2016年11月26日

舌が痛い

 ふと気がつくと、オーツの舌の右サイドが痛みます。
 しばらく前に、右の下の奥の方の歯が欠けたことがあって、それと関連しているのかもしれません。ずっとそういう場所と舌が接触しているために、舌が傷ついているのかもしれません。
 以前にも舌をかんでしまって出血したりしたことがあったので、オーツの経験として、舌が痛いことは経験済みです。しかし、今回は長引いています。1週間くらい、いやそれ以上続いています。
 舌を動かすとその歯の欠けたところに舌が当たるためか、痛むのです。
 舌が痛いと、日常生活のいろいろな面に支障が出てきます。
 第1に、確実に痛みが出るケースですが、ビールや発泡性のものを飲むとき、すぐに痛みが出ます。少量でも痛みます。これはまいりました。オーツは毎日のように(第3の)ビールを飲みますが、これが痛みを伴うわけです。生活習慣を変えるほどのインパクトがあります。ウィスキーなどでは痛みがないようです。
 第2に、舌が十分動かせないので、食事に不便です。ものを食べるときに、いかに舌を動かしているかを実感しました。歯と頬の間に食べ物のカスが挟まってしまうことがありますが、そんなのは舌を動かして取り去って、飲み込んでしまうことができます。ところが、こんな動きは舌が痛いときには苦痛です。したがって、そういう行為を避け、食後に水を口に含んでクチュクチュやって食べ物カスを取るようにしているのですが、これがなかなかうまくできません。自分の意思で動かすわけではない水と、自分の意思で動かす舌の違いでしょうか、舌でこそげ取る方が確実で短時間のうちにできます。
 次に、ちょっと熱いものを食べるとき、頬の内側にくっついてしまうことがあります。こんなときも、舌が自由に動かせるならば、舌で口内のあちこちに食べ物を動かすことで熱さを和らげることができます。ところが、これができないのです。熱いものが口内の一箇所にとどまり、アチチチとなるわけです。軽いやけどのようになります。舌がこんなことに役立っているとは、意外な盲点でした。
 気のせいか、食べ物をかむ回数が少なくなっているように思います。舌が痛いので、あまり食べ物を口内で動かすことをしないと、かむことがうまくできず、サッサと飲み込むケースが多くなっているように思います。これは消化に悪いし、長く続けば健康に影響が出てくるかもしれません。
 第3に、ことばを発するときに不便です。舌を動かさないように発話すると、いわゆる「滑舌が悪い」発音になります。他人としゃべることがしにくくなります。しかし、ことばを発することは、コミュニケーションの基本であり、それを避けるとなると、仕事でも何でも影響は甚大です。オーツの仕事はしゃべることでもあるので、これが苦痛になるといやはや大変です。
 直接他人と話す場面はいくらでもあります。しかし、舌が動かしにくいと、はっきりした発音ができないし、口内に唾液が貯まってくるような場合もあります。口をもごもごやっていると、いかにも間が抜けた話し方のように響きます。
 そんなことを考えていると、多くの人が高齢になって話し方がもごもごしてくることを思い出しました。60代あるいはそれ以前からよく知っている人の場合、70代や80代になってくると、だんだん話し方が変わってきて、スピードがゆっくりになるとともに、はっきりした発音だったのがしだいにぼけた発音になってくることを何人もの人で経験しています。何と、今、オーツがそういう発音をしているのです。そうか。以前、もごもごと発音していた人たちは、単に老人になって筋肉の動きが悪くなっただけではなく、もしかしたら、こんな舌の痛みを抱えていたとか、入れ歯のせいで以前のような発音ができなくなっていたのかもしれないなと思いました。まあ、そういうあれこれの事情の全体が発音を変化させているのでしょうが。
 メールが発達してきているので、コミュニケーションのある部分はそれでカバーできるようになってきています。ありがたいことです。しかし、全部はカバーできません。まだまだ他人との会話が必要です。オーツはもどかしさを感じながら、障害者の気持ちが少しわかるような気がしました。
続きを読む
ラベル:痛い
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする