2016年06月03日

16ビットソフトと64ビットOSと Opt-Tech sort(続)

 オーツがずっと愛用してきたOpt-Tech sort が16ビットコードで書かれていて、64ビットOSでは使えないという話は以前のブログ記事で書きました。
2015.12.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/431188655.html
 最近、意を決して(といいつつ前回記事から半年も経ってしまったのですが)Opt-Tech Sort for Windows 1.8b などというのを使ってみようと思いました。購入したのはずいぶん前ですが、インストールもせず(だって DOS 版がそのまま使えたのですから)放っておいたのでした。このソフトをインストールするときは Setup.exe を起動すればいいようです。さっそくやってみました。ところが、Setup.exe を起動しようとすると、何のメッセージも出ずに、止まってしまいます。何回やっても同じです。ソフトがインストールできなければどうしようもありません。
 そのとき、はたと思いました。インストールプログラムに16ビットコードが含まれているのではないでしょうか。
 そこで、Windows 7 の32ビットOSが搭載されているパソコンで Setup.exe を起動してみると、インストールができました。
 次に、32ビットパソコンで解凍されてできあがったファイル群を USB メモリ経由で64ビットOSにコピーしました。
 ソートを実行するバッチファイルを書いて実行しようとすると、「Otsw32.dll がない」というようなメッセージが返ってきました。そこで、32ビットパソコンの中を調べてみました。C:\Windows\System32 の中にありました。これをコピーして、64ビットパソコンでも同じ名前のフォルダーに入れました。
 そして、再度バッチファイルを実行すると、……大成功! ソートが動きました。使い方は、DOS のころと同じです。コマンドラインで実行する形式で使えます。やれやれ、これでもうソートに関して困ることはなくなったように思います。
 なかなかむずかしいことですね。
 こんなふうにして使えるということは、Opt-Tech sort のマニュアル類にも書いてありませんでした。(いや、そもそも、マニュアル類がどこかに行ってしまっています。)
 試行錯誤で何とか解決しました。こういう問題が解決できたということは、オーツもそれなりに Windows を理解してきたということでしょうか。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする