2016年10月14日

みそ汁用のお椀

 オーツは朝勤務先でインスタントのみそ汁を作って食べることがあります。
2012.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/300551958.html
具を追加したりして楽しんでいます。
2013.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/324045977.html
2015.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/419535302.html
2015.5.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/419372201.html
2015.5.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/419372079.html

 さて、先日、妻がオーツの勤務先にやってきて、一緒にお昼を食べることになりました。妻が自分の弁当を持参してきたというので、それを食べ、オーツがいつもの朝のような感じでみそ汁を作りました。妻用ではなく自分用です。
 そのとき、妻がお椀が汚いといいました。捨てた方がいいというのです。オーツはこのお椀を10年以上使ってきて、そんなに汚いと思ったことはありません。まあ、汚いと思わないから同じものをずっと使い続けているのですが。
 妻が言うには、このお椀、結婚する前に自分が使っていたものだという話です。
 オーツはまったく記憶がありませんが、本人がそういうのだからそうなのでしょう。自宅の食器棚にも同じものが1個入っていて、ペアになっているのですが、オーツがそのうちの1個を勤務先に持参して、ずっと使ってきたわけです。
 となれば、ざっと40年ほど使ってきたことになります。それは捨てても惜しくないシロモノです。
 というわけで、このお椀を捨てて、自宅にあるお椀を再度勤務先に持って行くことにしました。勤務先では、あと40年使うわけではありませんが、たぶん定年の日までこのお椀を使うことになるのでしょう。

 その後、自宅にあるお椀を勤務先に持参して、勤務先のお椀を自宅に持ち帰りました。そして、「汚いお椀」を台所の調理台の上において「ずっと使ってきたものだけど、本当に捨てるの?」というメッセージを紙に書いて、お椀の下にはさんで置きました。
 翌朝、オーツが台所に行ってみると、捨てるはずのお椀は食器棚の中に収まっていました。
ラベル:お椀
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする