2016年05月23日

クルマのルームランプの消し忘れ

 オーツは、以前にもクルマのルームランプ(車内灯)を消し忘れて、バッテリー上がりになってしまう経験をしました。
2010.11.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/168997942.html
クルマというのはひ弱なものです。
 さて、先日、再度やってしまいました。まったく同じ状況で、クルマからおりるときにちょっとメモを書いたりしてルームランプをつけて作業して、消し忘れたわけです。
 妻が夜に帰宅して、「クルマの中が明るい」と気がつき、オーツに言ってきたので、わかったわけでした。
 そんなことをして、ふと思いました。今オーツが乗っているクルマはプリウスαで、ハイブリッド車です。充電池をかなりの量積んでいます。以前のガソリン車のように、小さなバッテリーではありません。ということは、ルームランプをつけっぱなしにしても、一晩くらいは大丈夫かもしれません。まあそんな実験をしてみようとは思いませんが。
 ただし、ネット内を検索してみたら、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12104918157
のところに「ハイブリッド車の駆動用バッテリーは、他の電装系とは独立しています。こちらも、室内ランプとは関係ありません。」と書いてありました。
http://okwave.jp/qa/q6726546.html
にも同じ趣旨の記事があります。
 とすると、オーツの考え方は間違っていることになります。やはり、ハイブリッド車で大量の充電池を積んでいても、ルームランプの消し忘れは大きな問題になるようです。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする