの桜かと思っていたのですが、そうではなく、境内にたくさんのしだれ桜があり、それぞれに満開だったので、お寺全体が華やかな雰囲気になっていました。
 せっかくなので、清雲寺の入口付近にあったしだれ桜の写真を示しておきましょう。

titibu10.JPG

 1本の桜だけでこんな調子ですから、これが何本も連なるとすると、そのようすが想像できるでしょう。
 境内にはいろいろな出店がありました。オーツは秩父地方の日本酒をお土産に買いました。妻は、焼き物の花器と花(アザレアでしたかね)を買いました。
posted by オーツ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする