2016年04月30日

Windows 10 のダウンロードに時間がかかる(3)

 すでにブログ記事に書いたように、Windows 10 のダウンロードにはとてつもない時間がかかります。
2016.4.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/437018868.html
 オーツの経験では、ダウンロードを続けながら、4/22 9:00 中断→再開。さらに 4/27 5:00 ころ、中断→再開を行い、この段階でやっと違う画面に移りました。やれやれ、こんなに時間がかかるものとは思いませんでした。
 何回目かの「今すぐアップグレード」を行い、ようやくダウンロードができたようです。
 そのたびに、数日待ってみましたので、本当に大変でした。ダウンロードがうまくいかないということがわかるまで、数日かかってしまいます。今回は、ダウンロードがうまく始まったようで、別の画面になりました。今までなぜ同じ画面を表示し続けたのか、まったくわかりません。
 ともあれ、別の画面が出て、ダウンロードが終わり、さらにインストール画面になりました。
 数時間後にパソコンを見たら、Windows 10 の画面が表示されていました。
 それから、新しいウィルス対策ソフトをインストールし、ほぼ Windows 10 が動くようになった段階です。
 とはいえ、あと2台、Windows 10 に移行したいパソコンがあります。なんとか7月までに移行できるでしょうか。
posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

ネット用語「クッキー」をど忘れする

 オーツはだいぶ歳をとってきて、ものごとをうっかり忘れることが増えました。
 先日、ある人と話をしていて、パソコンの中にユーザIDがクッキーとして保管されるという話になったときに、「クッキー」ということばが出てきませんでした。その場では、小さな記憶領域とか何とかいってごまかしたのですが、どうにもすっきりしません。
 なんだったっけということで、10分くらい考えてしまいました。
 パソコンで、ネットを検索してもなかなか出てきません。概念を検索するのはむずかしいものです。
 そんなことで困っていましたが、ふと「クッキー」が思い浮かんで、もやもやしていたものがさっぱりしました。
 いやはや、こういうことがこれから増えていくのでしょうねえ。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

牛ちろ@江古田南口でランチ

 オーツは、焼肉屋で焼肉以外のものを食べるというのもいいものだと思いました。
 で、先日行ったのが江古田の「牛ちろ」です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13054003/
 韓国式の焼肉店で、各テーブルに網がセットされ、上から換気扇が下がっていました。奥の小さなテーブルに着くと、店員さんがわかめスープと焼肉用のたれ、それに焼肉用トングと箸を持ってきました。(実は、肉を食べる予定はないのだけれど、……。)ランチメニューも持ってきましたが、そちらには肉ばかりが並んでいました。そこで、一般メニューにあったカルビクッパを頼みました。クッパには赤と白がありますが、辛い方が赤だというわけで、そちらにしました。690 円です。
 注文してからかなり待ちました。そんなに時間がかかるものとも思えないのですが、……。
 スープはサービス品のようなので、それを食べて待っていました。
 ふと気がつくと、テーブルがべとべとするような気がします。実はきちんときれいに掃除してあるのですが、テーブルの材質ないし塗料の触感でしょう。手で触ると油で汚れているかのような感覚です。
 待つことしばし。
 カルビクッパが出てきました。そして店員さんがコップ入りの水も持ってきてくれました。この時点で焼肉用のたれとトングを持って行きました。
 クッパには金属製のレンゲが入っていました。レンゲでクッパを食べてみると、これがおいしいのです。ダシが効いている感じです。これはなかなかいけます。辛さは、まあ大したことないのですが、オーツとしては満足しました。
 食べ終わって会計すると、745 円でした。690×1.08 という計算です。
 さて、この店は再訪があるでしょうか。味と値段だけを考えると再訪ありです。おいしいです。それにしては値段が安めです。しかし、オーツはこのテーブルの感覚が好きになれません。決して汚れているわけではないのですが、このような感触をそのままにしておくというのは、経営者なりなんなりがこういうイメージで焼肉店をやっていこうと判断しているわけです。そこのところがオーツとしては不満です。
 もう一つ、オーツはカルビクッパだけで十分と思っているのですが、この店のやり方だと、焼肉を食べるように客を誘導しているように思えます。「焼肉を食べるのは当然でしょ」という感覚です。食べるつもりがないときにそう誘導されるのは客側にとって不満です。
 せっかくおいしい店を見つけたのですが、ちょっと残念です。
 夜にでも、韓国式の焼酎を飲みながら焼肉を食べ、シメにカルビクッパ(赤)を食べるというようなスタイルの食事をするのもいいと思います。あ、そのときはハーフサイズのクッパがいいかもしれません。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

PORTABOOK の評判

 オーツはキングジムが PORTABOOK ポータブック XMC10 というのを発売したことを知りました。
http://www.kingjim.co.jp/sp/portabook/xmc10/
小さいパソコンです。
 オーツは以前からポメラを使ってきました。ポメラは、携帯に便利で自分用のメモを書くことに特化した製品です。
2010.11.5 ポメラの電池がなくなる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/168327054.html
2010.3.7 ポメラの使いにくい点
    http://o-tsu.seesaa.net/article/142952894.html
2010.1.28 パソコン内のファイルをポメラにコピーしようとすると
    http://o-tsu.seesaa.net/article/139552896.html
2010.1.25 ポメラを買ってみたら、ファイル名変更が必要だった
    http://o-tsu.seesaa.net/article/139278731.html
2009.12.10 ポメラは紙の手帳の代わりになるか(3)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/135197748.html
2009.12.9 ポメラは紙の手帳の代わりになるか(2)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/135098240.html
2009.12.8 ポメラは紙の手帳の代わりになるか(1)
    http://o-tsu.seesaa.net/article/135002918.html
 それをもう少しパソコンに近づけた機種のようです。というか、パソコンそのものです。
 ネット内には各種評価記事などがあって、使う前から使い勝手がかなりわかります。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20160212_742306.html
 価格が高い。ポインティングデバイスが使いにくい。ストレージ(外部記憶)が不足。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000836584/#19806440
 関連製品と比較すると中途半端。

http://japanese.engadget.com/2015/12/23/1/
 価格が高い。3万円台のPC相当。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/020800148/
 フィンガーマウスには慣れない。ストレージ容量が小さい。

http://bto-pc.jp/btopc-com/select/kingjim-portabook.html
 何に使うかわからない。アンバランス。

http://nomadit.jp/post-8764/
 キーボードの回転は不要。本体が重い。価格が高い。他のパソコンのほうがよい。

 ディスプレイが小さい(8インチ)し、解像度が低い(1280×768)こともあって、どうも、この機種はオーツには向かなそうです。
posted by オーツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

焼肉 絆@江古田南口でユッケジャン定食を食べる

 オーツは、江古田でお昼時に韓国料理を食べるとき、済州(チェジュ)を利用していたのですが、閉店になってしまいました。
2016.1.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/432314002.html
 もう江古田では、韓国料理は食べられないかと思っていました。
 しかし、焼肉の店で韓国料理を扱っているという当たり前のことに思い至りました。さっそく、ランチで食べられる店を探しました。入ったのが「焼肉 絆(きずな)」でした。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13114960/
 焼肉以外のメニューはというと、ユッケジャン定食とカルビクッパ定食があります。お店の人に聞くと、カルビクッパは辛くなく、ユッケジャンは辛いとのこと。激辛好きなオーツとしては、当然、ユッケジャンのほうがよさそうだということで、さっそくこちらを注文しました。
 出てきたのは、真っ赤なスープのユッケジャンとライス、キムチ、サラダでした。
http://tabelog.com/imgview/original?id=r0114542709203
 ユッケジャンは、適度な辛さで、そんなに辛い感じはしませんでした。いろいろな具が煮込んであり、けっこういけます。しかし、済州のスンドゥブチゲほどのおいしさは感じません。まあ、この味ならば再訪ありでしょう。
 キムチはおいしくいただきました。サラダはドレッシングのかけすぎでしょう。ま、食べられますが。
 食べ終わった頃には、ユッケジャンのスープが口の周りに付いてしまいましたが、おしぼりがあったので、それでゴシゴシ拭くと口の周りがきれいになりました。
 食べ終わって会計すると、842 円でした。780 円と表示してあったのは税抜き価格です。店先のメニュー
http://tabelog.com/imgview/original?id=r9107931447385
をよく見ると、税込み 842 円と書いてあります。でも、「780 円」のほうが大きく書いてあるので、どうしてもそちらに目が行ってしまいます。
 ちょっと値段が高いですかね。
 済州のスンドゥブチゲは 600 円でした。今にして思えば、これはかなり安かったですね。それでいておいしかったから、オーツは何回も通ったというわけでした。
 842 円が、せめて 700 円くらいになれば、通ってもいいですが、江古田で 842 円というと、他においしいものがもっと安く食べられる地域ですから、割高に感じてしまいます。
 定期的に通うというよりも、しばらく食べないで韓国料理が食べたくなったと感じたら行ってみる店のように思いました。
 オーツが店に入ってから出てくるまで、20分くらいだったでしょうか、その間、他の客は誰も来ませんでした。
続きを読む
posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

Windows 10 のブラウザ「エッジ」で ATOK が動かない

 オーツは、Windows 10 がインストールされているパソコンを購入しました。
 で、日本語入力に ATOK2012 を利用しようと思いました。オーツは ATOK のちょっと古いものしか持っていないのです。ATOK2012 をインストールしてみると、新しいブラウザ「エッジ」では ATOK2012 が利用できません。エディタや Google Chrome のブラウザなどでは ATOK2012 が起動するのですが、……。
 ネットでこの問題を検索して調べてみると、この問題は多くのユーザから質問が殺到しているという話でした。特に、Windows 7/8.1 からバージョンアップしたユーザでは大きな問題になっているようです。具体的な URL は省略します。検索エンジンで検索すればすぐわかります。
 オーツが使っているパソコンのうち何台かは Windows 7/8.1 ですので、それらをバージョンアップすると、同じトラブルに見舞われそうです。
 オーツは、普段は Google Chrome をブラウザとして使っているので、こういうトラブルがあるということに気がつきませんでした。
 それにしても、マイクロソフトはひどいことをするものです。こんなことでは、利用者がエッジから離れて、他のブラウザに移行するケースが多くなるのではないでしょうか。それとも、利用者がエッジを使うために、ATOK を使わなくなることをねらっているのでしょうか。
 いやはや、いやはや。
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

紅矢@下高井戸でランチにハンバーグを食べる

 紅矢(べにや)は下高井戸にあるハンバーグとステーキの店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13047944/
オーツは、10年以上前に一度食べに行っただけで、その後は店の前を通り過ぎるばかりでした。肉類は基本的に食べないようにしてきたためです。しかし、少し食事の方針を変えて、たまには肉類を食べてもいいように思ったので、久しぶりに食べにいったのでした。
 以前は、ハンバーグが 500 円だったのですが、今は 580 円に値上がりしていました。
 オーツは和風おろしハンバーグを頼みました。
 店員さんが「ライスはどうしますか」と聞いてきました。普通盛り、中盛り、大盛りがあるそうです。それぞれ、150g、200g、250g だそうです。オーツは普通盛りにしました。
 程なくして、熱くなった鉄板にハンバーグがのって出てきました。
 食べてみると、これがおいしいのです。
 580 円でこんなおいしいハンバーグが食べられたら満足です。オーツは、ステーキも食べてみたくなりました。
 意外な掘り出し物に出会えた感覚でした。何回か食べに通ってみようと思います。ランチのローテーションに加えるべき店ということになります。
 桜上水の Rico de Kitchen のハンバーグもおいしいと思います。
2015.11.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/429514368.html
 しかし、値段がかなり違います。Rico de Kitchen は 950 円、紅矢は 580 円ですから、こちらのほうが断然おトクです。
 サイゼリヤでも 500 円でハンバーグが食べられますが、そちらより紅矢のほうがおいしいと思います。
 あ、ライスの普通盛りはちょっと少なすぎる感じでした。とはいえ、ハンバーグは肉ですから、時間が経ってもあまり空腹を感じることはありませんでした。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

Windows 10 のダウンロードに時間がかかる(2)

 オーツは、普段使っているパソコンの1台のOSを Windows 8.1 から Windows 10 にしようとして、時間がかかって断念しました。
2016.4.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/436570644.html
 別の機会に、オーツは別のパソコンで同様の操作をしてみました。4月13日 5:30 に Windows 10 のダウンロードを開始しました。ところが、そのあとで、別のソフト(ウィルス対策ソフト)が自動アップデートされ、パソコンを再起動するようにというメッセージが出たので、4月15日 22:00 にダウンロードを中断しました。約3日かかってもダウンロードが終わらなかったわけです。
 それから、再度ダウンロードを始めました。現在まで、1週間経っています。その間、ずっとパソコンの電源を入れっぱなしで、ダウンロードが続いているようですが、いっこうに終わる気配がありません。白い◯がクルクル動く動画が表示されているだけです。さすがに、ダウンロードを止めようかと思いました。
 普通にパソコンを使っていると、定期的に Windows 10 にバージョンアップするようにうながすメッセージが出るのです。うるさい限りです。その上、いざダウンロードしようとすると何日もかかるというのではパソコンが自由に使えない状態になるということです。
 オーツとしては、マイクロソフトに恨み辛みを言いたいわけですが、どこに連絡すればいいのかさえわかりません。いったいどうすればいいのでしょうか。
 こんなことで1年間の無償アップグレード期間が過ぎてしまったら、踏んだり蹴ったりです。

 オーツはネットを検索し、
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-windows_install/windows-81-%E3%81%8B%E3%82%89-windows-10/fe55b935-d07e-49d3-8b2e-f0586b358530
この記述を参照し、ダウンロードを中止し、ウィルス対策ソフトをアンインストールして、再度ダウンロードしてみました。さて、どうなるでしょうか。
 それにしても、これでいいのかどうか、結果が出るまでに数日かかるというのは何とも困った話です。
続きを読む
posted by オーツ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

三國家@草津温泉でランチ

 三國家は、草津で有名な蕎麦屋です。
http://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10000992/
 オーツたちは日曜日の11時ちょっと過ぎに店に着いたのですが、お店の前には数人が列を作っていました。オーツたちが並んでいると、列はどんどん長くなっていきました。
 10分くらいで店の中に入れました。しかし、まず店の入り口で(立ったままで)待たされます。ここで店員からメニューを渡され、先に注文を聞かれます。
 それから店の奥にあるイスでさらに数分待たされます。ここでは、電力で石臼が回され、そば粉ができあがっていくようすが見られます。この店のそばの消費量から考えれば、こんなスピードでそば粉を作っていくのでは全然足りないと思われます。客向けのパフォーマンスに過ぎません。
 やっと一つのテーブルが空き、オーツたちはそこに座りました。お茶と一緒に、そばかりんとうが(少しですが)出されました。
 オーツたちが頼んだのは、三国そば(2.5人前)950 円、都汁(醤油味、鴨肉とネギ)480 円、田舎汁(味噌味、山菜など)400 円、それに天ぷら盛り合わせ 1,800 円で、合計 3,630 円でした。
 店に入るときは、そばだけ食べればいいと思っていたのですが、店で他の客が天ぷらを食べているのを見ると、いかにもおいしそうで、なんだか急に食べたくなったのでした。
 少し待っていると、三国そばが出てきました。大きな四角い皿に12個の山に分かれてそばがのっています。皿は 40cm 四方くらいありましたかね。そばの量がすごい大量に見えます。でも、食べ始めるとけっこう食べられるものです。妻と食べましたが、結果的に、オーツが7個半、妻が4個半食べました。
 オーツは味噌味の田舎汁にしましたが、あとで味見した経験では、醤油味の都汁のほうがおいしかったように思います。
 天ぷら盛り合わせには大きなエビが2本入っており、こちらもおいしかったです。
 満足しました。
 オーツが会計を済ませて店を出ると、12時くらいでしたが、店の前の行列はずいぶんと長くなっていました。20人以上並んでいたでしょうか。しかし、店のオペレーションはさほど急いでおらず、店員さんの手際もあまりよくありません。意図的に客に長い列を作らせているようにも見えました。
posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

草津温泉でぶらり散歩(2日目)

 オーツたちは、日曜日の午前中にも、草津温泉の湯畑あたりを散歩することになりました。
 土曜日に、すでに草津温泉のメインのところは見ていました。
2016.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/436841342.html
 日曜日は、土曜日には行けなかったところにいく感じになります。
 宿をチェックアウトして、最初に向かったのは白根神社と囲山公園でした。
 白根神社は、湯畑から見ると、小高い山の上にありますが、オーツたちは裏の庭から入ったため、そんなことはわからず、普通の神社のように見えました。

kusatu5.JPG

 囲山公園は、滑り台やブランコがある子供向けの公園でした。公園の一部でしょうか、相撲の土俵がありました。道路をはさんで相撲研修道場がありました。合宿でもするのでしょう、たぶん。
 そばにある日晃寺にもお参りして、湯畑のほうに歩いて行きました。山から下る感じになります。
 湯畑の近くに白旗源泉がありました。

kusatu6.JPG

中をのぞくと、温泉の湯がたまっていて、そこにボコボコと泡が立っていました。一角には祠がありました。「お金を投げ入れないでください」という掲示がありましたが、たくさんのコインが投げ入れられていました。
 熱乃湯のそばに「白旗の湯」
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/sirohatanoyu/sirohatanoyu.htm
がありました。観光客も入れる共同湯です。しかし、ここにはコインロッカーがありません。貴重品(現金)を持っていたので、コインロッカーがないと不安です。そこで、妻と交代で入ることにしました。一方が荷物の見張りをしている間に他方が入るということです。
 オーツが男性のほうに入ってみると、二つの浴槽がありました。木の板の上を歩いて行くと、つるりと滑りました。危ない! しかし、転ぶことはなく、ほっとしました。後で見ると、「滑りやすいので注意」という看板が掛かっていました。
 まず、白濁したほうに入りました。湯温は42℃くらいでしょうか。ちょっと熱めですが、いかにも温泉らしくて快適です。
 しばらくして、体も温まってきたので、透明なほうに入りました。こちらは熱い! 47℃くらいあるでしょうか。オーツは3秒もいられずに出てしまいました。これに浸かっていられる人はどんな人なのでしょうか。
 浴槽のそばの板の間には何人かが座り込んでいました。ゆったりした時間を過ごすことが目的のようです。

 草津温泉からの帰りがけにはザゼンソウ公園に立ち寄りました。
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000175423/
ザゼンソウの見頃は4月上旬〜5月下旬ということでしたが、ちょっと時期的に早かったかもしれません。

kusatu7.JPG

 いくつかは咲いていました。お坊さんが座禅を組んでいるように見えることからザゼンソウという名前になったそうですが、そう見えますかね。
posted by オーツ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

HANAYADO BAELZ@草津温泉に宿泊

 オーツたちが草津で泊まったホテルが「HANAYADO BAELZ」というところでした。
http://www.hanayado-baelz.com/
元は「ホテルベルツ」と言っていたようで、カーナビには旧称で登録されていました。
 オーツたちが泊まったとき、このホテルはちょうど工事中であり、建物をすっぽりと覆うように足場が組んでありました。眺望はイマイチですが、まあ、室内は普通でしたので、問題というほどのことではありません。工事中だったということで、冷蔵庫内のビール、サイダーなどが無料になるというサービスがあり、さらに帰りがけには温泉まんじゅうを1箱(9個入り)プレゼントしてくれました。
 フロントの奥にある温泉はちょっとぬるめでゆっくり入れます。それはいいのですが、湯気を抜くためか、窓が 5cm くらい開いていました。そのため、洗い場で体を洗っていると、若干寒く感じました。温泉で体を温めればいいのですが、冬はきびしいでしょうねえ。ま、その時期なら窓を開けることもないのかもしれません。
 部屋のトイレはウォシュレットでした。ところが、オーツが最初に使ったときは、操作ボタンがバスタオルに隠された位置にあったことと、便座が温まっておらず、冷たかったため、ウォシュレットとは気がつかず、紙で拭いてしまいました。その後、気がついて、便座のヒーターを入れました。しかし、便座はすぐには温かくならなかったように思います。翌日使うときは温かくなっていましたが。
 18:00 から夕食でした。夕食のメニューは以下の通りです。
オードブルバリエ
ベルツ風寄せ鍋
お造り三点盛り
ニジマスの塩焼き
シーフードグラタン
地場野菜のサラダ
牛ヒレのグリル 洋野菜と共に
ご飯、みそ汁、香の物
デザート:いちご、パイナップル、甘いお菓子

 オーツたちが席に着いたときには、オードブルと刺身と銘々鍋がすでにテーブルにセットされていました。
 係の人が銘々鍋の固形燃料に火をつけてくれました。
 ベルツ風寄せ鍋は、豆腐、エノキダケ、タラ、しめじ、春菊、ニンジン、ネギなどが入っていました。蟹の爪がごろりと入っているところが特徴的でした。汁までおいしくいただきました。

kusatu4.JPG

 ニジマスの塩焼きはかなり塩辛かった点が気になりました。塩がききすぎです。オーツはもっと薄味が好みです。
 メニューからもわかるとおり、和洋折衷の料理でした。
 オーツは、生ビール 650 円×2、清酒(燗)550 円を飲み、ほろ酔い気分でした。
 夕食後は、おなかいっぱいの感覚でした。
 本当は、夜に行われる 湯畑キャンドル「夢の灯り」
http://www.yumomi.net/img/20160401candle.pdf
に行こうかと思っていました。これは 19:00-21:30 のイベントだそうなので、夕食後に(腹ごなしを兼ねて)散歩に出る手があるかもと思っていたのでした。しかし、満腹になったこととほろ酔いとが影響して、すぐに寝てしまったのでした。

 朝食は和食と洋食が選べます。オーツたちは和食にしました。これまた全部おいしく平らげました。オーツはご飯をおかわりして3杯食べました。テーブルの一角に保温式のジャーがあって、自分でお茶碗に盛りつけるようになっていました。オーツだけでなく、宿泊客の数人がおかわりをしたため、ご飯がほぼなくなってしまいました。後から来たお客さんはどうするのでしょうか。ま、なければ食べないだけですが、……。
 ツインベッドの快適な部屋で過ごすことができ、駐車場は、チェックインの前のお昼からチェックアウトの日のお昼まで使わせてもらいました。
 料金は、13,176 円+入湯税 150円ということで、オーツは安いほうだと感じました。このホテルは湯畑からちょっと離れたところにあるので、安いのかもしれません。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

草津温泉でぶらり散歩(1日目)

 オーツは、妻と草津温泉でランチを食べた後、
2016.4.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/436798018.html
草津温泉エリアを散歩することにしました。
 まずは、西の河原公園に行きました。
 公園内を川が流れていますが、触るとけっこう温かいのです。いかにも温泉らしいと思いました。周りは硫黄のにおいがします。それから温泉が湧き出ているところなどを見ました。

kusatu1.JPG

 そして、この公園では露天風呂に入れます。
http://sainokawara.com/
入浴料は 600 円でした。
 ここは昨年リニューアルしたようで、大きく開放的な露天風呂でした。洗い場はありません。露天風呂に浸かることを楽しむ形になります。
 男性用の風呂からはそばの坂道を行く人の姿が見えました。ということは、向こうからこちらが見えているということです。
 風呂上がりに妻と坂道を散歩していきながら露天風呂のほうを見ると、確かに裸の男性が見えました。女性のほうはまったく見えないようになっています、当然ですが。
 この公園は散歩に向いています。

 公園を一通り歩いた後で、片岡鶴太郎美術館に入りました。いろいろな絵や陶磁器などが展示してありました。オーツの感覚では、入館料 950 円は若干高いように感じました。

 さらに、湯畑の周りを散歩し、光泉寺に行きました。
 それから、熱乃湯の湯もみと踊りショーを見に行きました。
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/netsunoyu/
16:00 の回にも間に合う時間だったのですが、16:30 からの回だけ男性が湯もみをするというので、この回を見ることにしました。オーツたちは列の先頭から2番目に並びました。先頭1番は84歳のおじいさんでした。もうこのショーを10回くらい見ているとのことです。草津のどこかの旅館で働いていた人だそうで、今は退職して草津で悠々自適の生活を送っているとのことでした。その人が言うには、女性の湯もみより男性の湯もみのほうが迫力があるというのです。そんなものでしょうか。まあ、こういうことは女性の回も男性の回も両方を見なければいえないことではあります。そして、どうせなら2階席よりも1階席で、しかも両脇よりは正面からが一番よく見えるので、正面席の一番前がベストだというわけです。
 先頭から2番目に並んだおかげで、(30分ほど待つことにはなりましたが)1階正面のかぶりつきでショーを見ることができました。

kusatu2.JPG

なるほど、男性の湯もみはお湯をしっかりかき回し、力が入っています。見応えがあります。観光客の「湯もみ体験」もありましたが、こちらはお湯の動きが少なく、初心者は上手ではないということがわかります。
 さらに、上半身裸の男性たちが出てきて、お湯をかき上げながら、ある意味でかぶりながら、激しく湯もみするショーもありました。

kusatu3.JPG

これは迫力がありました。
 男性陣は草津のサッカーチームのメンバーだそうです。確かに体育系でした。
続きを読む
posted by オーツ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

山マタギと海番屋@草津でランチ

 オーツは土日を利用して妻と草津温泉に行ってきました。
 土曜日は朝8時に自宅を出発し、関越道で渋川伊香保ICまで行き、そこから一般道で草津温泉まで行きました。ホテルの駐車場にクルマを止め、ランチに向かったのが「山マタギと海番屋」
http://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10001567/
でした。箸袋には、「居酒屋・山マタギ・海番屋」と「甘味珈琲 だんべえ茶寮」の二つが印刷してありました。食べ終わってから外に出てみると、確かに2軒の飲食店の形式をしており、それが店内で繋がっているのでした。
 オーツたちは小さなテーブルをはさんだイス席で食べましたが、こちらは「甘味珈琲」のほうでした。「居酒屋」のほうは、小上がりの席で長いテーブルが置いてありました。
 メニューはどちらの店でも全部が頼めるようになっていますし、レジは中央に一つしかありません。
 今日は、もうクルマを運転することはないということなので、昼間ではありましたが、ビールを飲むことにしました。オーツが飲み食いしたものは、アサヒ生ビール(中)600 円×2、吾妻川の岩魚 700 円、妻が食べたものは、利根川の鮎 700 円、ごはん 200 円でした。それ以外に、二人でシェアしたものとして、マタギ焼き 600 円、どんこしいたけ 300 円、大根サラダ 400 円がありました。
 マタギ焼きは、ネギと豚肉を焼いたものとネギと鶏肉を焼いたもので2本の串が出てきました。焼き鳥に「ねぎま」がありますが、そういうスタイルでした。ただし、大きな肉だったし、串が太くて食べがいがありました。味もおいしかったです。
 どんこしいたけはしいたけを2個焼いたものでした。しいたけは厚みがあって、とてもおいしかったです。
 大根サラダは、かかっているドレッシングが梅しそ味で、サラダにぴったりでした。
 それらに比べると、川魚の塩焼きはイマイチだったように思います。店先で串に刺した魚を炭で焼いており、ムード満点なのですが、実際皿にのって出てきたときには若干冷めており、焼き立て感があまり感じられませんでした。
 会計してみると、4,100 円に消費税が付いて 4,428 円になりました。昼間から生ビールを飲むのは気持ちがいいものです。ほろ酔い気分で草津の町を散歩することになりました。
posted by オーツ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

福しん@江古田南口で店員が注文品を間違える

 オーツが江古田でタンメンを食べに通っている店が「福しん」です。
2016.3.28 福しん@江古田南口でランチに大盛のタンメンを食べる
http://o-tsu.seesaa.net/article/435765457.html
2015.3.11 福しん@江古田南口で野菜タンメンを食べる
http://o-tsu.seesaa.net/article/415407461.html
 先日も、タンメンを食べに行きました。サービスチケットを出し、「タンメン大盛り」を注文しました。
 店員さんが以前と変わっていて、外国人(中国人?)の男性でした。
 待つことしばし。今回はちょっと時間がかかるようです。お客さんが次々に入ってきます。厨房内も大変なのでしょう、たぶん。
 カウンターの上に、注文票が置いてあります。風で飛ばされないように重しが載せてあります。
 ふと、隣のおじさん(オーツよりも先に入っていました)の注文票を見ると、オーツと同じく「タンメン」と書かれていました。福しんではタンメンファンが多そうです。
 かなり待ったあと、店員さんが「タンメン大盛りおまちどおさま」といいながら隣のおじさんに注文品を出しました。すると、おじさんは「味玉が入っていないよ!」といいました。サービスチケットでは味玉をサービスしてもらうこともできます。このおじさんはたぶんそういう注文をしたのでしょう。
 次に、オーツのところに注文品が運ばれました。「タンメン、味玉付きです。」ということでしたので、オーツは「私は大盛りを頼んだのだけれど」といいました。普通盛りに味玉が付いていたのです。
 店員さんは「まずは普通盛りを食べていてください。あとで大盛り分を持ってきます」といいました。
 考えてみると、店員さんはオーツの注文と隣のおじさんの注文を取り違えたようです。隣のおじさんは「タンメン普通盛り+味玉」、オーツは「タンメン大盛り」だったのに、逆に出してしまったのでした。
 それから少しして、隣のおじさんのところには小さな容器に入った味玉が届けられました。また、オーツには、小さな丼に茹でた麺が入ったものが届きました。これでメデタシ、メデタシになりました。
 考えてみると、注文品を間違えたために、二人が「タンメン大盛り+味玉」を食べた形になります。結果的に、大サービスだったことになります。
 最後に会計するとき、店員さんから「間違えて済みませんでした」といわれました。オーツは「いえいえ、たくさん食べられてありがたかったです」と言おうと思ったのですが、止めておきました。
 ちょっと得をしたので、いい気分で自宅に帰りました。やや食べ過ぎの傾向ではありましたが(笑)。
 あ、体重が気になるなあ。(←そんなことなら大盛りなんか食べなければいいのに!)
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

ふるさと納税額が地方税収を上回る自治体がある

 ふるさと納税が集中する市町村については、先日もこのブログで取り上げました。
2016.4.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/436594053.html
 こんなことを気にしていると、オーツは日経新聞の記事にも目が行きました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB08HCH_T10C16A4MM0000/
(2016.4.13 12:30)
 ふるさと納税の2015年度の寄付総額が年間の地方税収を上回った自治体があるというのです。つまり、ふるさと納税額が自治体の規模に比べてそれだけ大きいというわけです。
 記事では、以下の10の自治体があげられています。

自治体名 2015年度のふるさと納税額 2014年度の地方税収との比較
高知県奈半利町 1354(百万円)    4.93倍
宮崎県綾町   1380        2.44
北海道上士幌町 1537        2.23
北海道北竜町   320        1.91
長野県喬木村   812        1.54
山形県舟形町   717        1.43
北海道えりも町   539        1.32
北海道増毛町   477        1.28
長野県豊丘村   706        1.10
福島県湯川村   374        1.02

「ふるさと納税が集中する市町村」
2016.4.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/436594053.html
の自治体ランキングとはかなり違っています。こちらのランキングは、財政規模が小さい村や町が多いようです。お礼の品としては、地元の海産物や農産物が多いようです。長野県喬木村はパソコンとタブレットが特徴でしょうか。
 オーツは、海産物・農産物にはあまり興味がありません。
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

保育園が迷惑施設?

 オーツは Yahoo! ニュースで知りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000103-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000004-jct-soci
もともとは、毎日新聞、J-CAST ニュースが流したものです。
 千葉県市川市内に予定されていた私立保育園が、近隣住民の反対を受けて開園を断念したというニュースでした。
 いやはや、すごいことになっているのですね。保育園を作ろうとすると、近所の人が反対運動をするのですね。オーツは驚きました。保育園は、住宅地にあるからこそ、自宅から近いところにある形になり、利用者にとって便利なのです。住宅地には大人も子供もいるべきです。子供がうるさいのは当たり前です。誰でもそうやって騒ぎながら大人になってきたのです。当然のこと、自然なことではないでしょうか。
 オーツの自宅の隣に保育園ができたら、……。大いにけっこうな話です。子供たちの騒ぐ声を聞きながら、にぎやかな環境で生活したいものです。別に24時間うるさいわけではないのですから、気にならないと思います。
posted by オーツ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ふるさと納税が集中する市町村

 オーツもふるさと納税をしています。
2015.8.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/424914090.html
 朝日新聞でふるさと納税を取り上げた記事を見かけました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12307236.html
(2016.4.13 5:00)
ふるさと納税で黒字になっている自治体のうち、上位10位で黒字の24%を占めるというものです。24%ならば、過度に集中しているともいえないレベルで、特に問題とは思いません。
 で、記事中にその10の自治体の名前が出ていました。以下の通りです。

 1.長崎県平戸市 14億6238万円 魚介類
 2.佐賀県玄海町 10億6662万円 魚介類
 3.北海道上士幌町 9億5695万円 肉
 4.宮崎県綾町   9億4379万円 肉、マンゴー
 5.山形県天童市  7億7896万円 サクランボ、将棋駒
 6.島根県浜田市  7億2431万円 魚介類
 7.長野県飯山市  6億2495万円 家電
 8.佐賀県小城市  5億1100万円 肉、ようかん
 9.宮崎県都城市  4億9579万円 肉、焼酎
10.鳥取県米子市  4億6511万円 肉、カニ

 こういうランキングはおもしろいものです。ふるさと納税をする人たちの多数派の傾向をうかがい知ることができます。
 魚介類のお礼をする自治体が上位に位置しています。また肉も多いようです。ふるさと納税をする人は、魚介類や肉類のお礼を意識しながら自治体を選んでいるようです。
 平戸市のケースを見てみましょう。
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/42207
こちらでは、「平戸瀬戸物語」が大人気のようです。
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/42207/34805
 なるほど、「・ウチワエビ(3〜4尾)・サザエ(3〜5個)・真ガキ(1s)or岩ガキ(2個)orヒオウギ貝(4枚)」というわけで、平戸市らしいお礼の品です。
 ふるさと納税額の40%〜50%くらいがお礼になっているということで、かなりお得感があります。
 玄海町の場合、
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/41387
10万円以上のふるさと納税でもらえる「Premium GENKAI」や「GENKAI Times」が狙い目のようです。毎月1回お礼の品が送られてくるということで、全体でどれくらいの比率がお礼になっているのか、わかりにくいのですが、何回ももらえるというのはうれしいかもしれません。
 オーツは、食料品をもらうのがめんどうに思えて、特に魅力を感じないのですが、多数派の傾向ではこういうことなんですね。
続きを読む
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

Windows 10 のダウンロードに時間がかかる

 オーツが使っているパソコンの1台が Windows 7 です。
 そろそろ Windows 10 にアップグレードしてもいいかなと思いました。
 で、Windows 10 のダウンロードを始めたのですが、それがものすごく時間がかかります。何時間もです。
 ネットで見てみると、
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-windows_install/windows-10/ef0e7a50-bbf2-4a4c-9e7e-783062bb38b2
丸1日かかる場合もあるということなので、こりゃ大変だと思いました。
 ダウンロードに時間がかかることに加えて、本当は、もっと大変なことがあるのでした。
 このパソコン、数分経つとディスプレイが暗くなり、さらに数分すると電源が切れてしまうのです。たまにシフトキーを押したりすると大丈夫なようです。
 ということで、設定されている電源プランが問題なんだろうと思いました。そこで、電源プランをいじって、電源に接続されているときは、ディスプレイの電源を切らず、コンピュータをスリープ状態にすることもしないようにしました。これで丸1日でも動くはずです。
 相変わらず、Windows 10 のダウンロードが続いています。
 電源設定を変えてみたのですが、やっぱり数分で電源が切れてしまうのです。これにはまいりました。数分ごとにシフトキーを押しながら何時間も動作させ続けるのもばかばかしいですが、ダウンロードが途中で止まってしまっても大丈夫なのか否か、何もメッセージがないのでわかりません。
 電源プランはパソコンを再起動しないと有効にならないとかいうことがあるのでしょうか。パソコンを再起動すると、ダウンロードの途中の段階でしたが、どうなるのでしょうか。途中から継続するのでしょうか、新たにゼロから始めるのでしょうか。オーツにはわかりません。
 白い小さな○がくるくる回る動画が表示されるだけで、何%進んだとかいうことすらわかりません。Microsoft ともあろう会社がずいぶん下手な設計をするものです。こういうことだからオーツは Windows が嫌いなのです。
 いやはや、いやはや、……。

 その後、5日後に、どうなったかを確認してみました。Windows 10 のダウンロードがまだ続いていました。白い小さな○は相変わらず動き続けています。
 さすがに、もうダメだろうと思い、ダウンロードを中断し、パソコンの電源を落としました。
続きを読む
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

3月によく読まれたブログ記事

 オーツのブログ記事でよく読まれるものは何でしょうか。
 必ずしも最新のものがよく読まれるのではありません。検索エンジンなどでやってくる人が多いためでしょうが、なかなか興味深いものがあります。
 2016年3月の1ヶ月のアクセス数を調べ、どの記事にアクセスが多かったかを見てみましょう。
 ベストテンは以下の通りです。

順位 タイトル              アクセス数 訪問者数
1.トップページ                 659  251
 (毎日)http://o-tsu.seesaa.net/
2.スシローのレシートに50円のクーポンが…    583  461
 2014.7.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/402141158.html
3.スンドゥブチゲの食べ方            273  227
 2015.7.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/422753731.html
4.子ども叱るな、いつか来た道。年寄り笑う…    242  195
 2010.2.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/141075999.html
5.車検はネッツトヨタで行いました。        201  163
 2008.4.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/94844100.html
6.ドンキホーテでビールを買う          171  125
 2011.5.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/205745371.html
7.64ビットのOSでは、16ビットのプロ…      156  138
 2010.6.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/152473473.html
8.任意団体が行う源泉徴収           122  94
 2013.11.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/379075620.html
9.全国の IC カードの名称            120  89
 2008.6.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/99900158.html
10.かっぱ寿司にベビーフードがおいてある      118  84
 2015.6.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/419978970.html

 というわけで、けっこう古い記事が読まれたりしているようです。
 検索エンジンでどんな単語を調べてオーツのブログに飛んでくるかをカウントしてみると、同じく2016年3月の場合で、以下のようになります。

131 スシロー
103 アンケート
52 スシローアンケート
42 ブログ
37 クーポン
37 食べ方
33 スンドゥブ
33 銚子丸
30 ランチ
27 江古田
26 プリウスα
21 桜上水
20 車検
20 ヨーグルト
17 下高井戸
16 任意団体
15 リコデキッチン
14 スシロー アンケート
14 インターネット
14 ドンキホーテ

 しかるべき単語で検索して訪問してくることがうかがえます。
 検索エンジンの影響の大きさがうかがわれます。
posted by オーツ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

NHKスペシャル「老人漂流社会」

 オーツは、NHKスペシャルで「老人漂流社会」というのが何回か放送されていることを知りました。
 過去3回ほど放送されたようです。

回数  初回放送日  テーマ
第1回 2013年1月20日 終(つい)の住処(すみか)はどこに
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20130120
第2回 2014年9月28日 "老後破産"の現実
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20140928
第3回 2015年8月30日 親子共倒れを防げ
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150830

 そして、第4回が4月16日に放送される予定です。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160416
テーマは「団塊世代 忍び寄る“老後破産”(仮)」です。
 オーツも、だいぶ年齢を重ねてきているので、自分の将来像として、こんなことにも関心を持つ必要があると感じています。見てみることにしましょう。
 YouTube にも動画がありますが、
https://www.youtube.com/watch?v=niCokOEPrd8
これは第1回分のようです。
posted by オーツ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

京王線の電車の中で行き先を尋ねられる

 ある日、オーツが新宿駅で京王線の特急に乗ったときの話です。
 特急は、とびとびに駅に止まっていくわけですが、オーツが乗った特急が高尾山口行きだったか、京王八王子行きだったかも覚えていません。なぜなら、オーツは1駅区間だけ乗り、特急の最初の停車駅(明大前)で下車するからです。ずっと先にこの特急がどこに止まろうと、オーツには無関係です。
 発車前の特急内でオーツがシートに座っていると、とある若い男性がオーツに尋ねてきました。「この特急は高尾に止まりますか?」
 オーツは答えました。「わかりません。」
 その男性はその車両から降りていったようでした。
 そのときは、特に気にもしなかったのですが、あとで考えると、とても不思議な質問だなあと思いました。
 新宿から出る京王線は、行き先として、高尾山口行きと京王八王子行き、それに橋本行きがあります。終点までいかずに、途中駅止まりになる場合もあります。また、列車の種類が多く、特急、準特急、急行、区間急行、快速、各駅停車の6種類があります。路線の途中には、地下鉄の都営新宿線から合流してくるものもあります。
https://www.keio.co.jp/train/map/
となると、下車駅までどう行ったらいいかが簡単にはわかりません。慣れてくれば、わかりますが、初めての人だと戸惑うことでしょう。いや、慣れてきてもなかなか簡単にはわからないかもしれません。
 一般に、早く下車駅に着くためには、一番先に出発する特急に乗るのがいいということになります。下車駅が特急停車駅ならば、そこまで乗ることになります。そうでなければ、路線図で確認して、下車駅の手前の一番近い特急の停車駅で次に来る列車に乗り換えるのがいいと思います。行き先が全然別である場合でも、途中までは同じ経路で進むのですから、適当な駅までそのまま特急に乗っていくのがよいことになります。
 というわけで、終点に近い高尾あたりまで行くなら、(行き先にかかわらず)この特急に乗ってしまっていいということになります。
 つまり、この特急の行き先などにこだわらず、まずは乗ってしまって、途中でこの特急の行き先を(車内アナウンスなどで)確認すれば十分だということです。橋本行きか京王八王子行きならば、目的地に行きませんので、途中の駅で降りて乗り換えることになります。
 冷静に考えてみると、その若い男性は、オーツに尋ねる必要はなかったのです。
 オーツに尋ねることによって、その男性は京王線に乗り慣れていないことを露呈してしまったわけです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

Office 365 サービスが付いている

 オーツが新しくパソコンを購入したところ、Word や Excel がインストールされておらず、紙が1枚付いてきただけでした。それにシリアル番号が印刷されていたので、それを利用してソフトをインストールして使うことになりました。
 それに合わせて、Office 365 サービスが1年間無料で使えるということでした。
http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/cat/Office/categoryID.66240600
 これは何か、調べてみると、OneDrive でクラウドにファイルを保存できる機能だとのことです。
 そういえば、先日、ある人が「クラウドが便利だ、あなたはなぜ使わないか」というようなことを聞いてきました。その人が言うには、一つのパソコンでファイルを更新すると、ローカルなファイルが更新されるとともに、クラウドのファイルが更新され、他のパソコンでも、ローカルなファイルが更新されているというのです。オーツは、とたんに拒否反応を示しました。その人には通じなかったようですが。
 自分が意図しないうちに自分のパソコンのファイルが書き換わってしまうなんて、そんな危険なことを受け入れる人がいることがおかしいと思います。
 パソコン内のプログラムが自動更新されることは受け入れましょう。OSやらなにやら、最近は自動アップデート機能が付いているのが当たり前になってきたし、それがないとウィルスにやられてしまうので、しかたがないと思います。
 しかし、データファイルは別です。自分が望んだときだけ、更新するのでかまわないと思います。複数のパソコンで同じファイルを使いたいということはありますが、それは、そのときにコピーするなり何なりの手間をかけるべきだと思います。その代わりセキュリティが守られます。
 https://products.office.com/ja-jp/home
を見ると、確かにそんなことが書いてあります。
 好みの問題ではありますが、オーツは、自分が管理するパソコンで(それだけで)仕事やら何やらを進めたいと思います。他人と共有したくありません。会社などによっては、そういうことでは仕事ができないといわれるかもしれませんが、オーツの職場では、自分(の流儀)で勝手にやるという主張が許されるように思います。
 自分が書いた文章が他人によって勝手に書き直されて、それでいいという考え方は、オーツの考えでは無責任きわまりないと思います。
posted by オーツ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

藤や@江古田北口で飲む(5回目)

 オーツは、ここのところ、江古田北口にある「藤や」から足が遠ざかってしまいました。
 前回、このブログで記事を書いたのは4年近く前のことです。
2012.11.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/299842656.html
まあ、記事にせずとも通っていたのは事実なのですが、それにしても久しぶりの訪問になりました。
 今回は、二人で行きました。
 まずは、生ビール 550 円×2を頼みました。突き出し(おからの煮物)が2個出てきました。
 オーツは、生ビールをもう1杯のみ、あとは日本酒に切り替えました。水の王 700 円、越の景虎 550 円でした。各1合ですから、合わせて2合。もう適量です。(ただし、水の王はあまりおいしく感じませんでした。越の景虎はよかったです。)
 連れは、焼酎 450 円をいろいろな飲み方で順次頼んでいました。合計3杯飲みました。
 食べたものでは、たぬき奴 450 円がありました。冷ややっこ1丁を切ったものの上に、天かす、きゅうり、かつお節を載せたもので、しょうゆがかかっており、わさびが添えられていました。これがけっこういけました。オーツはたぬき奴を初めて食べたと思います。最近は自宅で天ぷらをしないので、天かすにも無縁です。連れは、自宅でたぬき奴を作ることがあるといっていましたが、袋入りの天かすだけをスーパーで買ってくるのだそうです。なるほど、それならば気軽に作れそうです。
 ホタルイカ 700 円もおいしかったです。今が旬ですね。醤油+わさびと酢味噌と2種類の食べ方で食べられました。二人で食べてちょうどいいくらいの量でした。
 餃子6個 450 円も頼みました。初めに小皿2個と酢を出されたので、「ん?」と思ったのですが、まもなく餃子が運ばれてきて、餃子が出てくるのだとわかりました。アツアツでおいしくいただきました。
 アサリバター 680 円もよかったです。けっこうな量があり、これまた二人で食べてちょうどいい感じでした。
 最後に、漬け物 500 円を頼みました。何種類もの盛り合わせになっていました。きゅうりが特においしく感じました。
 会計してみると、8,490 円でした。
 上記の合計額を計算すると、突き出し以外で 7,030 円です。メモを取りながら注文したわけではないので、記憶で書いてみました。少しは金額に間違いがあるかもしれません。しかし、それにしてもかなりの差です。
 突き出しを 400 円として、消費税別とすると、7,830×1.08=8,456 円ですから、ま、間違いはなさそうです。
 藤やは、来るたびに思いますが、食べ物がおいしいです。何を頼んでも外れがありません。二人で8千円で十分満足しました。金額的にも適切な範囲です。
タグ:藤や 江古田
posted by オーツ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

子の持ち物、名前どうする?

 オーツは朝日新聞の記事で見かけました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12295126.html
(2016.4.5 5:00)
 今回の中学生誘拐事件で、容疑者の男は、被害者の女子中学生を自宅まで尾行し、そこにあった傘などに書かれた文字で名前を知ったという話です。
 それを受けて、子供の持ち物に名前を書くのは止めようという話が起こっているようです。
 オーツの息子の場合、保育園に通うころからすべての持ち物に名前を書くようにいわれました。子供は名前が識別できなくても、親や保育園の関係者が見て誰の持ち物かすぐわかることが必要だったのでしょう。
 小学校に入っても同様の事情でした。鉛筆の1本1本、消しゴムの1個1個にまで名前を書いたものです。こんな苦労をするくらいなら、いっそ捨てることになってもかまわないくらいだと感じました。
 当時使い始めたパソコンとプリンタを活用して、タックシールに小さなポイントで名前を印刷し、それをはさみで切って貼り付けたりしたのでした。上からセロテープを貼ればはがれにくくなります。
 さて、今回は、外部の人間に対してどうするかという問題です。
 子供の名前を見えないようにするというのは、世間の大人全体を誘拐犯扱いしているようで、オーツは心配しすぎのように思えます。名札を見せないようにしたりしても、誘拐しようと考えている人間ならば他の手段で子供の名前を確認するでしょう。誘拐犯に見られ、誘拐されてしまうことがあるというようなことは、実際に起こったことであり、否定できないけれども、起こる確率はきわめて低いものです。そういうごくまれに起こる事件のことを考えて、普段日常的に名前を示していることによるメリットをつぶしてしまうのはどんなものでしょうか。
 普通の大人でも、子供に話しかけられたときに、「あ、この子はいったい誰なんだろう。自分の子供の友達だろうか」などと思うことがあるものです。そんなとき、ふとバッグに書かれた名前を見て、「あ、○○ちゃんだ。子供の保育園時代の友達だ。大きくなったものだ」などと心の中で思いつつ話をつなげたりするのではないでしょうか。目に見えないけれども、こんなメリットもあると思います。
 マイナス面(被害の大きさ×生起する確率)とプラス面(利便性×生起確率(1.0?))の大小を考えて判断するほうがいいと思います。しかし、世間一般には、生起する確率が低いことは無視して、被害の大きさばかりに目が行ってしまい、したがってマイナス面が大きく見え、名札を見せないようにしようという方向になってしまうものです。
posted by オーツ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

所得格差が余命格差をますます広げる

 オーツは朝日新聞の記事で見かけました。
http://www.asahi.com/articles/ASJ3Q5VJ7J3QULPT003.html
(2016.4.4 17:49)
 「所得格差が余命格差をますます広げる」という題名の記事です。ニューヨークタイムズの記事を翻訳したもののようです。
 豊かな人のほうが貧しい人よりも長生きであることは事実です。そして、所得格差が余命格差をますます広げているという最近の傾向も、数値を見た限りでは「その通り」ということのように思えます。
 金持ちが長生きすることは、ありそうなことです。お金があれば、おいしいものを食べ、ちょっとでも調子が悪くなれば病院に行くことができます。広い自宅で、時間にもゆとりを持って生活できます。ストレスがなく、いかにも長生きしそうです。貧しい人はその反対であり、長生きはしにくいように感じます。
 しかし、気をつけなければいけません。
 豊かになれば長生きする、あるいは、長生きするためには豊かになることが必要だと考えるだけでは不十分です。
 所得の多少と平均余命には相関関係があるからといって、一方が他方の原因・理由であるということにはなりません。「長生きすれば豊かになる」というのは、どうにも説明ができなそうなので、「豊かになれば長生きする」と考えたくなりますが、他の可能性もあるのです。それは、第3の変数があって、それによって、豊かになりまた長生きする傾向があるという説明が可能な場合です。
 たとえば、規則正しい生活をするとか、良識があって不健全・不健康なことには手を出さないとかいう生活態度はどうでしょうか。そういう生活態度の人は、長い人生を自分の思うとおりに過ごすことによって結果的に所得が高くなっているかもしれません。そして、同時に、不健康な要因(タバコとか?)がなく、長生きできているのかもしれません。
 この記事は、そういう可能性を考慮せず、豊かになれば長生きするのだと(単純に)主張しているだけのように思えます。オーツはかなり違和感を覚えました。

 ところで、ずっと貧しい生活を続けてきた人が、あるとき3億円の宝くじに当たったとします。この人は長生きするでしょうか、しないでしょうか。ちょっと考えてみればわかります。長生きしそうにありません。過去の研究を見ても、宝くじの当選者は、得た当選金をあっという間に使い果たしてしまって、また元に戻ってしまうことが多いということが知られています。
 こんなことも考えると、お金があれば長生きするというのは、おかしな話であり、これこれの性格の人は結果的に所得水準が高くなり、かつ長生きすると考えるほうが合理的ではないでしょうか。
posted by オーツ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

日本での中国人の爆買い

 韓国で中国人のツアー客を買物に連れ回す話は以前ブログ記事に書きました。
2016.3.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/435836732.html
 韓国でこうであれば、日本だって同じようなことがあるのではないかと思っていましたが、やはりそうです。
 ダイヤモンドオンラインで、中国人の爆買いがレポートされていました。
http://diamond.jp/articles/-/88784
(2016.3.31 徐 向東[中国市場戦略研究所代表])
 タイトルがすごいです。「パスポートを取り上げられて買い物させられる爆買い格安ツアーの実態」ですからねえ。
 日本語ができず、ツアーバスから離れられないということで、地面に座り込む中国人たち。外国に行って、ツアーガイドにパスポートまで取り上げられてしまったら、何も自由行動はできないでしょう。そうして、ツアーガイドはあちこち外国人客を連れ回し、最後に特定の店を紹介して買物をさせ、キックバックをもらうわけです。韓国でのやり方とまったく同じです。
 どこで作ったかわからないような無名の商品を高く買わせるということを通じて、日本のイメージが悪化していくのは納得できないことです。いい解決策はないものでしょうか。
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

カプリコン1(1977)(2回目)

 この映画については、以前にもブログで書いたので、
2008.8.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/104547774.html
もういいかとも思いましたが、最近、オーツは同じ映画を再度みてしまったので、さらに追加して感想を書きます。
 この映画は、火星に向かう宇宙飛行士たちを、ロケット発射直前に地上のとある場所に連れ出してしまい、宇宙船が火星に往復して、地球に着水した後、宇宙飛行士たちを宇宙船の中に戻すという発想ですが、こんな計画は成り立ちません。
 宇宙で250日過ごす場合と地上で過ごす場合とでは宇宙飛行士の体が違ってくるのです。
 宇宙空間は基本的に無重力です。映画で描かれているのもそんなシーンです。であれば、宇宙飛行士たちは、長期間の宇宙滞在で骨が弱くなり、筋肉が落ち、地球に帰還した直後には、地表の重力の影響で直接には立ち上がれないくらいになります。テレビでは、地球帰還後に周りの人に抱きかかえられて宇宙船から出てくる宇宙飛行士の姿が映し出されることがあります。
 一方、同じ期間を地上で過ごせば、重力があるというだけで、その影響を受け、骨や筋肉は元のままです。
 地球帰還後は、当然にも、宇宙飛行士たちは医学的な身体検査を受けますから、その段階で、宇宙に行かなかったことはバレバレです。
 というわけで、この映画のストーリーは現実には成り立ちません。
 この映画が制作された 1977 年当時、このような人間の肉体的変化が知られていなかったのでしょうか。いや、そんなはずはないと思います。似たような話は昔からいろいろ聞いたことがありました。
 オーツが好きだったこの映画ですが、こんなことを考えると、どうにも気に入らないということになってきました。今後は再度見ることはなさそうです。


posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

花見@隅田公園

 4月2日、オーツは妻に誘われて隅田公園に花見に行きました。
 単に隅田公園に行くよりも、少し散歩も兼ねて歩いて隅田公園内の会場に行くことが企画されていました。
 南千住の駅から歩いて、汐入公園、東白鬚公園を抜けて、隅田川沿いに南下していきました。このあたりは海抜 1.3m くらいで、隅田川もゆったり流れています。水上バスや屋形船なども走っていました。
 曇りの天気でやや寒かったのですが、歩いて行くと体が温まってきました。ただし、ちょっと手が冷たかったです。
 道の脇では、菜の花が固まって咲いているところもありました。黄色い花が桜の色と対比され、いい感じになっていました。
 桜橋あたりから花見の人がたくさん集まっていました。道路には出店も出ており、にぎやかでした。土手の上に桜の木がずうっと連なっており、ちょうど満開でした。

sumida.JPG

 言問橋を過ぎてから隅田公園に入りました。
 2時間くらい歩いたので、その疲れと空腹がアピタイザーになり、ビールや日本酒がおいしく感じられました。
 で、隅田公園の桜がどうだったかというと……覚えていません。一生懸命飲み食いすることに集中してしまいました。
 この時期でしか経験できないことです。花見はいいものです。
posted by オーツ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

風呂洗いの担当が増えた

 オーツの自宅では、妻と二人暮らしです。妻が風呂に入るのは夜寝る前です。オーツは朝起きてから風呂に入ります。だいぶ時間がずれています。
 二人がこういうタイミングで風呂に入ると、風呂を洗うタイミングがむずかしくなります。二人が12時間ずれて風呂に入ると考えるとわかりやすいでしょう。
 その結果、自然と、風呂に入るたびに風呂を洗うのでなく、2〜3回(もしかしてそれ以上?)入ってから湯船を洗うような習慣になってきました。
 以前は、オーツは風呂のお湯の汚れが気になりませんでした。髪の毛が浮いていても、風呂の湯が濁っていても、別にどうということはありませんでした。その結果、妻が言うには、「あなたが風呂に入った後はお湯が汚れている」となります。それでも気にしませんでした。その結果、どうなるかというと、妻が数回ごとに(オーツは何回おきか数えていませんが)風呂を洗うことになります。風呂の残り湯の汚れが気になったら湯船を洗うということです。
 さて、最近は、オーツ自身がお湯の汚れを気にするようになりました。なぜそうなったのかわかりません。湯船に浸かるとき、湯船の排水口に黒いゴムの栓が付いています。お湯が汚くなると、これが黒く見えずに、やや灰色がかって見えます。これが気になるというわけです。
 そうなると、どうなるか。
 オーツは2回くらい入るとお湯の汚れが気になり、風呂から上がるとき栓を抜いてお湯を捨てます。体を拭いて、衣服を着てから風呂洗いをします。つまり、オーツがもっぱら風呂洗いを担当するようになったのです。お湯の汚れが気になるほうが湯船を洗うという原則は以前のままですが、担当者が交替したかのようです。
posted by オーツ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

遠藤誉(2015.11)『毛沢東』(新潮新書)新潮社

 オーツが読んだ本です。「日本軍と共謀した男」という副題が付いています。
 毛沢東とはどういう人物であったかを描きます。主に、満州事変くらいから中華人民共和国の成立あたりが中心です。
 副題にはぎょっとしましたが、本書を一読すると、なるほどその通りだと思います。毛沢東は日本軍の力を最大限に利用したといえそうです。「共謀」とまで言い切っていいのかどうか、若干迷いは残りますが。戦後訪中して、日本の中国への侵略を謝罪する発言をした左翼の人たちに対して、毛沢東が日本軍に感謝したという話は有名ですが、なぜそういう発言がなされたのか、本書を読むとその背景がよくわかります。
 中国が主張する歴史(人民解放軍が日本と戦って日本を追い出し、中華人民共和国ができあがった)がいかに間違っているかが明白になります。
 本書の最後には「毛沢東は何人の中国人民を殺したか」があります。7000万人から1億人くらいだそうです。これは中華人民共和国成立以来の数字であり、それ以前の戦争期を含めないで数えた(推定した)結果です。身の毛もよだつ数字です。
 本書によって、中国の歴史の一端を知ることができます。
 なお、著者は中国吉林省長春市の生まれで、戦後日本に帰国しています。国共内戦の一部は著者の実体験です。その話も本書中に出てきて、こどもの目を通したリアルな実態が描かれます。

参考記事:
http://iiaoki.jugem.jp/?eid=5932


posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする