2017年02月09日

龍華園@江古田南口でランチにタンメンを食べる

 オーツは、江古田でタンメンがおいしい店を探そうと思いました。今回試してみたのは江古田南口にある龍華園です。この店は、開店してからさほど時間が経っているわけではありません。以前は他の地域で営業していて、きたなシュランで取り上げられたこともあるという話です。
http://kitanaumai.kapuseru.net/chu/ryuukaen.html
 オーツは、以前、ちゃんぽんを食べにこの店に行ったのでした。
2016.12.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/444901479.html
 オーツの舌ではちゃんぽんはイマイチと思いましたが、タンメンはタンメンでちゃんぽんとは別物ですから、ちゃんぽんと同じ評価とはいえません。
 というわけで、実際食べに行ってみることにしました。
 メニューの麺類のところを見ると、全部中国語が並んでいて、( )の中に日本語の訳が書いてあります。もっとも、客の大部分は日本人ですし、ホール担当の女性も日本人のようで、お互い日本語で注文をやりとりしています。店主が中国人なのでこういうスタイルにしているのでしょう。
 ところが、そのメニューでは、タンメンだけは「タンメン」と書いてあり、中国語がありません。
 おやおや、タンメンは中華料理ではなかったのですね。
 帰宅後に Wikipedia のタンメンの項
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3
を見ると、「発祥の地や歴史は諸説あるが、東京か横浜が発祥地とされている。最初に作られた時期も戦前からあるという説と、戦後になって横浜にある中華料理店『一品香』が最初に作った説もある。」と書いてありました。タンメンは日本式の中華料理なのですね。ちゃんぽんと同類です。
 さて、オーツがタンメンを注文して少し経つと、丼が出てきました。そうです。これがタンメンです。
 具材として、エビやイカなどが入っているのが見えます。ウズラの卵もあります。期待が高まります。
 で、味はどうだったか。
 残念ながら、オーツの好みではありませんでした。龍華園のタンメンはスープがイマイチです。もちろん、普通のタンメンですし、ちゃんと食べられると思います。しかし、オーツが普段食べているのは、江古田南口の「福しん」のタンメン 490 円です。
2016.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/435765457.html
2015.3.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/415407461.html
 福しんのタンメンよりおいしいのでなければ、食べる意味がありません。価格が 490 円よりもはるかに高くてもあまり意味がありません。
 龍華園のタンメンはランチのときは 650 円です。夕方は 50 円アップするようです。この価格は、メニューにある他の麺類、ご飯類、定食などと比べてもちょっと高めのように思いました。
 オーツは、期待していただけに、肩を落としつつ帰宅しました。
posted by オーツ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする