2016年04月16日

ふるさと納税額が地方税収を上回る自治体がある

 ふるさと納税が集中する市町村については、先日もこのブログで取り上げました。
2016.4.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/436594053.html
 こんなことを気にしていると、オーツは日経新聞の記事にも目が行きました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB08HCH_T10C16A4MM0000/
(2016.4.13 12:30)
 ふるさと納税の2015年度の寄付総額が年間の地方税収を上回った自治体があるというのです。つまり、ふるさと納税額が自治体の規模に比べてそれだけ大きいというわけです。
 記事では、以下の10の自治体があげられています。

自治体名 2015年度のふるさと納税額 2014年度の地方税収との比較
高知県奈半利町 1354(百万円)    4.93倍
宮崎県綾町   1380        2.44
北海道上士幌町 1537        2.23
北海道北竜町   320        1.91
長野県喬木村   812        1.54
山形県舟形町   717        1.43
北海道えりも町   539        1.32
北海道増毛町   477        1.28
長野県豊丘村   706        1.10
福島県湯川村   374        1.02

「ふるさと納税が集中する市町村」
2016.4.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/436594053.html
の自治体ランキングとはかなり違っています。こちらのランキングは、財政規模が小さい村や町が多いようです。お礼の品としては、地元の海産物や農産物が多いようです。長野県喬木村はパソコンとタブレットが特徴でしょうか。
 オーツは、海産物・農産物にはあまり興味がありません。
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする