2016年03月27日

文系人間と理系人間

 オーツが海保博之さんのブログ記事
http://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/a69dd2cbe4424a01001cedddfc5cec3e
を読んでいたら、竹内薫『理系バカと文系バカ』PHP新書 の話が書いてありました。
 その中で、目次にある文系バカの10の事例が紹介され、海保さんのケースで○×が書いてありました。5対5で海保さんは文理融合人間だとしています。
 気になったので、この10個をコピペし、末尾の○×を消し、オーツの場合、当てはまるかどうかを判断して、当てはまるなら○を、当てはまらないなら×を書き入れました。
 その結果は以下の通りです。

@血液診断や占いが気になってしかたがない……×
A取扱説明書は困った時にしか読まない……×
Bたいていのことは「話せばわかる」と信じている……×
Cダイエットのために「カロリーゼロ」のドリンクをガブのみしてしまう……×
Dアミノ酸、カルニチン、タウリンなどのカタカナ表示にすぐとびつく……×
E「社会に出ると因数分解なんて必要ないよね」といったことがある……×
F「インド式算数」を学ぶより電卓を使えばいいと思っている……×
G何でも平均値で物事を判断してしまう……×
H抗菌コートのトイレじゃないと入りたくない……×
I物理学と聞いただけで「難しくて分からない」と思ってしまう……×

 ということは、オーツは理系人間だということのようです。(もう少し竹内さん的にいえば、「文系バカ」ではないということです。)
 出身学部・学科は、純粋文科系のところなのですがねえ。
posted by オーツ at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする