2017年02月11日

栄龍@桜上水でカレーライスを食べる

 栄龍は桜上水と下高井戸の二つの駅のちょうど真ん中にある中華料理店です。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13062445/
食べログの口コミなどを見ると、この店のカレーライスがいやに評判がいいので、オーツもちょっと食べてみる気になりました。
 ある日の11時半ころに入りました。外観はちょっと汚い感じがしますが、中に入ってみれば、きれいなカウンターで、きちんと手入れされています。
 お店はおじさん一人でやっています。このおじさんの手際がよくて、ついつい見とれてしまいます。いろいろな注文が入ってくると、複数の中華鍋を使いながら一人でささっと作っていくのです。
 カレーライスを注文したら、それを入れる容器にまずは煮立ったお湯を入れ、容器を温めます。それをふきんで拭いて、そこに盛りつけてくれます。手際がいいだけでなく、なかなか丁寧です。好感が持てます。
 さて、肝心のカレーライスの味はどうだったか。
 メニューには「(辛口)」と書いてありましたが、オーツの舌ではさほど辛さを感じませんでした。普通のカレーです。味は確かにいいと思います。しかし、オーツにとって、カレーはまず辛さが大事です。辛さの中にうまさがあるようでないとおいしいカレーとはいえません。そのような目で(舌で?)見ると、このカレーライスはもう一度食べたいとは思いませんでした。
 とはいえ、一般的にはおいしいカレーだと思います。ファンが多いのもうなづけます。
 次回は別のメニューを試してみましょう。この店は、麺類以外にご飯類、定食類がいろいろあるのです。
posted by オーツ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする