2017年01月20日

DELL ノートパソコン XPS-11 の ESC キーが使えない

 オーツが3年前に購入して使っているノートパソコン DELL XPS-11 ですが、ESC キーが使えなくなりました。以前から少々調子が悪いことがあったのですが、今や全然使えません。オーツは ESC キーのハード的な故障だろうと思いました。
 オーツは、エディタ MIFES で「ESC+英字」に各種マクロコマンドを登録しています。つまり、「ESC+英字」でそれぞれのマクロコマンドを実行することができるのですが、それらが全部使えません。大問題です。WinFD やいくつかのソフトでは ESC は「直前の動作のキャンセル」の意味になります。それらも全部ダメです。
 しかたがないので、まずは DELL に電話して、修理の見積もりを頼んでみました。まもなく見積書がメールで送られてきたのですが、何と 70,200 円もするのです。キーボードを交換するのだそうですが、こんなに高いのでしょうか。新しいノートパソコンが1台買えるくらいの金額です。元のパソコンを買ったときは(オフィスソフトを付けて)15万円ほどでした。その半額近い修理代金です。
 見積書には、修理代金 65,000 円と消費税 5,200 円とありましたから、計算違いではありません。
 こんなに高いのでは、修理の意欲をなくします。
 そこで、とりあえず、キーボードのキーの入れ替えを試みることにしました。普段、オーツが使わないキーとして、Prtscr キーと右Shift キーがあります。ESC キーとこれらを入れ替えて使えば(修理しなくても)いいだろうと思いつきました。やり方は簡単です。オーツは、普段から Ctrl キーと CapsLock キーを入れ替えて使っていますので、それに追加してやればいいのです。
http://uguisu.skr.jp/Windows/winCaps.html
の記述を見て、レジストリを書き換え、CapsLock と Ctrl の入れ替えに追加する形で、ESC キーと Prtscr キーの入れ替えを指定しました。
 その後、パソコンを再起動すると、ESC キーを押すと Prtscr キーを押した動作をすることが確認できました。しかし、Prtscr キーを押しても、ESC キーを押した動作は起こりませんでした。
 次に、ESC キーと右Shift キーを入れ替えてみました。その後、パソコンを再起動すると、ESC キーを押すとシフトキーを押した動作をするようになりました。しかし、右側の Shift キーを押しても、ESC キーを押した動作は起こりませんでした。複数のソフトを立ち上げて確認しましたので、まず間違いはないでしょう。
 この段階で、オーツは困ってしまいました。ESC キーを押して、Prtscr キーや右Shift キーの動作をするということは、ESC キーのハード的な故障ではないということです。オーツは単に ESC キーのハード的な故障だと思っていましたが、そうではないようです。
 となると、これを直すのはかなりむずかしいことになります。オーツの力では無理です。

 オーツは冷静になって、70,200 円の修理代金を払うかどうか、考えました。その結果、このパソコンには、すでにさまざまなソフトがインストールされており、新しいパソコンを購入するよりは、修理してそのまま使う方が効率的であると考えました。
 というわけで、最終的に修理を依頼することにしました。ESC キーと右Shift キーの入れ替えは元に戻しておきました。

 それにしても、パソコンの修理代金は高いものです。他のメーカーの機種の場合も同様なのでしょうか。
 まあ、めったに故障しないものではありますが、……。
続きを読む
posted by オーツ at 04:24| Comment(9) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする